IAM を使用して Amazon SageMaker スタジオにオンボーディング - Amazon SageMaker

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

IAM を使用して Amazon SageMaker スタジオにオンボーディング

このトピックでは、の標準セットアップ手順を使用して Amazon SageMaker Studio にオンボードする方法について説明します。AWS Identity and Access Management(IAM) 認証です。IAM を使用して迅速にオンボードするには、「」を参照してください。クイックスタートを使用してオンボードする

AWS Single Sign-On (AWS SSO) を使用してオンボードする方法については、「SSO を使用してオンボードする」を参照してください。

IAM を使用して Studio にオンボードするには

  1. を開くSageMaker コンソール

  2. 選択Amazon SageMaker Studio におけるページの左上にある。

  3. リポジトリの []SageMaker Studioページの開始方法] で、標準セットアップ

  4. を使用する場合認証方法] で、AWSIdentity and Access Management (IAM)

  5. [アクセス許可 (Permission)] の [Execution role for all users (すべてのユーザーの実行ロール)] で、ロールセレクターからオプションを選択します。

    を選択すると、カスタム IAM ロールの ARN の入力ロールを引き受ける SageMaker アクセス許可を付与する、ロールには少なくとも、ロールに引き受ける信頼ポリシーが必要です。詳細については、「SageMaker ロール」を参照してください。

    [新しいロールの作成] を選択する場合は、[IAM ロールを作成する] ダイアログボックスが開きます。

    1. [指定する S3 バケット] で、ノートブックのユーザーがアクセスできる追加の S3 バケットを指定します。アクセスできるバケットを追加しない場合は、[なし] を選択します。

    2. [ロールの作成] を選択します。SageMaker は新しい IAM を作成しますAmazonSageMaker-ExecutionPolicyロールをAmazonSageMakerFullAccessでポリシーをアタッチします。

  6. を使用する場合プロジェクト「」を参照してください。プロジェクトを使用するために必要なSageMaker Studioの権限

  7. []ネットワークおよびストレージ[] で、以下を指定します。

    • VPC 情報 — 詳細については、「」を参照してください。Choose a VPC

    • (オプション)ストレージ暗号化キー— SageMaker はAWS KMS keyAmazon Elastic File System (Amazon EFS) と Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) のファイルシステムを暗号化します。デフォルトでは、これはAWS マネージドキー。カスタマー管理キーを使用するには、キー ID または Amazon リソースネーム (ARN) を入力します。詳細については、「暗号化を使用して保管時のデータを保護する」を参照してください。

  8. [Submit] を選択します。

    リポジトリの []Amazon SageMaker Studio コントロールパネルStudio の概要、待機しますステータスをに変更する準備完了ユーザーの追加ボタンが有効になります。

  9. [Add user] を選択します。

  10. [Add user (ユーザーの追加)] ページで、デフォルトの名前をそのまま使用するか、新しい名前を作成します。名前は最大 63 文字です。有効な文字: A~9、0~9、-(ハイフン) です。

    [Execution role (実行ロール)] で、ロールセレクターからオプションを選択します。

  11. [Submit] を選択します。-Amazon SageMaker Studio コントロールパネル新しいユーザーが表示された状態で、が開きます。[Delete user (ユーザーの削除)] ボタンと [Open Studio (Studio を開く)] リンクの両方が有効になります。

  12. さらにユーザーを追加するには、手順 7 から手順 9 を繰り返します。

    複数のユーザーがリストされる場合、ユーザーリスト内のどのユーザーも選択されていない状態で表示されます。ユーザーを選択すると、[Delete user (ユーザーの削除)] ボタンとそのユーザーの [Open Studio (Studio を開く)] リンクが有効になります。

  13. [Open Studio (Studio を開く)] を選択します。-Amazon SageMaker Studioページの表示をロードします。

    SageMaker Studio が開いたら、使用を開始できます。

これで SageMaker Studio へのオンボードは完了です。以降の Studio へのアクセスには、次の手順を使用します。

オンボード後に Studio にアクセスする

  1. を開くSageMaker コンソール

  2. 選択Amazon SageMaker Studioページの左上にある。

  3. リポジトリの []Amazon SageMaker Studio コントロールパネルで、ユーザー名を選択して、[オープンスタジオ

SageMaker Studio の使用の詳細については、「」を参照してください。SageMaker Studio