JupyterLab 管理者ガイド - Amazon SageMaker

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

JupyterLab 管理者ガイド

重要

Amazon SageMaker Studio または Amazon Studio Classic に Amazon SageMaker リソースの作成を許可するカスタム IAM ポリシーでは、 SageMakerそれらのリソースにタグを追加するためのアクセス権限も付与する必要があります。Studio と Studio Classic は作成したリソースに自動的にタグを付けるため、リソースにタグを追加する権限が必要です。IAM ポリシーで Studio と Studio Classic によるリソースの作成は許可されているが、タグ付けは許可されていない場合、リソースを作成しようとしたときに AccessDenied "" エラーが発生する可能性があります。詳細については、「リソースにタグ付け SageMakerするためのアクセス許可を提供する」を参照してください。

AWS Amazon の マネージドポリシー SageMaker SageMaker リソースを作成する権限を付与するものには、リソースの作成時にタグを追加する権限が既に含まれています。

この管理者向けガイドでは、Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) や Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) SageMaker JupyterLab などのリソースについて説明しています。トピックでは、ユーザーアクセスを提供し、ストレージサイズを変更する方法も示しています。

SageMaker JupyterLab スペースは次のリソースで構成されています。

  • コードや環境変数などのすべてのデータを格納する個別の Amazon EBS ボリューム。

  • スペースの運営に使用された Amazon EC2 インスタンス。

  • 実行に使用されたイメージ JupyterLab。

注記

アプリケーションは他のアプリケーションの EBS ボリュームにはアクセスできません。たとえば、Code-OSS ベースのコードエディター、Visual Studio Code-Open Source は、の EBS ボリュームにアクセスできません。 JupyterLabEBS ボリュームの詳細については、「Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS)」を参照してください。

Amazon SageMaker API を使用して次のことを実行できます。

  • ユーザーの EBS ボリュームのデフォルトストレージサイズを変更します。

  • EBS ストレージの最大サイズを変更します。

  • アプリケーションのユーザー設定を指定します。たとえば、ユーザーがカスタムイメージを使用するか、コードリポジトリを使用するかを指定できます。

  • サポートアプリケーションの種類を指定します。

Amazon EBS ボリュームのデフォルトサイズは 5 GB です。ボリュームサイズは最大 16,384 GB まで増やすことができます。何もしなければ、ユーザーはボリュームサイズを 100 GB まで増やすことができます。ボリュームサイズは 6 時間以内に 1 回だけ変更できます。

JupyterLab アプリケーションに関連付けられたカーネルは、実行されているのと同じ Amazon EC2 インスタンス上で実行されます JupyterLab。スペースを作成すると、 SageMaker 最新バージョンのディストリビューションイメージがデフォルトで使用されます。 SageMaker 配布イメージの詳細については、を参照してくださいSageMaker ディストリビューションイメージ

重要

SageMaker 最新バージョンの配布イメージを使用するようにスペースを更新する方法については、を参照してください SageMaker ディストリビューションイメージの更新

以下のセクションでは、管理者として実行する必要がある設定について説明します。