StartLabelDetection - Amazon Rekognition

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

StartLabelDetection

保存したビデオ内のラベルの非同期検出を開始します。

Amazon Recognition 動画は、動画内のラベルを検出できます。ラベルは、実世界のエンティティのインスタンスです。これには、花、木、テーブルなどのオブジェクト、結婚式、卒業、誕生日パーティーなどのイベント、風景、夕方、自然などの概念、車から出る人やスキーなどのアクティビティが含まれます。

ビデオは Amazon S3 バケットに保存されている必要があります。を使用する Video を使用して、動画のバケット名とファイル名を指定します。StartLabelDetectionはジョブ識別子 (JobIdオペレーションの結果を取得するには、使用する。ラベルの検出が完了すると、Amazon Rekognition Video は完了ステータスを発行します。このトピックはNotificationChannel

ラベル検出操作の結果を取得するには、まず Amazon SNS トピックに発行されるステータス値がSUCCEEDED。もしそうなら、 GetLabelDetection を呼び出し、ジョブ識別子 (JobId) を最初の呼び出しからStartLabelDetection

リクエストの構文

{ "ClientRequestToken": "string", "JobTag": "string", "MinConfidence": number, "NotificationChannel": { "RoleArn": "string", "SNSTopicArn": "string" }, "Video": { "S3Object": { "Bucket": "string", "Name": "string", "Version": "string" } } }

リクエストパラメータ

リクエストは以下のデータを JSON 形式で受け入れます。

ClientRequestToken

開始要求を識別するために使用されるべき等トークン。同じトークンをStartLabelDetection要求では、同じJobIdが返ります。を使用するClientRequestTokenを使用して、同じジョブが誤って複数回開始されるのを防ぐことができます。

Type: 文字列

長さの制限: 最小長は 1 です。 最大長は 64 です。

Pattern: ^[a-zA-Z0-9-_]+$

必須: いいえ

JobTag

Amazon Simple Notification Service トピックに発行される完了通知で返される、指定した識別子。たとえば、を使用できます。JobTagを使用して、関連するジョブをグループ化し、完了通知でそれらを識別します。

Type: 文字列

長さの制限: 最小長は 1 です。 最大長は 256 です。

Pattern: [a-zA-Z0-9_.\-:]+

必須: いいえ

MinConfidence

検出されたラベルを返すために、Amazon Rekognition Video が持つ必要のある最小信頼度を指定します。信頼度とは、ラベルが正しく識別されていることを Amazon Rekognition がどの程度あるかを表します。0 が最も低い信頼度です。100 が最も高い信頼度です。Amazon Rekognition Video では、信頼度がこの指定した値よりも低いラベルは返されません。

指定しない場合MinConfidenceの場合、演算は 50% 以上の信頼度値を持つラベルを返します。

Type: 浮動小数点

有効範囲: 最小値は 0 です。最大値は 100 です。

必須: いいえ

NotificationChannel

Amazon Recognition ビデオがラベル検出操作の完了ステータスを公開する Amazon SNS トピック ARN。Amazon SNS トピックには、AmazonRekognition ションAmazonRekognitionServiceRole アクセス権限ポリシーを使用している場合。

タイプ: NotificationChannel オブジェクト

必須: いいえ

Video

ラベルを検出するビデオです。ビデオは Amazon S3 バケットに保存されている必要があります。

タイプ: Video オブジェクト

必須: はい

レスポンスの構文

{ "JobId": "string" }

レスポンス要素

アクションが成功すると、サービスは HTTP 200 レスポンスを返します。

サービスから以下のデータが JSON 形式で返されます。

JobId

ラベル検出ジョブの識別子。を使用するJobIdを呼び出して、後続の呼び出しでジョブを識別するGetLabelDetection

Type: 文字列

長さの制限: 最小長は 1 です。 最大長は 64 です。

Pattern: ^[a-zA-Z0-9-_]+$

Errors

AccessDeniedException

アクションを実行する権限がありません。

HTTP ステータスコード: 400

IdempotentParameterMismatchException

AClientRequestToken入力パラメータがオペレーションに再利用されましたが、他の入力パラメータの少なくとも 1 つが、オペレーションに対する前回の呼び出しとは異なります。

HTTP ステータスコード: 400

InternalServerError

Amazon Rekognition でサービスの問題が発生しました。もう一度やり直してください。

HTTP ステータスコード: 500

InvalidParameterException

入力パラメータが制約に違反しています。API オペレーションを再度呼び出す前にパラメータを検証します。

HTTP ステータスコード: 400

InvalidS3ObjectException

Amazon Rekognition は、リクエストで指定された S3 オブジェクトにアクセスできません。

HTTP ステータスコード: 400

LimitExceededException

Amazon Rekognition サービスの制限を超えました。たとえば、Amazon Rekognition Video ジョブを同時起動しすぎると、オペレーションの開始を呼び出し (StartLabelDetectionなど)は、LimitExceededExceptionの例外 (HTTP ステータスコード:400) を受け取ります。同時に実行されるジョブの数が Amazon Rekognition のサービスの制限を下回るまで、(HTTP ステータスコード:400) を受け取ります。

HTTP ステータスコード: 400

ProvisionedThroughputExceededException

お客様のスループット制限を超えたリクエストの数。この上限を引き上げる場合は、Amazon Rekognition までお問い合わせください。

HTTP ステータスコード: 400

ThrottlingException

Amazon Rekognition は一時的にリクエストを処理できませんでした。もう一度やり直してください。

HTTP ステータスコード: 500

VideoTooLargeException

指定されたメディアのファイルサイズが大きすぎるか、時間が長すぎます。最大ファイルサイズは 10 GB です。最大期間は 6 時間です。

HTTP ステータスコード: 400

以下の資料も参照してください。

言語固有の API のいずれかでこの API を使用する方法の詳細については、AWSSDK については、以下を参照してください。