STL_HASHJOIN - Amazon Redshift

STL_HASHJOIN

ハッシュ結合を実行するステップをクエリについて分析します。

このビューはすべてのユーザーに表示されます。スーパーユーザーはすべての行を表示できますが、通常のユーザーは自分のデータのみを表示できます。詳細については、「システムテーブルとビューのデータの可視性」を参照してください。

テーブルの列

列名 データ型 説明
userid integer エントリを生成したユーザーの ID。
query integer クエリ ID。クエリ列は、他の各種システムテーブルおよびビューを結合するために使用できます。
slice integer クエリが実行されていたスライスを識別する番号。
segment integer クエリセグメントを識別する番号。
step integer 実行されたクエリステップ。
starttime timestamp UTC で表されたクエリの開始時間。合計時間にはキューイングと実行が含まれます。秒の小数部は 6 桁の精度で表されます。例: 2009-06-12 11:29:19.131358
endtime timestamp クエリの実行が完了した時刻 (UTC)。合計時間にはキューイングと実行が含まれます。秒の小数部は 6 桁の精度で表されます。例: 2009-06-12 11:29:19.131358
tasknum integer ステップ実行に割り当てられたクエリタスク処理の数。
rows bigint 処理された合計行数。
tbl integer テーブル ID。
num_parts integer ハッシュステップでハッシュテーブルが分割された後のパーティションの総数。
join_type integer ステップの結合タイプ。
  • 0. クエリは内部結合を使用。

  • 1. クエリは左外部結合を使用。

  • 2. クエリは完全外部結合を使用。

  • 3. クエリは右外部結合を使用。

  • 4. クエリは UNION 演算子を使用。

  • 5. クエリは IN 条件を使用。

  • 6. この情報は、内部使用に限定されています。

  • 7. この情報は、内部使用に限定されています。

  • 8. この情報は、内部使用に限定されています。

  • 9. この情報は、内部使用に限定されています。

  • 10. この情報は、内部使用に限定されています。

  • 11. この情報は、内部使用に限定されています。

  • 12. この情報は、内部使用に限定されています。

hash_looped character(1) この情報は、内部使用に限定されています。
switched_parts character(1) ビルド (外部) 側とプローブ (内部) 側が入れ替えられたかどうかを示します。
used_prefetching character(1) この情報は、内部使用に限定されています。
hash_segment integer 対応するハッシュステップのセグメント。
hash_step integer 対応するハッシュステップのステップ番号。
checksum bigint この情報は、内部使用に限定されています。
ディストリビューション integer この情報は、内部使用に限定されています。

サンプルクエリ

次の例では、クエリ 720 のハッシュ結合で使用されたパーティションの数が返されます。

select query, slice, tbl, num_parts from stl_hashjoin where query=720 limit 10;
query | slice | tbl | num_parts -------+-------+-----+----------- 720 | 0 | 243 | 1 720 | 1 | 243 | 1 (2 rows)