STL_SAVE - Amazon Redshift

STL_SAVE

クエリに含まれる保存ステップの詳細を格納します。保存ステップは、入力ストリームを一時テーブルに保存します。一時テーブルは、クエリ実行中の中間結果が格納される一時的なテーブルです。

複数のセグメントから構成された 1 つのクエリ。各セグメントは 1 つ以上のステップから構成されます。詳細については、「クエリ処理」を参照してください。

STL_SAVE はすべてのユーザーに表示されます。スーパーユーザーはすべての行を表示できますが、通常のユーザーは自分のデータのみを表示できます。詳細については、「システムテーブルとビューのデータの可視性」を参照してください。

テーブルの列

列名 データ型 説明
userid integer エントリを生成したユーザーの ID。
query integer クエリ ID。クエリ列は、他の各種システムテーブルおよびビューを結合するために使用できます。
slice integer クエリが実行されていたスライスを識別する番号。
segment integer クエリセグメントを識別する番号。
step integer 実行されたクエリステップ。
starttime timestamp UTC で表されたクエリの開始時間。合計時間にはキューイングと実行が含まれます。秒の小数部は 6 桁の精度で表されます。例: 2009-06-12 11:29:19.131358
endtime timestamp クエリの実行が完了した時刻 (UTC)。合計時間にはキューイングと実行が含まれます。秒の小数部は 6 桁の精度で表されます。例: 2009-06-12 11:29:19.131358
tasknum integer ステップ実行に割り当てられたクエリタスク処理の数。
rows bigint 処理された合計行数。
バイト bigint ステップのすべての出力行のサイズ (バイト単位)。
tbl integer マテリアライズされた一時テーブルの ID。
is_diskbased character(1) クエリのこのステップがディスクベースのオペレーションとして実行されたかどうか: true (t) または false (f)。
workmem bigint ステップに割り当てられた作業メモリのバイト数。

サンプルクエリ

以下のクエリは、各スライスで、最近のクエリのどの保存ステップが実行されたかを表示します。

select query, slice, segment, step, tasknum, rows, tbl from stl_save where query = pg_last_query_id(); query | slice | segment | step | tasknum | rows | tbl -------+-------+---------+------+---------+------+----- 52236 | 3 | 0 | 2 | 21 | 0 | 239 52236 | 2 | 0 | 2 | 20 | 0 | 239 52236 | 2 | 2 | 2 | 20 | 0 | 239 52236 | 3 | 2 | 2 | 21 | 0 | 239 52236 | 1 | 0 | 2 | 21 | 0 | 239 52236 | 0 | 0 | 2 | 20 | 0 | 239 52236 | 0 | 2 | 2 | 20 | 0 | 239 52236 | 1 | 2 | 2 | 21 | 0 | 239 (8 rows)