STL_SESSIONS - Amazon Redshift

STL_SESSIONS

ユーザーセッション履歴に関する情報を返します。

STL_SESSIONS と STV_SESSIONS の違いは、STL_SESSIONS にはセッション履歴が含まれ、STV_SESSIONS には現在のアクティブなセッションが含まれているという点です。

このビューはすべてのユーザーに表示されます。スーパーユーザーはすべての行を表示できますが、通常のユーザーは自分のデータのみを表示できます。詳細については、「システムテーブルとビューのデータの可視性」を参照してください。

テーブルの列

列名 データ型 説明
userid integer エントリを生成したユーザーの ID。
starttime timestamp UTC で表されたセッションの開始時刻。
endtime timestamp UTC で表されたセッションの終了時刻。
process integer セッションのプロセス ID。
user_name character(50) セッションに関連付けられたユーザー名。
db_name character(50) セッションに関連付けられたデータベースの名前。
timeout_sec int タイムアウトするまで、セッションが非アクティブまたはアイドル状態を維持する最大秒数。0 の場合は、タイムアウトが設定されていないことを示します。
timed_out int セッションがタイムアウトしたかどうかを示す値。タイムアウトした場合は 1、それ以外は 0 です。

サンプルクエリ

TICKIT データベースのセッション履歴を表示するには、次のクエリを入力します。

select starttime, process, user_name, timeout_sec, timed_out from stl_sessions where db_name='tickit' order by starttime;

このクエリは、次のサンプル出力を返します。

starttime | process | user_name | timeout_sec | timed_out ---------------------------+---------+------------------------+-------------+------------- 2008-09-15 09:54:06.746705 | 32358 | dwuser | 120 | 1 2008-09-15 09:56:34.30275 | 32744 | dwuser | 60 | 1 2008-09-15 11:20:34.694837 | 14906 | dwuser | 0 | 0 2008-09-15 11:22:16.749818 | 15148 | dwuser | 0 | 0 2008-09-15 14:32:44.66112 | 14031 | dwuser | 0 | 0 2008-09-15 14:56:30.22161 | 18380 | dwuser | 0 | 0 2008-09-15 15:28:32.509354 | 24344 | dwuser | 0 | 0 2008-09-15 16:01:00.557326 | 30153 | dwuser | 120 | 1 2008-09-15 17:28:21.419858 | 12805 | dwuser | 0 | 0 2008-09-15 20:58:37.601937 | 14951 | dwuser | 60 | 1 2008-09-16 11:12:30.960564 | 27437 | dwuser | 60 | 1 2008-09-16 14:11:37.639092 | 23790 | dwuser | 3600 | 1 2008-09-16 15:13:46.02195 | 1355 | dwuser | 120 | 1 2008-09-16 15:22:36.515106 | 2878 | dwuser | 120 | 1 2008-09-16 15:44:39.194579 | 6470 | dwuser | 120 | 1 2008-09-16 16:50:27.02138 | 17254 | dwuser | 120 | 1 2008-09-17 12:05:02.157208 | 8439 | dwuser | 3600 | 0 (17 rows)