ロボットの作成 - AWS RoboMaker

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ロボットの作成

ロボットアプリケーションをデプロイする前に、ロボットハードウェアを設定する必要があります。ロボットを作成するときは、AWS IoT Greengrass のハードウェアアーキテクチャーと IAM ロールを選択します。ロボットを作成したら、AWS IoT Greengrass コアおよびセキュリティリソースをダウンロードし、ロボットハードウェアを設定します。

デプロイロールを作成する

ロボットを作成する前に、ロボットアプリケーションをデプロイするための IAM ロールを作成します。このロールでは、AWS RoboMaker (デプロイ前のロボットアプリケーションを配置する先) などのリソースにからアクセスしたり、Amazon S3 Lex や Amazon Rekognition などのリソースにロボットアプリケーションからアクセスしたりもします。

これらのロールを作成済みである場合は、「ロボットを作成する」に進むことができます。

AWS IoT Greengrass ロールを作成するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインして AWS Identity and Access Management コンソール (console.aws.amazon.com

  2. アクセスポリシーを作成します。左側で、[ポリシー]、[ポリシーの作成] の順に選択します [JSON] を選択し、以下のコードを貼り付けます。

    { "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Effect": "Allow", "Action": [ "robomaker:UpdateRobotDeployment" ], "Resource": "*" }, { "Effect": "Allow", "Action": [ "s3:List*", "s3:Get*" ], "Resource": ["arn:aws:s3:::my-robot-application-source-bucket/*"] } ] }

    [ポリシーの確認] を選択し、[名前] に入力して [ポリシーの作成] を選択します。

  3. [ロール]、[ロールの作成] の順に選択します。

  4. ロールの作成: ステップ 1ページで [] を選択します。Greengrass[] を選択し、[次へ: アクセス許可。

  5. アクセス許可[] ページで、先ほど作成したポリシーを選択し、[] を選択します。次へ: タグ

  6. タグを追加するページで、省略可能なタグをロールに追加し、次へ: 確認

  7. [確認] ページで、[ロール名] に入力し、[ロールの作成] を選択します。

  8. 次に、AWS Lambda を含めるように信頼ポリシーを更新します。新しいロールを選択し、[信頼関係] タブを選択します。

  9. [信頼関係] タブで、[信頼関係の編集] を選択します。

  10. 信頼関係を更新して次のポリシードキュメントを反映します。

    { "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Effect": "Allow", "Principal": { "Service": [ "lambda.amazonaws.com", "greengrass.amazonaws.com" ] }, "Action": "sts:AssumeRole" } ] }
  11. [信頼ポリシーの更新] を選択します。

ロボットを作成する

ロボットを作成するには

  1. AWS RoboMaker コンソールにサインインします。https://console.aws.amazon.com/robomaker/

  2. 左側のナビゲーションペインで、[Fleet Management (フリート管理)]、[Robots (ロボット)] の順に選択します。

  3. [Create robot (ロボットの作成)] を選択します。

  4. [Create robot (ロボットの作成)] ページで、ロボットの名前を入力します。

  5. ロボットのアーキテクチャーを選択します。

  6. []AWS IoT Greengrass グループのデフォルト[] で、新規作成AWS IoT Greengrass グループを新しい AWS IoT Greengrass グループを作成します。必要に応じて、既存の AWS IoT Greengrass グループを選択できます。各ロボットに独自の AWS IoT Greengrass グループが必要です。

    既存の AWS IoT Greengrass グループを使用する場合は、このグループに IAM ロールが関連付けられている必要があります。ロールを作成するには、「デプロイロールを作成する」を参照してください。

  7. 必要に応じて、[Greengrass prefix (Greengrass のプレフィックス)] を変更します。この文字列は、AWS IoT Greengrass オブジェクトの先頭に追加されます。

  8. [] を選択します。IAM ロールを使用して、ロボット用に作成した AWS IoT Greengrass グループに割り当てます。AWS IoT Greengrass に Amazon S3 のロボットアプリケーションにアクセスし、AWS RoboMaker から更新ステータスを読み取るアクセス許可を付与します。

  9. 必要に応じて、[タグ] で、ロボット用に 1 つ以上のタグを指定します。タグとは、AWS リソースを識別および整理するためのメタデータとして使用される単語やフレーズのことです。各タグは、キーと値から構成されます。ロボットのタグは、[ロボットの詳細] ページで管理できます。

    ロボットアプリケーションのデプロイ時に、タグをロボットに環境変数として入力できます。タグには、英数字またはアンダースコア文字のみを含める必要があります。環境変数名は AWS_ROBOMAKER_ROBOT_TAG_KEY_TAGKEY としてフォーマットされます。ここで TAGKEY はタグキーです。タグ値は、環境変数の値になります。

    タグ付けの詳細については、AWS RoboMaker リソースのタグ付け を参照してください。

  10. [Create] を選択します。

  11. [Download your Core device (Core デバイスのダウンロード)] ページで [Download (ダウンロード)] を選択し、ロボットのセキュリティリソースをダウンロードして保存します。

  12. 物理ロボットのアーキテクチャと一致する AWS IoT Greengrass コアソフトウェアをダウンロードします。AWS IoT Greengrass コアソフトウェアを設定および実行するには、モジュール 1: Greengrass の環境設定。次に、「コアデバイスで AWS Greengrass を起動する」のステップに従います。

    お使いのデバイスが AWS IoT Greengrass をサポートしていることを確認する方法の詳細については、」https://docs.aws.amazon.com/greengrass/latest/developerguide/device-tester-for-greengrass-ug.htmlAWS IoT Device AWS IoT Greengrass ester

    次のコマンドを使用してセキュリティリソースを解凍します。

    $ sudo unzip RobotName-setup.zip -d /greengrass