間隔リテラル - Amazon Redshift

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

間隔リテラル

以下は、 でサポートされている間隔リテラルを使用する際のルールAmazon Redshiftです。

または など、特定の期間を識別するには、間隔リテラル12 hoursを使用します。6 weeks これらの間隔リテラルは、日時式を必要とする条件および計算の中で使用できます。

注記

Amazon Redshiftテーブル内の列に INTERVAL データ型を使用することはできません。

間隔は、INTERVAL キーワードに数量およびサポートされている日付部分を組み合わせて表現INTERVAL '7 days'します (例: INTERVAL '59 minutes'または )。 複数の数量および単位を接続して、より正確な間隔を作成できます。次に例を示します。INTERVAL '7 days, 3 hours, 59 minutes'。 各単位の省略形および複数形もサポートされています。次に例を示します。5 s5 second 、および 5 secondsは、同様の間隔です。

日付部分を指定しない場合、間隔値は秒数を示します。数量値は小数として指定できます (例えば、0.5 days)。

Examples

次の例に、さまざまな間隔値を使用した一連の計算を示します。

以下は指定した日付に 1 秒を追加します。

select caldate + interval '1 second' as dateplus from date where caldate='12-31-2008'; dateplus --------------------- 2008-12-31 00:00:01 (1 row)

以下は指定した日付に 1 分を追加します。

select caldate + interval '1 minute' as dateplus from date where caldate='12-31-2008'; dateplus --------------------- 2008-12-31 00:01:00 (1 row)

以下は指定した日付に 3 時間と 35 分を追加します。

select caldate + interval '3 hours, 35 minutes' as dateplus from date where caldate='12-31-2008'; dateplus --------------------- 2008-12-31 03:35:00 (1 row)

以下は、指定した日付に 52 週間を追加します。

select caldate + interval '52 weeks' as dateplus from date where caldate='12-31-2008'; dateplus --------------------- 2009-12-30 00:00:00 (1 row)

以下は、指定の日付に 1 週、1 時間、1 分、1 秒を追加します。

select caldate + interval '1w, 1h, 1m, 1s' as dateplus from date where caldate='12-31-2008'; dateplus --------------------- 2009-01-07 01:01:01 (1 row)

以下は、指定した日付に 12 時間 (半日) を追加します。

select caldate + interval '0.5 days' as dateplus from date where caldate='12-31-2008'; dateplus --------------------- 2008-12-31 12:00:00 (1 row)