STL_WLM_QUERY - Amazon Redshift

英語の翻訳が提供されている場合で、内容が矛盾する場合には、英語版がオリジナルとして取り扱われます。翻訳は機械翻訳により提供されています。

STL_WLM_QUERY

WLM が扱うサービスクラス内で実行が試みられたクエリごとに、レコードが 1 件作成されます。

このビュー はすべてのユーザーに表示されます。スーパーユーザーはすべての行を表示できます。通常のユーザーは自分のデータのみを表示できます。詳細については、「Visibility of data in system tables and views」を参照してください。

Table columns

列名。 データ型 説明:
userid integer エントリを生成したユーザーの ID。
xid integer クエリまたはサブクエリのトランザクション ID。
task integer ワークロードマネージャ全体を通じてクエリを追跡するために使用される ID。複数のクエリ ID と関連付けることができます。クエリを再起動すると、そのクエリには新しいタスク ID ではなく、新しいクエリ ID が割り当てられます。
query integer クエリ ID。クエリを再起動すると、そのクエリには新しいタスク ID ではなく、新しいクエリ ID が割り当てられます。
service_class integer サービスクラスの ID。サービスクラス ID のリストについては、「WLM service class IDs」を参照してください。
slot_count integer WLM クエリスロットの数。
service_class_start_time timestamp クエリがサービスクラスに割り当てられた時刻。
queue_start_time timestamp クエリがサービスクラスのキューに入れられた時刻。
queue_end_time timestamp クエリがサービスクラスのキューから解放された時刻。
total_queue_time bigint クエリがキュー内で消費した時間の合計 (マイクロ秒単位)。
exec_start_time timestamp サービスクラス内でクエリの実行が始まった時刻。
exec_end_time timestamp サービスクラス内でクエリの実行が完了した時刻。
total_exec_time bigint クエリが実行にかかった時間 (マイクロ秒単位)。
service_class_end_time timestamp クエリがサービスクラスから解放された時刻。
final_state character(16) 将来の利用のために予約されています。
est_peak_mem bigint 将来の利用のために予約されています。
query_priority char(20) クエリの優先度です。有効な値は、n/alowestlownormalhigh、および highest です。ここで、n/a は、クエリ優先度がサポートされていないことを意味します。

Sample queries

View average query Time in queues and executing

次のクエリでは、4 を超えるサービスクラスの現在の設定を表示します。サービスクラス ID のリストについては、「WLM service class IDs」を参照してください。

次のクエリは、各クエリがクエリキュー内に置かれていた時間および実行にかかった時間の平均を、サービスクラス別にマイクロ秒単位で返します。

select service_class as svc_class, count(*), avg(datediff(microseconds, queue_start_time, queue_end_time)) as avg_queue_time, avg(datediff(microseconds, exec_start_time, exec_end_time )) as avg_exec_time from stl_wlm_query where service_class > 4 group by service_class order by service_class;

このクエリは次のサンプル出力を返します。

svc_class | count | avg_queue_time | avg_exec_time -----------+-------+----------------+--------------- 5 | 20103 | 0 | 80415 5 | 3421 | 34015 | 234015 6 | 42 | 0 | 944266 7 | 196 | 6439 | 1364399 (4 rows)

View maximum query time in queues and executing

次のクエリは、クエリがいずれかのクエリキュー内に置かれていた時間と実行にかかった時間の最大値を、サービスクラスごとにマイクロ秒単位で返します。

select service_class as svc_class, count(*), max(datediff(microseconds, queue_start_time, queue_end_time)) as max_queue_time, max(datediff(microseconds, exec_start_time, exec_end_time )) as max_exec_time from stl_wlm_query where svc_class > 5 group by service_class order by service_class;
svc_class | count | max_queue_time | max_exec_time -----------+-------+----------------+--------------- 6 | 42 | 0 | 3775896 7 | 197 | 37947 | 16379473 (4 rows)