データベースユーザー認証情報を作成するための JDBC および ODBC のオプション - Amazon Redshift

データベースユーザー認証情報を作成するための JDBC および ODBC のオプション

Amazon Redshift JDBC または ODBC ドライバを使用してデータベースユーザー認証情報を作成するには、JDBC または ODBC オプションとしてデータベースユーザー名を指定します。オプションで、存在しない場合は新しいデータベースユーザーをドライバで作成し、ユーザーがログイン時に参加するデータベースユーザーグループのリストを指定できます。

ID プロバイダ (IdP) を使用する場合は、IdP 管理者と連携して、これらのオプションに合った正しい値を確認します。IdP 管理者は、JDBC または ODBC のオプションとして提供する必要がない場合、それらのオプションを提供するように IdP を設定できます。詳細については、IdP の SAML アサーションを設定する を参照してください。

注記

${redshift:DbUser}で説明されているように、IAM ポリシー変数 GetClusterCredentials のリソースポリシー を使用する場合、DbUser の値は API オペレーションのリクエストコンテキストから取得した値で置き換えられます。Amazon Redshift ドライバは、SAML 属性として提供される値ではなく、接続 URL から提供される DbUser 変数の値を使用します。

この接続の安全性を維持するには、IAM ポリシーの条件を使用して、 DbUser 値を RoleSessionNameで検証することが推奨されます。IAM ポリシーを使用して条件を設定する方法の例は、 GetClusterCredentials を使用するポリシーの例で参照できます。

次の表は、データベースユーザー認証情報を作成するためのオプションを示しています。

オプション

説明
DbUser

データベースユーザーの名前。DbUser というユーザーがデータベースに存在する場合、一時的ユーザー認証情報のアクセス許可は、既存のユーザーと同じになります。DbUser がデータベースに存在せず、AutoCreate が true の場合、DbUser という名前の新しいユーザーが作成されます。必要に応じて、既存ユーザーのパスワードを無効にします。詳細については、 ALTER_USERを参照してください。

AutoCreate

DbUser に指定した名前でデータベースユーザーを作成するには (存在しない場合)、 true を指定します。デフォルト: false。

DbGroups データベースユーザーが現在のセッションで参加する 1 つまたは複数の既存データベースグループの名前のカンマ区切りリスト。デフォルトでは、新しいユーザーは PUBLIC のみに追加されます。