概要ファイルと評価マニフェストスナップショット (SDK) へのアクセス - Rekognition

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

概要ファイルと評価マニフェストスナップショット (SDK) へのアクセス

トレーニング結果を取得するには、DescribeProjectVersions を呼び出します。サンプルコードについては、「モデルの記述 (SDK)」を参照してください。

DescribeProjectVersions からの ProjectVersionDescription レスポンスでメトリクスの場所が返されます。

  • EvaluationResult - 概要ファイルの場所。

  • TestingDataResult - テストに使用する評価マニフェストスナップショットの場所。

F1 スコアと概要ファイルの場所が EvaluationResult で返されます。例:

"EvaluationResult": { "F1Score": 1.0, "Summary": { "S3Object": { "Bucket": "echo-dot-scans", "Name": "test-output/EvaluationResultSummary-my-echo-dots-project-v2.json" } } }

評価マニフェストのスナップショットは、モデルのトレーニング (SDK) で指定した --output-config 入力パラメータで指定された場所に保存されます。

注記

トレーニングの料金の請求時間 (秒) が BillableTrainingTimeInSeconds で返されます。

Amazon Rekognition Custom Labels によって返されるメトリクスの詳細については、「Amazon Rekognition Custom Labels の評価メトリクス (SDK) へのアクセス」を参照してください。