STV_NODE_STORAGE_CAPACITY - Amazon Redshift

STV_NODE_STORAGE_CAPACITY

STV_NODE_STORAGE_CAPACITY テーブルには、クラスター内の各ノードについて、ストレージ容量の合計と使用容量の合計の詳細が表示されます。これには、各ノードの行が含まれます。

STV_NODE_STORAGE_CAPACITY は、スーパーユーザーのみに表示されます。詳細については、「システムテーブルとビューのデータの可視性」を参照してください。

テーブルの列

列名 データ型 説明
node integer ノード番号。
used integer ノード上で現在使用されている 1 MB ディスクブロックの数。RA3 ノードタイプの場合、使用されるブロックには、ローカルにキャッシュされたブロックと Amazon S3 で永続化されたブロックの両方が含まれます。
capacity integer ノード用のプロビジョンド合計ストレージ容量 (1 MB ブロック)。容量には、内部使用のために DS2 または DC2 ノードタイプ上の Amazon Redshift によって予約されている領域が含まれます。容量は、ユーザーデータに使用できるノードスペースの量である公称ノード容量よりも大きくなります。RA3 ノードタイプの場合、この容量はクラスターのマネージドストレージクォータの合計と同じです。ノードタイプ別の容量の詳細については、「Amazon Redshift 管理ガイド」の「ノードタイプの詳細」を参照してください。

サンプルクエリ

注記

以下の例の結果は、クラスターのノード仕様によって異なります。列 capacity を SQL SELECT に追加して、クラスターの容量を確保します。

次のクエリでは、使用済み領域と合計容量を 1 MB のディスクブロックで返します。この例は、2 ノードの dc2.8xlarge クラスターで実行されました。

select node, used from stv_node_storage_capacity order by node;

このクエリは次のサンプル出力を返します。

node | used ------+------- 0 | 30597 1 | 27089

次のクエリでは、使用済み領域と合計容量を 1 MB のディスクブロックで返します。この例は、2 ノードの ra3.16xlarge クラスターで実行されました。

select node, used from stv_node_storage_capacity order by node;

このクエリは次のサンプル出力を返します。

node | used ------+------- 0 | 30591 1 | 27103