DetectLabels - Amazon Rekognition

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

DetectLabels

入力として提供されるイメージ (JPEG または PNG) 内の実際のエンティティのインスタンスを検出します。これには、花、木、テーブルなどのオブジェクト、結婚式、卒業式、誕生日パーティーなどのイベント、風景、夕方、自然などの概念が含まれます。

例については、「Amazon S3 バケットに保存されているイメージの分析」を参照してください。

注記

DetectLabelsは、アクティビティの検出をサポートしていません。ただし、動画でのラベル検出では、アクティビティ検出がサポートされています。詳細については、「 StartLabelDetection 」を参照してください。

入力イメージは、base64 でエンコードされたイメージのバイトとして、または Amazon S3 バケット内のイメージへの参照として渡します。AWS CLI を使用して Amazon Rekognition オペレーションを呼び出す場合、イメージのバイトを渡すことはサポートされていません。イメージは、PNG または JPEG 形式ファイルにする必要があります。

オブジェクト、シーン、およびコンセプトごとに、API は 1 つ以上のラベルを返します。各ラベルには、オブジェクト名と、イメージにオブジェクトが含まれていることの信頼度が表示されます。たとえば、入力イメージに灯台、海、岩があるとします。レスポンスには、オブジェクトごとに 1 つずつ、3 つのラベルがすべて含まれます。

{Name: lighthouse, Confidence: 98.4629}

{Name: rock,Confidence: 79.2097}

{Name: sea,Confidence: 75.061}

前の例で、オペレーションは 3 つのオブジェクトごとに 1 つのラベルを返します。この操作は、画像内の同じオブジェクトに対して複数のラベルを返すこともできます。たとえば、入力画像に花 (チューリップなど) が表示されている場合、操作は次の 3 つのラベルを返すことがあります。

{Name: flower,Confidence: 99.0562}

{Name: plant,Confidence: 99.0562}

{Name: tulip,Confidence: 99.0562}

この例では、検出アルゴリズムは、花をチューリップとしてより正確に識別します。

レスポンスは、API はラベルの配列を返します。さらに、応答には配向補正も含まれます。オプションで、MinConfidenceを使用して、返されるラベルの信頼度しきい値を制御します。デフォルトは 55% です。また、追加することもできます。MaxLabels返されるラベルの数を制限するには、パラメーターを使用します。

注記

検出されたオブジェクトが人である場合、操作は、 DetectFaces オペレーションが提供する。

DetectLabelsは、共通のオブジェクトラベルのインスタンスのバウンディングボックスを返します。 Instance オブジェクト。AnInstanceオブジェクトにはが含まれます。 BoundingBox イメージ上のラベルの位置を。また、境界ボックスが検出された信頼度も含まれます。

DetectLabels検出されたラベルの階層分類も返します。たとえば、検出された車には、car。labelcarには、2 つの親ラベルがあります。車両(その親)と交通(その祖父母)。レスポンスは、ラベルの祖先のリスト全体を返します。各祖先は、応答の一意のラベルです。前の例では、Car,車両, および交通レスポンスでは、一意のラベルとして返されます。

これはステートレス API 操作です。つまり、操作はデータを保持しません。

このオペレーションには rekognition:DetectLabels アクションを実行するアクセス許可が必要です。

リクエストの構文

{ "Image": { "Bytes": blob, "S3Object": { "Bucket": "string", "Name": "string", "Version": "string" } }, "MaxLabels": number, "MinConfidence": number }

リクエストパラメータ

リクエストは以下のデータを JSON 形式で受け入れます。

Image

base64 でエンコードされたバイトまたは S3 オブジェクトとしての入力イメージ。AWS CLI を使用して Amazon Rekognition オペレーションを呼び出す場合、イメージのバイトを渡すことはサポートされていません。S3 バケットに格納されたイメージは、base64 でエンコードする必要はありません。

AWS SDK を使用して Amazon Rekognition を呼び出す場合は、Bytesフィールド。詳細については、「イメージの仕様」を参照してください。

タイプ: Image オブジェクト

必須: はい

MaxLabels

レスポンスでサービスが返すラベルの最大数。サービスは、指定された数の最高信頼ラベルを返します。

Type: 整数

有効範囲: 最小値は 0 です。

必須: いいえ

MinConfidence

返されるラベルの最小信頼度を指定します。Amazon Rekognition は、この指定された値よりも低い信頼度のラベルを返しません。

もしMinConfidenceが指定されていない場合、55% 以上の信頼度値を持つラベルが返されます。

Type: 浮動小数点

有効範囲: 最小値は 0 です。最大値は 100 です。

必須: いいえ

レスポンスの構文

{ "LabelModelVersion": "string", "Labels": [ { "Confidence": number, "Instances": [ { "BoundingBox": { "Height": number, "Left": number, "Top": number, "Width": number }, "Confidence": number } ], "Name": "string", "Parents": [ { "Name": "string" } ] } ], "OrientationCorrection": "string" }

レスポンス要素

アクションが成功すると、サービスは HTTP 200 レスポンスを返します。

サービスから以下のデータが JSON 形式で返されます。

LabelModelVersion

ラベルを検出するために使用されたラベル検出モデルのバージョン番号。

Type: 文字列

Labels

検出された実世界のオブジェクトのラベルの配列。

Type: の配列 Label objects

OrientationCorrection

valueOrientationCorrectionnull です。

入力イメージが .jpeg 形式の場合、イメージの方向を含む交換可能なイメージファイル形式 (Exif) メタデータが含まれる場合があります。Amazon Rekognition は、この方向情報を使用して画像補正を行います。Exif メタデータの方向情報を使用してイメージの方向を修正すると、バウンディングボックスの座標がオブジェクトの位置を表すように変換されます。.png 形式のイメージには Exif メタデータが含まれていません。

Amazon Rekognition は、画像 Exif メタデータに向き情報がない.png 形式の画像および.jpeg 画像の画像補正を実行しません。バウンディングボックスの座標は変換されず、イメージが回転される前のオブジェクトの位置を表します。

Type: 文字列

有効な値: ROTATE_0 | ROTATE_90 | ROTATE_180 | ROTATE_270

Errors

AccessDeniedException

アクションを実行する権限がありません。

HTTP ステータスコード:HTTP ステータスコード 400

ImageTooLargeException

入力イメージサイズが制限文字数を超えています。あなたが呼び出す場合 DetectProtectiveEquipment 画像サイズまたは解像度が制限文字数を超えています。詳細については、「Amazon Rekognition のガイドラインとクォータ」を参照してください。

HTTP ステータスコード:HTTP ステータスコード 400

InternalServerError

Amazon Rekognition でサービスの問題が発生しました。もう一度やり直してください。

HTTP ステータスコード:HTTP ステータスコード 500

InvalidImageFormatException

指定されたイメージ形式はサポートされていません。

HTTP ステータスコード:HTTP ステータスコード 400

InvalidParameterException

入力パラメータが制約に違反しています。API オペレーションを再度呼び出す前にパラメータを検証します。

HTTP ステータスコード:HTTP ステータスコード 400

InvalidS3ObjectException

Amazon Rekognition は、リクエストで指定された S3 オブジェクトにアクセスできません。

HTTP ステータスコード:HTTP ステータスコード 400

ProvisionedThroughputExceededException

お客様のスループット制限を超えたリクエストの数。この上限を引き上げる場合は、Amazon Rekognition までお問い合わせください。

HTTP ステータスコード:HTTP ステータスコード 400

ThrottlingException

Amazon Rekognition は一時的にリクエストを処理できませんでした。もう一度やり直してください。

HTTP ステータスコード:HTTP ステータスコード 500

以下の資料も参照してください。

言語固有の API のいずれかでこの API を使用する方法の詳細については、AWSSDK については、以下を参照してください。