Amazon Redshift
クラスター管理ガイド (API バージョン 2012-12-01)

コンソールを使用したスナップショットの管理

Amazon Redshift は、データの自動的な増分スナップショットを定期的に取得し、Amazon S3 に保存します。さらに、いつでも好きなときにデータの手動スナップショットを取得することもできます。このセクションでは、Amazon Redshift コンソールからスナップショットを管理する方法について説明します。スナップショットの詳細については、Amazon Redshift スナップショット を参照してください。

Amazon Redshift コンソールでのスナップショットタスクはすべてスナップショットリストから開始します。時間範囲、スナップショットのタイプ、およびスナップショットに関連付けられたクラスターを使用して、リストをフィルタリングすることができます。さらに、日付、サイズ、スナップショットのタイプでリストを並べ替えることができます。既存のスナップショットを選択すると、以下の例に示すように、スナップショットの詳細がリスト内にインライン形式で表示されます。スナップショットを操作する場合に使用できるオプションは、選択するスナップショットのタイプに応じて異なります。

手動スナップショットの作成

クラスターの手動スナップショットは、以下に示すスナップショットリストから作成できます。あるいは、クラスター設定ペインでクラスターのスナップショットを取得することもできます。詳細については、「クラスターのスナップショットの作成」を参照してください。

手動スナップショットを作成する方法

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon Redshift コンソール(https://console.aws.amazon.com/redshift/)を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Snapshots] を選択します。

  3. [スナップショットの作成] を選択します。

  4. [スナップショットの作成] ダイアログボックスで、次の操作を行います。

    1. [クラスター識別子] ボックスで、スナップショットを作成するクラスターを選択します。

    2. [スナップショット識別子] ボックスに、スナップショットの名前を入力します。

    3. [Snapshot retention period (スナップショット保持期間)] で、スナップショットを保持する日数を入力します。スナップショットを無期限に保持するには、-1 を入力します。

  5. [Create] を選択します。

    スナップショットの作成が完了するまで時間がかかる場合があります。新しいスナップショットとその現在の状態がスナップショットのリストに表示されます。以下の例は、snapshot-example が作成過程にあることを示しています。

手動スナップショット保持期間の変更

スナップショット設定を変更して、手動スナップショット保持期間を変更できます。

手動スナップショット保持期間を変更するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon Redshift コンソール(https://console.aws.amazon.com/redshift/)を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Snapshots] を選択します。

  3. コピーするスナップショットを見つけるためにリストをフィルタリングするには、以下に示す操作のいずれか、またはすべてを実行します。

    • [時間範囲] ボックスで、検索範囲を絞るための時間範囲を選択します。

    • [タイプ] ボックスの [手動] を選択します。

    • [クラスター] ボックスで、単一のクラスターのスナップショットを一覧表示するにはクラスター名を選択し、すべてのクラスターのスナップショットを一覧表示するには [すべてのクラスター] を選択します。

    • [並べ替え] フィールドで、リストの並べ方を選択します。

  4. スナップショットリストで、変更するスナップショットを選択します。

  5. [Manual Snapshot Settings (手動スナップショット設定)] を選択します。

  6. [Snapshot retention period (スナップショット保持期間)] で、スナップショットを保持する日数を入力します。スナップショットを無期限に保持するには、-1 を入力します。

  7. [Save] を選択します。

手動スナップショットの削除

スナップショットリストで 1 つ以上のスナップショットを選択して手動スナップショットを削除できます。

手動スナップショットを削除する方法

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon Redshift コンソール(https://console.aws.amazon.com/redshift/)を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Snapshots] を選択します。

  3. リストをフィルタリングするには、以下のいずれかまたはすべてを実行します。

    • [時間範囲] ボックスで、検索範囲を絞るための時間範囲を選択します。

    • [タイプ] ボックスの [手動] を選択します。

    • [クラスター] ボックスで、単一のクラスターのスナップショットを一覧表示するにはクラスター名を選択し、すべてのクラスターのスナップショットを一覧表示するには [すべてのクラスター] を選択します。

    • [並べ替え] フィールドで、リストの並べ方を選択します。

  4. スナップショットリストで、削除するスナップショットが含まれている行を選択します。

  5. [手動スナップショットの削除] を選択します。

  6. [手動スナップショットの削除] ダイアログボックスの [削除] を選択します。

自動スナップショットのコピー

自動スナップショットを無効にした場合、またはクラスターを削除した場合、自動スナップショットはその保持期間が過ぎると自動的に削除されます。自動スナップショットをもっと長い期間保持したい場合は、それを手動スナップショットにコピーします。

自動スナップショットをコピーする方法

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon Redshift コンソール(https://console.aws.amazon.com/redshift/)を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Snapshots] を選択します。

  3. リストをフィルタリングするには、以下のいずれかまたはすべてを実行します。

    • [時間範囲] ボックスで、検索範囲を絞るための時間範囲を選択します。

    • [タイプ] ボックスの [自動] を選択します。

    • [クラスター] ボックスで、単一のクラスターのスナップショットを一覧表示するにはクラスター名を選択し、すべてのクラスターのスナップショットを一覧表示するには [すべてのクラスター] を選択します。

    • [並べ替え] フィールドで、リストの並べ方を選択します。

  4. スナップショットリストで、コピーするスナップショットを選択します。

  5. [自動スナップショットのコピー] を選択します。

  6. [自動スナップショットのコピー] ダイアログボックスの [スナップショット識別子] ボックスにスナップショットのコピーの名前を入力します。

  7. [Snapshot retention period (スナップショット保持期間)] で、スナップショットを保持する日数を入力します。スナップショットを無期限に保持するには、-1 を入力します。

  8. [Continue] を選択します。

スナップショットからのクラスターの復元

クラスターをスナップショットから復元する場合は、Amazon Redshift によって新しいクラスターが作成され、その新しいクラスターにスナップショットのすべてのデータが含められます。

注記

以下の手順を使用して、クラスタープラットフォームを EC2-Classic から EC2-VPC に変更できます。逆についても同様です。

スナップショットからクラスターを復元する方法

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon Redshift コンソール(https://console.aws.amazon.com/redshift/)を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Snapshots] を選択します。

  3. リストをフィルタリングするには、以下のいずれかまたはすべてを実行します。

    • [時間範囲] ボックスで、検索範囲を絞るための時間範囲を選択します。

    • [タイプ] ボックスの [手動] または [自動] を選択します。

    • [クラスター] ボックスで、単一のクラスターのスナップショットを一覧表示するにはクラスター名を選択し、すべてのクラスターのスナップショットを一覧表示するには [すべてのクラスター] を選択します。

    • [並べ替え] フィールドで、リストの並べ方を選択します。

  4. スナップショットリストで、使用するスナップショットが含まれている行を選択します。

  5. スナップショットリストで、使用するスナップショットが含まれている行を選択します。

  6. [スナップショットからの復元] を選択します。

  7. [Restore Cluster from Snapshot (スナップショットからのクラスターの復元)] ダイアログボックスで、以下の操作を行います。

    1. [クラスター識別子] ボックスに、復元するクラスターのクラスター識別子を入力します。

      クラスター識別子は、次の条件を満たしている必要があります。

      • 1~255 文字の英数字またはハイフンを使用する必要があります。

      • 英字は小文字を使用する必要があります。

      • 1 字目は文字である必要があります。

      • ハイフンを、文字列の最後に使用したり、2 つ続けて使用したりすることはできません。

      • AWS アカウントのすべてのクラスター間で一意である必要があります。

    2. [ポート] ボックスでは、スナップショットからのポートをそのまま使用するか、またはその値を適宜変更します。

    3. 必要に応じて [バージョンアップグレードの許可] を選択します。

    4. [クラスターサブネットグループ] で、クラスターを復元するサブネットグループを選択します。

      このオプションは、クラスターを EC2-VPC プラットフォームに復元する場合にのみ表示されます。

    5. [パブリックアクセス可能] で、インターネットに対するパブリック接続を通じてアクセスできるパブリック IP アドレスをクラスターに指定する場合は [はい] を選択し、VPC 内からのみアクセスできるプライベート IP アドレスをクラスターに指定する場合は [いいえ] を選択します。AWS アカウントで EC2-Classic クラスターを作成できる場合、デフォルトは [いいえ] になります。それ以外の場合は、デフォルトは [はい] です。

      このオプションは、クラスターを EC2-VPC プラットフォームに復元する場合にのみ表示されます。

    6. 既に設定した Elastic IP (EIP) アドレスを選択する場合は、[Choose a Public IP Address (パブリック IP アドレスの選択)] で、[はい] を選択します。それ以外の場合、Amazon Redshift にインスタンス の EIP を作成させるために、[いいえ] を選択します。

      このオプションは、クラスターを EC2-VPC プラットフォームに復元する場合にのみ表示されます。

    7. [Elastic IP] で、VPC の外からクラスターに接続するために使用する EIP を選択します。

      このオプションは、EC2-VPC プラットフォームにクラスターを復元するために、[Choose a Public IP Address (パブリック IP アドレスの選択)] で [はい] を選択した場合にのみ表示されます。

    8. [アベイラビリティーゾーン] ボックスでは、スナップショットからのアベイラビリティーゾーンをそのまま使用するか、その値を適宜変更します。

    9. [クラスターパラメータグループ] で、クラスターに関連付けるパラメータグループを選択します。

    10. [クラスターセキュリティグループ] または [VPC セキュリティグループ] で、クラスターに関連付けるセキュリティグループを選択します。ここに表示されるセキュリティグループのタイプは、クラスターを EC2-VPC または EC2-Classic プラットフォームのどちらに復元するかによって異なります。

      クラスターセキュリティグループまたは VPC セキュリティグループを選択するオプションは、クラスターを EC2-VPC プラットフォームまたは EC2-Classic プラットフォームのどちらに復元するかによって異なります。

    11. [メンテナンストラック] には、メンテナンストラックの値が表示されます。[メンテナンストラックの変更] で、リストされたメンテナンストラックのいずれかを使用してクラスターを復元することを必要に応じて選択します。

    以下に、EC2-VPC プラットフォームを使用してクラスターにスナップショットを復元する例を示します。

    以下に、EC2-Classic プラットフォームを使用してクラスターにスナップショットを復元する例を示します。

  8. [復元] を選択します。

クラスターのスナップショットの共有

自分が所有する手動スナップショットへのアクセスを他のユーザーに許可することができます。そのアクセス許可については後で不要になった場合に取り消すことができます。

クラスターのスナップショットを共有する方法

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon Redshift コンソール(https://console.aws.amazon.com/redshift/)を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[Snapshots] を選択します。

  3. 共有するスナップショットを見つけるためにリストをフィルタリングする必要がある場合は、以下に示す操作のいずれか、またはすべてを実行します。

    • [時間範囲] ボックスで、検索範囲を絞るための時間範囲を選択します。

    • [クラスター] ボックスで、共有するスナップショットが関連付けられているクラスターを選択します。

  4. スナップショットリストで、使用するスナップショットが含まれている行を選択します。

  5. [アクセスの管理] を選択します。

  6. [スナップショットアクセスの管理] ダイアログボックスで、スナップショットにアクセスする権限をユーザーに与えることも、前に与えたアクセス権限を取り消すこともできます。

    • スナップショットにアクセスする権限をユーザーに与えるには、対象ユーザーの 12 桁の AWS アカウント ID (ダッシュを除く) をボックスに入力し、[アカウントの追加] を選択します。

    • ユーザーの認可を取り消すには、ユーザーの AWS アカウント ID の横にある [X] を選択します。

  7. [保存] を選択して変更内容を保存するか、[キャンセル] を選択して変更内容を元に戻します。

暗号化されていないクラスターのクロスリージョンスナップショットのコピーを設定する

クラスターのスナップショットを別のリージョンにコピーするように Amazon Redshift を設定できます。クロスリージョンスナップショットのコピーを設定するには、各クラスターでこのコピー機能を有効にし、スナップショットをコピーする場所と、コピーされた自動スナップショットをコピー先リージョンに保持する期間を設定する必要があります。クロスリージョンコピーがクラスターで有効になると、すべての新しい手動および自動スナップショットが指定されたリージョンにコピーされます。コピーされたスナップショットには copy: というプレフィックスが付きます。

暗号化されていないクラスターのクロスリージョンスナップショットのコピーを設定するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon Redshift コンソール(https://console.aws.amazon.com/redshift/)を開きます。

  2. ナビゲーションペインで [Clusters] を選択します。

  3. [バックアップ] を選択し、[クロスリージョンスナップショットの設定] を選択します。

  4. [クロスリージョンスナップショットの設定] ダイアログボックスの [スナップショットのコピー] で [はい] を選択します。

  5. [送信先リージョン] で、スナップショットをコピーするリージョンを選択します。

  6. [保持期間 (日数)] で、自動スナップショットが削除される前にコピー先のリージョンに保持される日数を選択します。

  7. [Save] を選択します。

AWS KMS 暗号化クラスターのクロスリージョンスナップショットコピーの設定

Amazon Redshift クラスターを起動するとき、AWS Key Management Service (AWS KMS) のマスターキーを使用して暗号化するように選択できます。AWS KMS キーはリージョンに固有です。AWS KMS 暗号化クラスターのクロスリージョンスナップショットコピーを有効化するには、コピー先のリージョンでマスターキーのスナップショットコピー権限を設定し、コピー先のリージョンで Amazon Redshift が暗号化オペレーションを実行できるようにする必要があります。次の手順は、AWS KMS 暗号化クラスターのクロスリージョンスナップショットコピーを有効化するプロセスを示しています。Amazon Redshift およびスナップショットコピー権限での暗号化の詳細については、「別の AWS リージョンに AWS KMS 暗号化スナップショットをコピーする」を参照してください。

AWS KMS 暗号化クラスターのクロスリージョンスナップショットコピーを設定するには

  1. https://console.aws.amazon.com/redshift/ にある Amazon Redshift コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで [Clusters] を選択します。

  3. クラスターリストで、クラスターの [設定] ビューを開くクラスター名を選択します。

  4. [バックアップ] を選択し、[クロスリージョンスナップショットの設定] を選択します。

  5. [クロスリージョンスナップショットの設定] ダイアログボックスの [スナップショットのコピー] で [はい] を選択します。

  6. [送信先リージョン] で、スナップショットをコピーするリージョンを選択します。

  7. [保持期間 (日数)] で、自動スナップショットが削除される前にコピー先のリージョンに保持される日数を選択します。

  8. [既存のスナップショットコピー権限] では、次のいずれかを実行します。

    1. [いいえ] を選択し、新しいスナップショットコピー権限を作成します。[KMS キー] では、権限を作成する AWS KMS キーを選択した後、[スナップショットコピー権限名] に名前を入力します。

    2. [はい] を選択し、コピー先のリージョンから既存のスナップショットコピー権限を選択します。その後、[スナップショットコピー権限] から権限を選択します。

  9. [Save] を選択します。

クロスリージョンスナップショットのコピーの保持期間を修正する

クロスリージョンスナップショットのコピーを設定するときは、設定を変更できます。新しい日数を選択し、変更を保存することにより、保持期間を簡単に変更できます。

警告

クロスリージョンスナップショットのコピーが設定されると、コピー先リージョンを変更することはできません。別のリージョンにスナップショットをコピーする場合、まずクロスリージョンスナップショットのコピーを無効にしてから、新しいコピー先リージョンおよび保持期間で再度有効にします。クロスリージョンスナップショットのコピーを無効にするとコピーされた自動スナップショットが削除されるため、クロスリージョンスナップショットのコピーを無効にする前に、保持するスナップショットがあるかどうかを決定し、それらを手動スナップショットにコピーしてください。

コピー先クラスターにコピーされたスナップショットの保持期間を変更するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon Redshift コンソール(https://console.aws.amazon.com/redshift/)を開きます。

  2. ナビゲーションペインで [Clusters] を選択します。

  3. [バックアップ] を選択し、[クロスリージョンスナップショットの設定] を選択します。

  4. [保持期間] ボックスで、コピー先リージョンに自動スナップショットを保持する新しい日数を選択します。

    コピー先リージョンにスナップショットを保持する日数として短い日数を選択した場合、新しい保持期間より前に作成された自動スナップショットはすべて削除されます。コピー先リージョンでスナップショットを保持する日数として長い日数を選択した場合、古い値と新しい値の差分だけ既存の自動スナップショットの保持期間が延長されます。

  5. [設定の保存] を選択します。

クロスリージョンスナップショットのコピーを無効にする

Amazon Redshift が今後はコピー先リージョンにスナップショットをコピーしないようにする場合は、クラスターのクロスリージョンスナップショットを無効にできます。

クラスターのクロスリージョンスナップショットを無効にするには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon Redshift コンソール(https://console.aws.amazon.com/redshift/)を開きます。

  2. ナビゲーションペインで [Clusters] を選択します。

  3. [バックアップ] を選択し、[クロスリージョンスナップショットの設定] を選択して [クロスリージョンスナップショットの設定] ダイアログボックスを開きます。

  4. [Enable Cross Region Snapshots (クロスリージョンスナップショットの有効化)] ボックスで、[いいえ] を選択します。

  5. [設定の保存] を選択します。