STV_WLM_QUERY_STATE - Amazon Redshift

STV_WLM_QUERY_STATE

WLM に追跡されているクエリの現在の状態を記録します。

STV_WLM_QUERY_STATE はすべてのユーザーに表示されます。スーパーユーザーはすべての行を表示できますが、通常のユーザーは自分のデータのみを表示できます。詳細については、「システムテーブルとビューのデータの可視性」を参照してください。

テーブルの列

列名 データ型 説明
xid integer クエリまたはサブクエリのトランザクション ID。
task integer ワークロードマネージャ全体を通じてクエリを追跡するために使用される ID。複数のクエリ ID と関連付けることができます。クエリを再起動すると、そのクエリには新しいタスク ID ではなく、新しいクエリ ID が割り当てられます。
query integer クエリ ID。クエリを再起動すると、そのクエリには新しいタスク ID ではなく、新しいクエリ ID が割り当てられます。
service_class integer サービスクラスの ID。サービスクラス ID のリストについては、「WLM サービスクラス ID」を参照してください。
slot_count integer WLM クエリスロットの数。
wlm_start_time timestamp クエリがシステムテーブルキューまたはショートクエリキューに入った時刻。
state character(16) クエリまたはサブクエリの現在の状態。

可能な値には以下のものがあります。

  • Classified – クエリがサービスクラスに割り当てられています。

  • Completed – クエリが実行を終了しました。クエリは、正常に実行されたか、キャンセルされたかのいずれかです。最終状態については、STL_QUERY の結果をチェックしてください。

  • Dequeued – 内部使用限定。

  • Evicted – 再起動のためにサービスクラスからクエリが削除されました。

  • Evicting – 再起動のためにサービスクラスからクエリが削除されています。

  • Initialized – 内部使用限定。

  • Invalid – 内部使用限定。

  • Queued – 実行するスロットがないため、クエリがクエリキューに送信されました。

  • QueuedWaiting – クエリがクエリキューで待機しています。

  • Rejected – 内部使用限定。

  • Returning – クエリが結果をクライアントに返しています。

  • Running – クエリが実行中です。

  • TaskAssigned – 内部使用限定。

queue_time bigint クエリがキューに入ってからの時間 (マイクロ秒)。
exec_time bigint クエリが実行されている時間 (マイクロ秒)。
query_priority char(20) クエリの優先度です。有効な値は、n/alowestlownormalhigh、および highest です。ここで、n/a は、クエリ優先度がサポートされていないことを意味します。

サンプルクエリ

次のクエリでは、4 より大きいサービスクラスで現在実行中のすべてのクエリを表示します。サービスクラス ID のリストについては、「WLM サービスクラス ID」を参照してください。

select xid, query, trim(state) as state, queue_time, exec_time from stv_wlm_query_state where service_class > 4;

このクエリは、次のサンプル出力を返します。

xid | query | state | queue_time | exec_time -------+-------+---------+------------+----------- 100813 | 25942 | Running | 0 | 1369029 100074 | 25775 | Running | 0 | 2221589242