データ処理オプションの設定 - Amazon Redshift

データ処理オプションの設定

外部テーブルの作成時にテーブルパラメータを設定して、外部テーブルでクエリされるデータを調整することができます。設定しなければ、ORC スキャナーエラーが発生する可能性があります。詳細については、「CREATE EXTERNAL TABLE」で「TABLE PROPERTIES」を参照してください。例については、「データ処理の例」を参照してください。エラーのリストについては、「SVL_SPECTRUM_SCAN_ERROR」を参照してください。

外部テーブルの作成時に以下の TABLE PROPERTIES を設定して、外部テーブルでクエリされるデータの入力処理を指定できます。

  • surplus_char_handling は、VARCHAR、CHAR、および文字列データが含まれる列内での余剰文字の入力処理を指定します。

  • invalid_char_handling は、VARCHAR、CHAR、および文字列データが含まれる列内での無効な文字の入力処理を指定します。invalid_char_handling に REPLACE を指定するときは、使用する置換文字を指定できます。

  • numeric_overflow_handling は、整数と小数のデータが含まれる列内でのキャストオーバーフロー処理を指定します。

最大エラー数を超えるクエリをキャンセルする設定オプションを設定できます。詳細については、「spectrum_query_maxerror」を参照してください。