StartTextDetection - Amazon Rekognition

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

StartTextDetection

保存したビデオ内のテキストの非同期検出を開始します。

Amazon Rekognition Video は、Amazon S3 バケットに保存されたビデオ内のテキストを検出できます。を使用するVideoをクリックして動画のバケット名とファイル名を指定します。StartTextDetectionジョブ識別子を返します (JobId) を使用して、オペレーションの結果を取得します。テキストの検出が完了すると、Amazon Rekognition Video は、で指定した Amazon 簡易通知サービスのトピックに完了ステータスを公開します。NotificationChannel

テキスト検出操作の結果を取得するには、まず Amazon SNS トピックに発行されたステータス値がSUCCEEDED。もしそうなら、GetTextDetectionジョブ識別子を渡します (JobId) の最初の呼び出しからStartTextDetection

リクエストの構文

{ "ClientRequestToken": "string", "Filters": { "RegionsOfInterest": [ { "BoundingBox": { "Height": number, "Left": number, "Top": number, "Width": number } } ], "WordFilter": { "MinBoundingBoxHeight": number, "MinBoundingBoxWidth": number, "MinConfidence": number } }, "JobTag": "string", "NotificationChannel": { "RoleArn": "string", "SNSTopicArn": "string" }, "Video": { "S3Object": { "Bucket": "string", "Name": "string", "Version": "string" } } }

リクエストパラメータ

リクエストは以下の JSON 形式のデータを受け入れます。

ClientRequestToken

開始リクエストを識別するために使用されるべき等トークン。同じトークンを複数で使用する場合StartTextDetectionリクエスト、同じJobIdが返されます。を使用するClientRequestToken同じジョブが誤って複数回開始されないようにするためです。

Type: 文字列

長さの制約: 最小長は 1 です。 最大長は 64 です。

パターン: ^[a-zA-Z0-9-_]+$

必須: いいえ

Filters

テキストが応答に含めるために満たす必要がある条件を設定できるオプションのパラメータです。

型: StartTextDetectionFilters オブジェクト

必須: いいえ

JobTag

Amazon Simple Notification Service トピックによって発行された完了ステータスで返される ID。例えば、JobTag関連するジョブをグループ化し、完了通知で特定します。

Type: 文字列

長さの制約: 最小長は 1 です。 最大長は 256 です。

パターン: [a-zA-Z0-9_.\-:]+

必須: いいえ

NotificationChannel

Amazon Rekognition がビデオ分析オペレーションの完了ステータスを発行する Amazon Simple Notification Service トピックです。詳細については、「Amazon Rekognition Video オペレーションを呼び出す」を参照してください。Amazon SNS トピックには、で始まるトピック名が必要です。AmazonRekognitionAmazonRekognitionServiceRole アクセス権限ポリシーを使用してトピックにアクセスしている場合。詳細については、「」を参照してください。複数の Amazon SNS トピックへのアクセスを許可する

型: NotificationChannel オブジェクト

必須: いいえ

Video

Amazon S3 バケットに保存されたビデオファイル。Amazon Rekognition 動画開始操作StartLabelDetectionつかいますVideoをクリックして解析するビデオを指定します。サポートされているファイル形式は、.mp4、.mov、および.avi です。

型: Video オブジェクト

必須: はい

レスポンスの構文

{ "JobId": "string" }

レスポンス要素

アクションが成功すると、サービスは HTTP 200 レスポンスを返します。

サービスから以下のデータが JSON 形式で返されます。

JobId

テキスト検出ジョブ識別子。を使用するJobId以降の呼び出しでジョブを識別するにはGetTextDetection

Type: 文字列

長さの制約: 最小長は 1 です。 最大長は 64 です。

パターン: ^[a-zA-Z0-9-_]+$

エラー

AccessDeniedException

アクションを実行する権限がありません。

HTTP ステータスコード: 400

IdempotentParameterMismatchException

あるClientRequestToken入力パラメータがオペレーションに再利用されましたが、他の入力パラメータの少なくとも 1 つが、オペレーションに対する前回の呼び出しとは異なります。

HTTP ステータスコード: 400

InternalServerError

Amazon Rekognition でサービスの問題が発生しました。もう一度やり直してください。

HTTP ステータスコード: 500

InvalidParameterException

入力パラメータが制約に違反しています。API オペレーションを再度呼び出す前にパラメータを検証します。

HTTP ステータスコード: 400

InvalidS3ObjectException

Amazon Rekognition は、リクエストで指定された S3 オブジェクトにアクセスできません。

HTTP ステータスコード: 400

LimitExceededException

Amazon Rekognition のサービスの制限を超えました。たとえば、Amazon Rekognition Video ジョブを同時に開始しすぎると、オペレーションの開始を呼び出します (StartLabelDetection、例えば)は、LimitExceededExceptionの例外 (HTTP ステータスコード:400) を同時に実行するジョブの数が Amazon Rekognition のサービスの制限を下回るまで。

HTTP ステータスコード: 400

ProvisionedThroughputExceededException

お客様のスループット制限を超えたリクエストの数。この制限を引き上げる場合は、Amazon Rekognition までお問い合わせください。

HTTP ステータスコード: 400

ThrottlingException

Amazon Rekognition は一時的にリクエストを処理できませんでした。もう一度やり直してください。

HTTP ステータスコード: 500

VideoTooLargeException

指定されたメディアのファイルサイズが大きすぎるか、時間が長すぎます。最大ファイルサイズは 10 GB です。最大期間は 6 時間です。

HTTP ステータスコード: 400

以下の資料も参照してください。

言語固有の AWS SDK のいずれかでこの API を使用する方法の詳細については、次を参照してください: