SUBSTRING 関数 - Amazon Redshift

SUBSTRING 関数

文字列内で、指定された開始位置からの文字列のサブセットを返します。

入力が文字列の場合、抽出される文字の開始位置および文字数はバイト数ではなく文字数に基づきます。つまり、マルチバイト文字は 1 文字としてカウントされます。入力がバイナリ式の場合、開始位置と抽出される部分文字列はバイト数に基づきます。負の長さを指定することはできませんが、開始位置を負に指定することは可能です。

構文

SUBSTRING(character_string FROM start_position [ FOR number_characters ] )
SUBSTRING(character_string, start_position, number_characters )
SUBSTRING(binary_expression, start_byte, number_bytes )
SUBSTRING(binary_expression, start_byte )

引数

character_string

検索する文字列。文字データ型以外のデータ型は、文字列のように扱われます。

start_position

文字列内で抽出を開始する位置 (1 から始まる)。start_position はバイト数ではなく文字数に基づくため、マルチバイト文字は 1 文字としてカウントされます。負の数を指定することもできます。

number_characters

抽出する文字の数 (サブ文字列の長さ)。number_characters はバイト数ではなく文字数に基づくため、マルチバイト文字は 1 文字としてカウントされます。負の数を指定することはできません。

binary_expression

検索する VARBYTE データ型の binary_expression。

start_byte

バイナリ表現内の抽出を開始する (先頭を 1 とする) 位置。負の数を指定することもできます。

number_bytes

抽出するバイト数 (サブ文字列の長さ)。負の数を指定することはできません。

戻り型

入力に応じて、VARCHAR 型または VARBYTE 型を取ります。

文字列の使用に関する注意事項

次の例では、6 番目の文字で始まる 4 文字の文字列を返します。

select substring('caterpillar',6,4); substring ----------- pill (1 row)

start_positionnumber_characters文字列の長さを超える場合、SUBSTRING は、start_position から文字列末尾までのサブ文字列を返します。次に例を示します。

select substring('caterpillar',6,8); substring ----------- pillar (1 row)

start_position が負の数または 0 である場合、SUBSTRING 関数は、文字列の先頭文字から start_position + number_characters -1 文字までをサブ文字列として返します。次に例を示します。

select substring('caterpillar',-2,6); substring ----------- cat (1 row)

start_position + number_characters -1 が 0 以下である場合、SUBSTRING は空の文字列を返します。次に例を示します。

select substring('caterpillar',-5,4); substring ----------- (1 row)

次の例は、LISTING テーブル内の LISTTIME 文字列から月を返します。

select listid, listtime, substring(listtime, 6, 2) as month from listing order by 1, 2, 3 limit 10; listid | listtime | month --------+---------------------+------- 1 | 2008-01-24 06:43:29 | 01 2 | 2008-03-05 12:25:29 | 03 3 | 2008-11-01 07:35:33 | 11 4 | 2008-05-24 01:18:37 | 05 5 | 2008-05-17 02:29:11 | 05 6 | 2008-08-15 02:08:13 | 08 7 | 2008-11-15 09:38:15 | 11 8 | 2008-11-09 05:07:30 | 11 9 | 2008-09-09 08:03:36 | 09 10 | 2008-06-17 09:44:54 | 06 (10 rows)

次の例は上記と同じですが、FROM...FOR オプションを使用します。

select listid, listtime, substring(listtime from 6 for 2) as month from listing order by 1, 2, 3 limit 10; listid | listtime | month --------+---------------------+------- 1 | 2008-01-24 06:43:29 | 01 2 | 2008-03-05 12:25:29 | 03 3 | 2008-11-01 07:35:33 | 11 4 | 2008-05-24 01:18:37 | 05 5 | 2008-05-17 02:29:11 | 05 6 | 2008-08-15 02:08:13 | 08 7 | 2008-11-15 09:38:15 | 11 8 | 2008-11-09 05:07:30 | 11 9 | 2008-09-09 08:03:36 | 09 10 | 2008-06-17 09:44:54 | 06 (10 rows)

文字列にマルチバイト文字が含まれる可能性がある場合、SUBSTRING を使用して文字列の先頭部分を期待どおりに抽出することはできません。これは、マルチバイト文字列の長さを、文字数ではなくバイト数に基づいて指定する必要があるためです。バイト数での長さに基づいて文字列の最初のセグメントを取得するためには、文字列を VARCHAR(byte_length) として CAST することで文字列を切り捨てます。このとき、byte_length は必要な長さとなります。次の例では、文字列 'Fourscore and seven' から最初の 5 バイトを抽出します。

select cast('Fourscore and seven' as varchar(5)); varchar ------- Fours

次に、バイナリ値 abc の開始位置が負の場合の例を示します。開始位置が -3 であるため、サブ文字列はバイナリ値の先頭から抽出されます。結果は、バイナリ部分文字列の 16 進数表現として自動的に表示されます。

select substring('abc'::varbyte, -3); substring ----------- 616263

次に、バイナリ値 abc の開始位置が 1 の場合の例を示します。長さが指定されていないため、文字列の抽出は文字列の開始位置から末尾までを対象に行われます。結果は、バイナリ部分文字列の 16 進数表現として自動的に表示されます。

select substring('abc'::varbyte, 1); substring ----------- 616263

次に、バイナリ値 abc の開始位置が 3 の場合の例を示します。長さが指定されていないため、文字列の抽出は文字列の開始位置から末尾までを対象に行われます。結果は、バイナリ部分文字列の 16 進数表現として自動的に表示されます。

select substring('abc'::varbyte, 3); substring ----------- 63

次に、バイナリ値 abc に対して開始位置が 2 の場合の例を示します。文字列は開始位置から位置 10 まで抽出されますが、文字列の末尾は位置 3 になります。結果は、バイナリ部分文字列の 16 進数表現として自動的に表示されます。

select substring('abc'::varbyte, 2, 10); substring ----------- 6263

次に、バイナリ値 abc に対して開始位置が 2 の場合の例を示します。文字列はの開始位置から 1 バイト分抽出されます。結果は、バイナリ部分文字列の 16 進数表現として自動的に表示されます。

select substring('abc'::varbyte, 2, 1); substring ----------- 62