API を介したカスタムワークフロー - Amazon SageMaker

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

API を介したカスタムワークフロー

カスタム UI テンプレート (ステップ 2) と Lambda 関数の処理 (ステップ 3) を作成したときに、ファイル名形式が <FileName>.liquid.html のテンプレートをAmazon S3 バケットに配置する必要があります。

CreateLabelingJob アクションを使用してタスクを設定します。S3 の <filename>.liquid.html ファイルに保存されたカスタムテンプレート (「ステップ 2: カスタムワーカータスクテンプレートの作成」) の場所を、HumanTaskConfig オブジェクト内の UiConfig オブジェクトにある UiTemplateS3Uri フィールドの値として使用します。

ステップ 3: を使用した処理AWS Lambda」で説明されている AWS Lambda タスクでは、注釈後タスクの ARN が AnnotationConsolidationLambdaArn フィールドの値として使用され、注釈前タスクは PreHumanTaskLambdaArn. の値として使用されます。