DetectProtectiveEquipment - Amazon Rekognition

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

DetectProtectiveEquipment

画像で検出された人が着用する個人用保護具(PPE)を検出します。Amazon Rekognition は、以下のタイプの PPE を検出することができます。

  • フェイスカバー

  • ハンドカバー

  • Head カバー

入力イメージは、base64 でエンコードされたイメージのバイトとして、または Amazon S3 バケット内のイメージへの参照として渡します。イメージは、PNG または JPG 形式ファイルにする必要があります。

DetectProtectiveEquipment画像内で検出された最大15人が着用するPPEを検出します。

画像内で検出された各人について、APIは身体部分(顔、頭、左手、右手)の配列を返します。ボディパーツごとに、PPE が検出された項目の配列が返されます。これには、PPE がボディパーツをカバーしているかどうかを示すインジケータも含まれます。APIは、各検出(人、PPE、身体部分、身体部分)における信頼度を返します。また、バウンディングボックス( BoundingBox )を、検出された各人物および検出されたPPEの各項目に対して適用します。

必要に応じて、検出された PPE アイテムの概要をSummarizationAttributes入力パラメータ 概要は以下の情報を提供します。

  • 指定したすべてのタイプの PPE を装着していると検出された人物。

  • 指定したタイプの PPE をすべて着用していないと検出された人物。

  • PPE の装飾を特定できない場所が検出されました。

これはステートレス API 操作です。つまり、操作はデータを保持しません。

このオペレーションには rekognition:DetectProtectiveEquipment アクションを実行するアクセス許可が必要です。

リクエストの構文

{ "Image": { "Bytes": blob, "S3Object": { "Bucket": "string", "Name": "string", "Version": "string" } }, "SummarizationAttributes": { "MinConfidence": number, "RequiredEquipmentTypes": [ "string" ] } }

リクエストパラメータ

リクエストは以下のデータを JSON 形式で受け入れます。

Image

検出された人物の PPE を検出する画像。イメージは、イメージのバイトとして渡すか、Amazon S3 バケットに保存されたイメージを参照することができます。

タイプ: Image オブジェクト

必須: はい

SummarizationAttributes

要約する PPE タイプの配列。

タイプ: ProtectiveEquipmentSummarizationAttributes オブジェクト

必須: いいえ

レスポンスの構文

{ "Persons": [ { "BodyParts": [ { "Confidence": number, "EquipmentDetections": [ { "BoundingBox": { "Height": number, "Left": number, "Top": number, "Width": number }, "Confidence": number, "CoversBodyPart": { "Confidence": number, "Value": boolean }, "Type": "string" } ], "Name": "string" } ], "BoundingBox": { "Height": number, "Left": number, "Top": number, "Width": number }, "Confidence": number, "Id": number } ], "ProtectiveEquipmentModelVersion": "string", "Summary": { "PersonsIndeterminate": [ number ], "PersonsWithoutRequiredEquipment": [ number ], "PersonsWithRequiredEquipment": [ number ] } }

レスポンス要素

アクションが成功すると、サービスは HTTP 200 レスポンスを返します。

サービスから以下のデータが JSON 形式で返されます。

Persons

画像内で検出された人物の配列(PPE を着用していない人物を含む)。

Type: の配列 ProtectiveEquipmentPerson objects

ProtectiveEquipmentModelVersion

イメージ内の PPE を検出するために使用された PPE 検出モデルのバージョン番号。

Type: 文字列

Summary

で指定された PPE タイプのサマリー情報SummarizationAttributes入力パラメータ

タイプ: ProtectiveEquipmentSummary オブジェクト

Errors

AccessDeniedException

アクションを実行する権限がありません。

HTTP ステータスコード:HTTP ステータスコード 400

ImageTooLargeException

入力イメージサイズが制限文字数を超えています。あなたが呼び出す場合 DetectProtectiveEquipment 画像サイズまたは解像度が制限文字数を超えています。詳細については、「Amazon Rekognition のガイドラインとクォータ」を参照してください。

HTTP ステータスコード:HTTP ステータスコード 400

InternalServerError

Amazon Rekognition でサービスの問題が発生しました。もう一度やり直してください。

HTTP ステータスコード: 500

InvalidImageFormatException

指定されたイメージ形式はサポートされていません。

HTTP ステータスコード: 400

InvalidParameterException

入力パラメータが制約に違反しています。API オペレーションを再度呼び出す前にパラメータを検証します。

HTTP ステータスコード:HTTP ステータスコード 400

InvalidS3ObjectException

Amazon Rekognition は、リクエストで指定された S3 オブジェクトにアクセスできません。

HTTP ステータスコード:HTTP ステータスコード 400

ProvisionedThroughputExceededException

お客様のスループット制限を超えたリクエストの数。この上限を引き上げる場合は、Amazon Rekognition までお問い合わせください。

HTTP ステータスコード:HTTP ステータスコード 400

ThrottlingException

Amazon Rekognition は一時的にリクエストを処理できませんでした。もう一度やり直してください。

HTTP ステータスコード: 500

以下の資料も参照してください。

言語固有の API のいずれかでこの API を使用する方法の詳細については、AWSSDK については、以下を参照してください。