GetTextDetection - Amazon Rekognition

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

GetTextDetection

Amazon Rekognition Video 分析のテキスト検出結果を取得します。StartTextDetection

Amazon Rekognition Video のテキスト検出は、非同期オペレーションです。テキスト検出を開始するには、StartTextDetectionこれはジョブ識別子(JobId) テキスト検出操作が終了すると、Amazon Rekognition は、最初の呼び出しに登録された Amazon Simple Notification Service トピックに完了ステータスを公開します。StartTextDetection。テキスト検出操作の結果を取得するには、まず Amazon SNS トピックに発行されるステータス値がSUCCEEDEDを呼び出します。もしそうならGetTextDetectionを呼び出し、ジョブ識別子 (JobIdの最初の呼び出しから)StartLabelDetection

GetTextDetectionは、検出されたテキストの配列 (TextDetections)は、テキストが検出された時間によってソートされ、ビデオの1フレームあたり最大50ワードです。

配列の各要素には、検出されたテキスト、検出されたテキストの正確さに対する先行確信、テキストが検出された時刻、テキストが配置された場所の境界ボックス情報、および単語とその行の一意の識別子が含まれます。

返されるテキスト検出の数を制限するには、MaxResults パラメータを使用します。で指定されているよりも多くの結果がある場合MaxResultsの値NextTokenには、次の結果セットを取得するためのページネーショントークンが含まれています。次の結果ページを取得したい場合は、GetTextDetectionの入力NextTokenリクエストパラメータを、前回の呼び出しで返されたトークン値に更新します。GetTextDetection

リクエストの構文

{ "JobId": "string", "MaxResults": number, "NextToken": "string" }

リクエストパラメータ

リクエストは以下のデータを JSON 形式で受け入れます。

JobId

結果を返すテキスト検出操作のJob 識別子。最初の呼び出しからジョブ識別子を取得します。StartTextDetection

タイプ: 文字列

長さの制限: 最小長は 1 です。 最大長は 64 です。

パターン: ^[a-zA-Z0-9-_]+$

: 必須 はい

MaxResults

ページ分割コールごとに返す結果の最大数。指定できる最大値は 1000 です。

タイプ: 整数

有効範囲: 最小値は 1 です。

: 必須 いいえ

NextToken

以前のレスポンスが不完全だった場合(取得するラベルが増えるため)、Amazon Rekognition Video はレスポンスにページネーショントークンを返します。次のテキスト一式を取得するには、このページネーショントークンを使用します。

タイプ: 文字列

長さの制限: 最大長は 255 です。

: 必須 いいえ

レスポンスの構文

{ "JobStatus": "string", "NextToken": "string", "StatusMessage": "string", "TextDetections": [ { "TextDetection": { "Confidence": number, "DetectedText": "string", "Geometry": { "BoundingBox": { "Height": number, "Left": number, "Top": number, "Width": number }, "Polygon": [ { "X": number, "Y": number } ] }, "Id": number, "ParentId": number, "Type": "string" }, "Timestamp": number } ], "TextModelVersion": "string", "VideoMetadata": { "Codec": "string", "DurationMillis": number, "Format": "string", "FrameHeight": number, "FrameRate": number, "FrameWidth": number } }

レスポンス要素

アクションが成功すると、サービスは HTTP 200 レスポンスを返します。

サービスから以下のデータが JSON 形式で返されます。

JobStatus

テキスト検出ジョブの現在のステータス。

タイプ: 文字列

有効な値: IN_PROGRESS | SUCCEEDED | FAILED

NextToken

レスポンスが切り捨てられた場合、Amazon Rekognition Video はこのトークンを返します。これは後続のリクエストで使用して、次のテキストのセットを取得するために使用できます。

タイプ: 文字列

長さの制限: 最大長は 255 です。

StatusMessage

ジョブが失敗した場合、StatusMessage説明的なエラーメッセージ。

タイプ: 文字列

TextDetections

ビデオで検出されたテキストの配列。各要素には、検出されたテキスト、ビデオの開始からテキストが検出された時間(ミリ秒単位)、および画面上で検出された場所が含まれます。

タイプ: の配列TextDetectionResultobjects

TextModelバージョン

テキストの検出に使用されたテキスト検出モデルのバージョン番号。

タイプ: 文字列

VideoMetadata

Amazon Rekognition が分析した動画に関する情報。Videometadataは、Amazon Rekognition 動画操作からページ分割されたレスポンスの各ページで返されます。

タイプ: VideoMetadata オブジェクト

Errors

AccessDeniedException

アクションを実行する権限がありません。

HTTP ステータスコード: 400

InternalServerError

Amazon Rekognition でサービスの問題が発生しました。もう一度やり直してください。

HTTP ステータスコード: 500

InvalidPaginationTokenException

リクエストのページ分割トークンが有効ではありません。

HTTP ステータスコード: 400

InvalidParameterException

入力パラメータが制約に違反しています。API オペレーションを再度呼び出す前にパラメータを検証します。

HTTP ステータスコード: 400

ProvisionedThroughputExceededException

お客様のスループット制限を超えたリクエストの数。この上限を引き上げる場合は、Amazon Rekognition までお問い合わせください。

HTTP ステータスコード: 400

ResourceNotFoundException

リクエストで指定されたリソースが見つかりません。

HTTP ステータスコード: 400

ThrottlingException

Amazon Rekognition は一時的にリクエストを処理できませんでした。もう一度やり直してください。

HTTP ステータスコード: 500

以下の資料も参照してください。

言語固有の AWS SDK のいずれかでこの API を使用する方法の詳細については、以下を参照してください。