ステップ 3: コンソールバケットの作成 - Rekognition

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ステップ 3: コンソールバケットの作成

Amazon Rekognition Custom Labels プロジェクトを使用して、モデルを作成および管理します。新しい AWS リージョンで Amazon Rekognition Custom Labels コンソールを初めて開くと、Amazon Rekognition Custom Labels は Amazon S3 バケット (コンソールバケット) を作成してプロジェクトを保存します。 AWS SDK オペレーションやデータセットの作成などのコンソールタスクでバケット名を使用する必要がある可能性があるため、後で参照できる場所にコンソールバケット名を書き留めておく必要があります。

バケット名の形式は次のとおりです。custom-labels-console-<region>-<random value>。ランダム値により、バケット名の間に衝突が発生しないようにします。

コンソールバケットを作成するには
  1. ユーザーに正しいアクセス許可があるかどうかを確認します。詳細については、「コンソールへのアクセスを許可する」を参照してください。

  2. にサインイン AWS Management Console し、https://console.aws.amazon.com/rekognition/ で Amazon Rekognition コンソールを開きます。

  3. [開始する] を選びます。

  4. 現在の AWS リージョンでコンソールを初めて開いた場合は、[First Time Set Up] (初回セットアップ) ダイアログボックスで以下を実行します。

    1. 表示されている Amazon S3 バケットの名前をコピーします。この情報は後で必要になります。

    2. Amazon Rekognition Custom Labels に Amazon S3 バケット (コンソールバケット) の作成を代行させる場合は、[S3 バケットを作成する] を選択します。

  5. ブラウザウィンドウを閉じます。