DetectCustomLabels - Amazon Rekognition

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

DetectCustomLabels

Amazon Rekognition カスタムラベルモデルを使用して、提供されたイメージのカスタムラベルを検出します。

使用するモデルバージョンのバージョンを指定するには、ProjectVersionArn入力パラメータ

入力イメージは、base64 でエンコードされたイメージのバイトとして、または Amazon S3 バケット内のイメージへの参照として渡します。AWS CLI を使用して Amazon Rekognition オペレーションを呼び出す場合、イメージのバイトを渡すことはサポートされていません。イメージは、PNG または JPEG 形式ファイルにする必要があります。

モデルバージョンがイメージ上で検出するオブジェクトごとに、API は (CustomLabel)オブジェクトを配列(CustomLabels). EachCustomLabelオブジェクトは、ラベル名(Name)、イメージ内にオブジェクトが含まれている信頼度 (信頼度 (信頼度) (Confidence)、およびオブジェクトの位置情報(存在する場合)は、画像上のラベル(Geometry).

返されるラベルをフィルタリングするには、MinConfidenceDetectCustomLabelsLabelsは、指定された値よりも高い信頼度を持つラベルのみを返します。valueMinConfidenceは、トレーニング中に作成された想定されるしきい値にマッピングされます。詳細については、「」を参照してください。想定しきい値。Amazon Rekognition カスタムラベルは、想定されるしきい値を 0 ~ 1 の浮動小数点値として表します。範囲MinConfidence想定されたしきい値をパーセンテージ値 (0-100) まで正規化します。からの信頼応答DetectCustomLabelsもパーセンテージで返されます。次を使用できます。MinConfidenceをクリックして、精度とリコールまたはモデルを変更します。詳細については、「」を参照してください。画像を分析する

に値を指定しない場合MinConfidence,DetectCustomLabelsは、各ラベルの想定されるしきい値に基づいてラベルを返します。

これはステートレス API 操作です。つまり、操作はデータを保持しません。

このオペレーションには rekognition:DetectCustomLabels アクションを実行するアクセス許可が必要です。

詳細については、「」を参照してください。画像を分析する

リクエストの構文

{ "Image": { "Bytes": blob, "S3Object": { "Bucket": "string", "Name": "string", "Version": "string" } }, "MaxResults": number, "MinConfidence": number, "ProjectVersionArn": "string" }

リクエストパラメータ

リクエストは以下のデータを JSON 形式で受け入れます。

Image

入力イメージをバイトまたは S3 オブジェクトとして提供します。

イメージのバイトを Amazon Rekognition API オペレーションに渡すには、Bytesプロパティ。たとえば、を使用します。Bytesローカルファイルシステムからロードしたイメージを渡すプロパティです。使用して渡された画像バイト数Bytesプロパティは base64 でエンコードされている必要があります。AWS SDK を使用して Amazon Rekognition API オペレーションを呼び出す場合、コードでイメージバイトをエンコードする必要がない場合があります。

詳細については、「ローカルファイルシステムからロードされたイメージの分析」を参照してください。

S3 バケットに保存されたイメージを Amazon Rekognition API オペレーションに渡すには、S3Objectプロパティ。S3 バケットに格納されたイメージは、base64 でエンコードする必要はありません。

S3 オブジェクトが含まれている S3 バケットのリージョンと Amazon Rekognition オペレーションで使用するリージョンが一致している必要があります。

AWS CLI を使用して Amazon Rekognition オペレーションを呼び出す場合、Bytes プロパティを使用したイメージのバイトを渡すことはサポートされていません。最初に Amazon S3 バケットにイメージをアップロードし、次に S3Object プロパティを使用してオペレーションを呼び出します。

Amazon Rekognition で S3 オブジェクトを処理するには、S3 オブジェクトにアクセスするためのアクセス許可が必要です。詳細については、「Amazon Rekognition リソースベースのポリシー」を参照してください。

タイプ: Image オブジェクト

必須: はい

MaxResults

レスポンスに返されるレスポンスに返される結果の最大数。このサービスは、高い信頼度から低い順に、指定された数の高い信頼度ラベルを返します。

Type: 整数

有効範囲: 最小値は 0 です。

必須: いいえ

MinConfidence

返されるラベルの最小信頼度を指定します。DetectCustomLabelsは、この指定された値よりも低い信頼値を持つラベルを返しません。0 という値を指定すると、DetectCustomLabelsは、各ラベルに適用される仮定されたしきい値に関係なく、すべてのラベルを返します。に値を指定しない場合MinConfidence,DetectCustomLabelsは、各ラベルの想定されるしきい値に基づいてラベルを返します。

Type: 浮動小数点

有効範囲: 最小値は 0 です。最大値は 100 です。

必須: いいえ

ProjectVersionArn

使用するモデルバージョンの ARN。

Type: 文字列

長さの制限: 最小長は 20 です。 最大長は 2048 です。

Pattern: (^arn:[a-z\d-]+:rekognition:[a-z\d-]+:\d{12}:project\/[a-zA-Z0-9_.\-]{1,255}\/version\/[a-zA-Z0-9_.\-]{1,255}\/[0-9]+$)

必須: はい

レスポンスの構文

{ "CustomLabels": [ { "Confidence": number, "Geometry": { "BoundingBox": { "Height": number, "Left": number, "Top": number, "Width": number }, "Polygon": [ { "X": number, "Y": number } ] }, "Name": "string" } ] }

レスポンス要素

アクションが成功すると、サービスは HTTP 200 レスポンスを返します。

サービスから以下のデータが JSON 形式で返されます。

CustomLabels

入力イメージ内で検出されたカスタムラベルの配列。

Type: の配列 CustomLabel objects

Errors

AccessDeniedException

アクションを実行する権限がありません。

HTTP ステータスコード:HTTP ステータスコード 400

ImageTooLargeException

入力イメージサイズが制限文字数を超えています。あなたが呼び出す場合 DetectProtectiveEquipment 画像サイズまたは解像度が制限文字数を超えています。詳細については、「Amazon Rekognition のガイドラインとクォータ」を参照してください。

HTTP ステータスコード:HTTP ステータスコード 400

InternalServerError

Amazon Rekognition でサービスの問題が発生しました。もう一度やり直してください。

HTTP ステータスコード:HTTP ステータスコード 500

InvalidImageFormatException

指定されたイメージ形式はサポートされていません。

HTTP ステータスコード:HTTP ステータスコード 400

InvalidParameterException

入力パラメータが制約に違反しています。API オペレーションを再度呼び出す前にパラメータを検証します。

HTTP ステータスコード:HTTP ステータスコード 400

InvalidS3ObjectException

Amazon Rekognition は、リクエストで指定された S3 オブジェクトにアクセスできません。

HTTP ステータスコード:HTTP ステータスコード 400

LimitExceededException

Amazon Rekognition サービスの制限を超えました。たとえば、Amazon Rekognition Video ジョブを同時起動しすぎると、オペレーションの開始を呼び出し (StartLabelDetectionなど)は、LimitExceededExceptionの例外 (HTTP ステータスコード:400) を受け取ります。同時に実行されるジョブの数が Amazon Rekognition のサービスの制限を下回るまで、の例外 (HTTP ステータスコード:400) を受け取ります。

HTTP ステータスコード:HTTP ステータスコード 400

ProvisionedThroughputExceededException

お客様のスループット制限を超えたリクエストの数。この上限を引き上げる場合は、Amazon Rekognition までお問い合わせください。

HTTP ステータスコード:HTTP ステータスコード 400

ResourceNotFoundException

リクエストで指定されたリソースが見つかりません。

HTTP ステータスコード:HTTP ステータスコード 400

ResourceNotReadyException

要求されたリソースの準備が整っていません。たとえば、この例外は、DetectCustomLabelsは、展開されていないモデルバージョンに置き換えます。

HTTP ステータスコード:HTTP ステータスコード 400

ThrottlingException

Amazon Rekognition は一時的にリクエストを処理できませんでした。もう一度やり直してください。

HTTP ステータスコード:HTTP ステータスコード 500

以下の資料も参照してください。

言語固有の API のいずれかでこの API を使用する方法の詳細については、AWSSDK については、以下を参照してください。