デプロイジョブの作成 - AWS RoboMaker

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

デプロイジョブの作成

デプロイジョブを作成して、ロボットアプリケーションの一意なバージョンをフリート内のロボットにインストールします。追加の設定を行うには、カスタム環境変数を定義し、ロボットでのアプリケーションの起動前と起動後にスクリプトを実行します。

フリートおよびロボット展開のタイムアウトを設定できます。デフォルトのフリートタイムアウトは 30 日間です。デフォルトのロボットデプロイタイムアウトは 5 時間です。たとえば、フリートに 100 台のロボットがあり、ロボットタイムアウトが 7 日で順次配備する場合、配備には 700 日かかることがあります。AWS RoboMaker は、デフォルトのフリートタイムアウトである 30 日でデプロイをタイムアウトします。

AWS RoboMaker でロボットアプリケーションをデプロイする方法の詳細については、」ロボットアプリケーションをデプロイする方法

注記

90 日後、デプロイメントジョブは期限切れになり、削除されます。これらのジョブにはアクセスできなくなります。

デプロイジョブを作成する

Using the console

デプロイジョブを作成するには

  1. AWS RoboMaker コンソールにサインインします。https://console.aws.amazon.com/robomaker/

  2. 左のナビゲーションペインで、[] を選択します。アプリケーションのデプロイ[] を選択して [] を選択します。デプロイ

  3. [Create deployment (デプロイの作成)] をクリックします。

  4. [Create deployment (デプロイの作成)] ページで、[Configuration (設定)] の [Fleet (フリート)] を選択します。

  5. [Robot application (ロボットアプリケーション)] を選択します。

  6. デプロイする [Robot application version (ロボットアプリケーションバージョン)] を選択します。ロボットアプリケーションには、整合性のために番号付きの applicationVersion が必要です。表示されているバージョンがない場合、または新しいバージョンを作成する場合は、「アプリケーションバージョンの作成」を参照してください。

  7. [Deployment launch config (デプロイ起動設定)] で、[Package name (パッケージ名)] を指定します。

  8. [Launch file (起動ファイル)] を指定します。

  9. 必要に応じて、アプリケーションの [Prelaunch file (事前起動ファイル)] を指定します。これは ROS 起動ファイルの前に実行されるスクリプトです。ロボット環境またはその他のタスクを確認するときに使用できます。スクリプトからのゼロ以外の終了では、ロボットのデプロイが失敗します。

    このスクリプトを $CATKIN_GLOBAL_SHARE_DESTINATION にコピーする必要があります。

    たとえば、次の設定を CMakeLists.txt に追加します。

    install(FILES deploymentScripts/post_launch_script.sh DESTINATION ${CATKIN_GLOBAL_SHARE_DESTINATION} )
  10. 必要に応じて、アプリケーションの [Postlaunch file (起動後ファイル)] を指定します。これは ROS プロセスの起動後に実行されるスクリプトです。ロボット環境またはその他のタスクを確認するときに使用できます。スクリプトからのゼロ以外の終了では、ロボットのデプロイが失敗します。

    このスクリプトを $CATKIN_GLOBAL_SHARE_DESTINATION にコピーする必要があります。

  11. 必要に応じて、[Environment variables (環境変数)] で環境の [Name (名前)] と [Value (値)] を入力します。環境変数名は、A~Z またはアンダースコアで始まり、A~Z、0~9、アンダースコアで構成される必要があります。「AWS」で始まる名前は予約されています。

    追加の環境変数を作成するには、[Add environment variable (環境変数の追加)] を選択します。

  12. []デプロイ設定で、同時デプロイ割合。AWS RoboMaker では、フリートの割合 (%) に従ってロボットアプリケーションを同時にデプロイします。フリート内に 200 個のロボットがある場合、10% を選択すると、デプロイは 20 個のロボットに対して同時に試行されます。

  13. [Failure threshold percentage (失敗のしきい値の割合 (%))] を指定します。フリートで、この割合 (%) のデプロイが失敗すると、デプロイは停止します。

    警告

    しきい値でデプロイを停止させるには、失敗のしきい値の割合 (%) が同時デプロイの割合 (%) より大きくなるように指定します。より小さい値を指定すると、同時デプロイの割合 (%) に達するまで、しきい値を超える場合があります。

  14. [Robot deployment timeout (ロボットのデプロイタイムアウト)] を指定します。個々のロボットへのデプロイは、指定された時間が経過する前に完了しない場合、停止します。

  15. オプションで、[Download condition file in S3 (S3 のダウンロード条件ファイル)] を指定します。このファイルは、ロボットがデプロイメントをダウンロードしてインストールする準備ができていることを確認するために使用できるスクリプトです。たとえば、ロボットが充電ステーションにあり、タスク (オブジェクトの飛行や移動など) を実行していないかどうかを確認できます。

  16. オプションで、[lock S3 file to the latest etag (S3 ファイルを最新の etag にロック)] できます。エンティティタグは Amazon S3 オブジェクトのハッシュであり、メタデータではなく、ファイルの内容に対する変更を反映します。AWS RoboMaker は、デプロイメント中にそのバージョンを使用するようにします。

  17. 必要に応じて、[タグ] で、デプロイ用に 1 つ以上のタグを指定します。タグとは、AWS リソースを識別および整理するためのメタデータとして使用される単語やフレーズのことです。各タグは、キーと値から構成されます。デプロイのタグは、[デプロイの詳細] ページで管理できます。

    ロボットアプリケーションのデプロイ時に、タグをロボットに環境変数として入力できます。タグには、英数字またはアンダースコア文字のみを含める必要があります。環境変数名は AWS_ROBOMAKER_ROBOT_TAG_KEY_TAGKEY としてフォーマットされます。ここで TAGKEY はタグキーです。タグ値は、環境変数の値になります。

    タグ付けの詳細については、AWS RoboMaker リソースのタグ付け を参照してください。

  18. [作成] をクリックしてデプロイジョブを作成します。

Using the AWS CLI

デプロイジョブを作成する AWS CLI コマンドの例は次のとおりです。

$ aws robomaker create-deployment-job --fleet=my-fleet-arn --deployment-application-configs application=my-robotarn,applicationVersion="$LATEST",launchConfig={packageName="cloudwatch_robot",launchFile="cloudwatch_deploy.launch"} --deployment-config concurrentDeploymentPercentage="100",failureThresholdPercentage="100"