crowd-semantic-segmentation - アマゾン SageMaker

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

crowd-semantic-segmentation

イメージをセグメント化して、各イメージセグメントにラベルを割り当てるためのウィジェット。

この Crowd HTML 要素を使用する HTML テンプレートのインタラクティブな例については、「CodePen」を参照してください。

<crowd-semantic-segmentation> 要素を使用する Liquid テンプレートの例を次に示します。次のコードをコピーし、拡張子 .html でファイルに保存します。任意のブラウザでファイルを開き、このテンプレートをプレビューして操作します。

<script src="https://assets.crowd.aws/crowd-html-elements.js"></script> <crowd-form> <crowd-semantic-segmentation name="annotatedResult" src="{{ task.input.taskObject | grant_read_access }}" header="Please label each of the requested objects in this image" labels="['Cat', 'Dog', 'Bird']" > <full-instructions header="Segmentation Instructions"> <ol> <li><strong>Read</strong> the task carefully and inspect the image.</li> <li><strong>Read</strong> the options and review the examples provided to understand more about the labels.</li> <li><strong>Choose</strong> the appropriate label that best suits the image.</li> </ol> </full-instructions> <short-instructions> <p>Use the tools to label the requested items in the image</p> </short-instructions> </crowd-semantic-segmentation> </crowd-form>

属性

次の属性が、この要素でサポートされています。

ヘッダー

イメージの上に表示するテキスト。これは通常、ワーカーへの質問や簡単な手順になります。

initial-value

前のセマンティックセグメンテーションジョブのカラーマッピングと、前のジョブによって出力されるオーバーレイイメージへのリンクを含む JSON オブジェクト。これは、人間のワーカーが前のラベル付けジョブの結果を検証し、必要に応じて調整する場合に含めます。

属性は次のように表示されます。

initial-value='{ "labelMappings": { "Bird": { "color": "#ff7f0e" }, "Cat": { "color": "#2ca02c" }, "Cow": { "color": "#d62728" }, "Dog": { "color": "#1f77b4" } }, "src": {{ "S3 file URL for image" | grant_read_access }} }'

Ground Truth を使用する場合、組み込みタスクタイプ注釈統合(複数のワーカーが 1 つのイメージにラベルを付ける場合)、ラベルマッピングは個々のワーカー出力レコードに含まれますが、全体的な結果は統合された結果で internal-color-map として表示されます。

Liquid テンプレート言語を使用して、カスタムテンプレートで internal-color-maplabel-mappings に変換できます。

initial-value="{ 'src' : '{{ task.input.manifestLine.label-attribute-name-from-prior-job| grant_read_access }}', 'labelMappings': { {% for box in task.input.manifestLine.label-attribute-name-from-prior-job-metadata.internal-color-map %} {% if box[1]['class-name'] != 'BACKGROUND' %} {{ box[1]['class-name'] | to_json }}: { 'color': {{ box[1]['hex-color'] | to_json }} }, {% endif %} {% endfor %} } }"

labels

文字列の JSON 形式の配列であり、各文字列は、ワーカーがイメージのセグメントに割り当てることのできるラベルです。

name

このウィジェットの名前。これは、フォーム出力でウィジェットの入力用のキーとして使用されます。

src

セグメント化するイメージの URL。

要素の階層

この要素には、以下の親および子要素があります。

リージョン

この要素では、次のリージョンがサポートされています。

full-instructions

イメージセグメンテーションを実行する方法についての一般的な手順。

short-instructions

目立つ場所に表示されるタスク固有の重要な手順。

出力

次の出力が、この要素でサポートされています。

labeledImage

Base64 でエンコードされた、ラベルの PNG が含まれている JSON オブジェクト。

labelMappings

セグメンテーションラベルを使用して名前が付けられたオブジェクトを含んでいる JSON オブジェクト。

  • color - labeledImage PNG におけるラベルの RGB 色の 16 進値。

initialValueModified

初期値が変更されたかどうかを表すブール値。これは、出力が調整タスクからのものである場合にのみ含まれます。

inputImageProperties

ワーカーによって注釈が付けられているイメージのディメンションを指定する JSON オブジェクト。このオブジェクトには、以下のプロパティが含まれています。

  • height - イメージの高さ (ピクセル単位)。

  • width - イメージの幅 (ピクセル単位)。

例 : 要素の出力サンプル

この要素の出力サンプルを次に示します。

[ { "annotatedResult": { "inputImageProperties": { "height": 533, "width": 800 }, "labelMappings": { "<Label 2>": { "color": "#ff7f0e" }, "<label 3>": { "color": "#2ca02c" }, "<label 1>": { "color": "#1f77b4" } }, "labeledImage": { "pngImageData": "<Base-64 Encoded Data>" } } } ]

以下の資料も参照してください。

詳細については、以下を参照してください。