ドメインの表示と編集 - Amazon SageMaker

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ドメインの表示と編集

このトピックでは、Amazon SageMaker ドメインのリストの表示、ドメインの詳細の表示、Amazon SageMaker コンソールまたは AWS Command Line Interface () からのドメイン設定の編集方法について説明しますAWS CLI。

ドメインの表示

次のセクションでは、 SageMaker コンソールまたは からドメインのリストと個々のドメインの詳細を表示する方法を示します AWS CLI。

コンソール

コンソールのドメイン概要ページには、ドメインの構造に関する情報と、ドメインのリストが表示されます。ページのドメイン構造図は、ドメインコンポーネントと、それらが相互にどのように相互作用するかを示しています。

次の手順は、コンソールから SageMakerドメインのリストを表示する方法を示しています。

  1. https://console.aws.amazon.com/sagemaker/ で Amazon SageMaker コンソールを開きます。

  2. 左のナビゲーションペインで、[管理設定‭] を選択します。

  3. 管理者設定 で、ドメイン を選択します。

ドメインの詳細を表示するには、次の手順を実行します。このページには、ドメインの名前、ドメイン ID、ドメインの作成に使用される実行ロール、ドメインの認証方法など、ドメインの一般的な設定に関する情報が表示されます。 

  1. ドメインのリストから、ドメイン設定ページを開くドメインを選択します。

  2. ドメインの詳細ページで、ドメイン設定タブを選択します。

AWS CLI

ローカルマシンのターミナルから次のコマンドを実行して、 のドメインのリストを表示します AWS CLI。

aws sagemaker list-domains --region region

ドメイン設定の編集

ドメインの設定は、 SageMaker コンソールまたは から編集できます AWS CLI。ドメインの設定を更新する場合、次の考慮事項が適用されます。

  • DefaultUserSettingsDefaultSpaceSettings が設定されている場合、設定を解除することはできません。

  • DefaultUserSettings.ExecutionRole は、ドメイン内のユーザープロファイルで実行されているアプリケーションがない場合にのみ更新できます。この値は設定解除できません。

  • DefaultSpaceSettings.ExecutionRole は、ドメイン内の共有スペースで実行されているアプリケーションがない場合にのみ更新できます。この値は設定解除できません。

  • ドメインが VPC 専用モードで作成された場合、 SageMaker はドメインに定義されたセキュリティグループ設定に、ドメインで作成されたすべての共有スペースに更新を自動的に適用します。

  • DomainId および は編集DomainNameできません。

次のセクションでは、 SageMaker コンソールまたは からドメイン設定を編集する方法を示します AWS CLI。

コンソール

次の手順を使用して、 SageMaker コンソールからドメインを編集できます。

  1. https://console.aws.amazon.com/sagemaker/ で Amazon SageMaker コンソールを開きます。

  2. 左のナビゲーションペインで、[管理設定‭] を選択します。

  3. 管理者設定 で、ドメイン を選択します。

  4. ドメインのリストから、ドメイン設定ページを開くドメインを選択します。

  5. ドメインの詳細ページで、適切なタブを選択してドメインの詳細を設定および管理できます。

  6. 一般設定を構成するには、ドメインの詳細ページでドメイン設定タブを選択し、編集を選択します

AWS CLI

ローカルマシンのターミナルから次のコマンドを実行して、 からドメインを更新します AWS CLI。の構造の詳細については、default-user-settings「」を参照してくださいCreateDomain

aws sagemaker update-domain \ --domain-id domain-id \ --default-user-settings default-user-settings \ --default-space-settings default-space-settings \ --domain-settings-for-update settings-for-update \ --region region