Amazon Redshift
データベース開発者ガイド

STV_WLM_QMR_CONFIG

WLM クエリモニタリングルール (QMR) の構成を記録します。詳細については、「WLM クエリモニタリングルール」を参照してください。

STV_WLM_QMR_CONFIG はスーパーユーザーのみに表示されます。詳細については、「システムテーブルとビューのデータの可視性」を参照してください。

テーブルの列

列名 データ型 Description
service_class integer WLM クエリキュー (サービスクラス) の ID。クエリキューは WLM 設定で定義されます。ルールはユーザー定義のキューに対してのみ定義できます。サービスクラスの ID のリストについては、「WLM サービスクラス ID」を参照してください。
rule_name character(256) クエリモニタリングのルールの名前。
action character(256) ルールアクション。指定できる値は、log、hop、abort です。
metric_name character(256) メトリクスの名前。
metric_operator character(256) メトリクス演算子。想定される値は >、=、< です。
metric_value double アクションをトリガーする指定されたメトリクスのしきい値。

サンプルクエリ

5 より大きいすべてのサービスクラスについて QMR ルール定義 (ユーザー定義のキューを含む) を表示するには、次のクエリを実行します。サービスクラスの ID のリストについては、「WLM サービスクラス ID」を参照してください。

Select * from stv_wlm_qmr_config where service_class > 5 order by service_class;

このページの内容: