SVL_MV_REFRESH_STATUS - Amazon Redshift

SVL_MV_REFRESH_STATUS

SVL_MV_REFRESH_STATUS ビューには、マテリアライズドビューの更新作業用の行が含まれています。

マテリアライズドビューの詳細については、「Amazon Redshift でのマテリアライズドビューの作成」を参照してください。

SVL_MV_REFRESH_STATUS はすべてのユーザーに表示されます。スーパーユーザーはすべての行を表示できますが、通常のユーザーは自分のデータのみを表示できます。詳細については、「システムテーブルとビューのデータの可視性」を参照してください。

テーブルの列

列名 データ型 説明
db_name char(128) マテリアライズドビューを含むデータベース。
userid bigint 更新を実行したユーザーの ID。
schema_name char(128) マテリアライズドビューのスキーマ。
mv_name char(128) マテリアライズドビューの名前。
xid bigint 更新トランザクションの ID。
starttime timestamp 更新の開始時間。
endtime timestamp 更新の終了時間。
status text 更新のステータス。値の例は次のとおりです。
  • 正常に更新された MV を段階的に更新する

  • 正常に計算された MV を段階的に更新する

  • 有効なトランザクションまで、一部更新された MV を段階的に更新する

  • MV はすでに更新されています

  • 更新に失敗しました。ベーステーブルの列の名前が変更されました

  • 更新に失敗しました。ベーステーブルの列のタイプが変更されました

  • 更新に失敗しました。ベーステーブル名が変更されました

  • 内部エラーのため、更新できませんでした。

  • 更新に失敗しました。ベーステーブルの列が削除されました

  • 更新に失敗しました。MV のスキーマ名が変更されました

  • 更新に失敗しました。MV が見つかりませんでした

  • ユーザーの負荷が過大なため、自動更新が中止されました

  • 更新に失敗しました。直列化可能分離違反

refresh_type char(32) 更新タイプの定義。値の例には、[Manual] (手動) および [Auto] (自動) が含まれます。

サンプルクエリ

マテリアライズドビューの更新ステータスを表示するには、次のクエリを実行します。

select * from svl_mv_refresh_status;

このクエリは、次のサンプル出力を返します。

db_name | userid | schema | name | xid | starttime | endtime | status ---------+--------+-----------+---------+-------+----------------------------+----------------------------+------------------------------------------------------ dev | 169 | mv_schema | mv_test | 6640 | 2020-02-14 02:26:53.497935 | 2020-02-14 02:26:53.556156 | Refresh successfully recomputed MV from scratch dev | 166 | mv_schema | mv_test | 6517 | 2020-02-14 02:26:39.287438 | 2020-02-14 02:26:39.349539 | Refresh successfully updated MV incrementally dev | 162 | mv_schema | mv_test | 6388 | 2020-02-14 02:26:27.863426 | 2020-02-14 02:26:27.918307 | Refresh successfully recomputed MV from scratch dev | 161 | mv_schema | mv_test | 6323 | 2020-02-14 02:26:20.020717 | 2020-02-14 02:26:20.080002 | Refresh successfully updated MV incrementally dev | 161 | mv_schema | mv_test | 6301 | 2020-02-14 02:26:05.796146 | 2020-02-14 02:26:07.853986 | Refresh successfully recomputed MV from scratch dev | 153 | mv_schema | mv_test | 6024 | 2020-02-14 02:25:18.762335 | 2020-02-14 02:25:20.043462 | MV was already updated dev | 143 | mv_schema | mv_test | 5557 | 2020-02-14 02:24:23.100601 | 2020-02-14 02:24:23.100633 | MV was already updated dev | 141 | mv_schema | mv_test | 5447 | 2020-02-14 02:23:54.102837 | 2020-02-14 02:24:00.310166 | Refresh successfully updated MV incrementally dev | 1 | mv_schema | mv_test | 5329 | 2020-02-14 02:22:26.328481 | 2020-02-14 02:22:28.369217 | Refresh successfully recomputed MV from scratch dev | 138 | mv_schema | mv_test | 5290 | 2020-02-14 02:21:56.885093 | 2020-02-14 02:21:56.885098 | Refresh failed. MV was not found