UnindexedFace - Amazon Rekognition

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

UnindexedFace

という顔IndexFaces検出されましたが、インデックス化されませんでした。を使用するReasonsレスポンス属性で、顔がインデックス化されなかった理由を特定します。

目次

FaceDetail

顔の属性を含む構造。IndexFaces検出されましたが、インデックス化されませんでした。

型: FaceDetail オブジェクト

: 必須 いいえ

Reasons

顔がインデックス化されなかった理由を指定する理由の配列。

  • EXTREME_POSE-顔は検出できないポーズにあります。たとえば、ヘッドがカメラから遠すぎるとします。

  • EXCEEDS_MAX_FACES-検出された面の数は、MaxFacesの入力パラメータIndexFaces

  • LOW_BRIGHTNESS-イメージが暗すぎる。

  • LOW_SHARPNESS-画像がぼやけている。

  • LOW_CONFISTEND-顔は低い信頼度で検出されました。

  • SMALL_BOUNDING_BOX-面の周囲の境界ボックスが小さすぎます。

Type: 文字列の配列

有効な値: EXCEEDS_MAX_FACES | EXTREME_POSE | LOW_BRIGHTNESS | LOW_SHARPNESS | LOW_CONFIDENCE | SMALL_BOUNDING_BOX | LOW_FACE_QUALITY

: 必須 いいえ

以下の資料も参照してください。

言語固有の AWS SDK のいずれかでこの API を使用する方法の詳細については、次を参照してください: