AWS Cloud9 を AWS SDK for JavaScript に使用する - AWS SDK for JavaScript

AWS SDK for JavaScript バージョン 3 (v3) は、モジュラーアーキテクチャを含むいくつかの素晴らしい新機能を備えた v2 の書き換えです。詳細については、AWS SDK for JavaScript v3 デベロッパーガイドを参照してください。

AWS Cloud9 を AWS SDK for JavaScript に使用する

AWS SDK for JavaScript とともに AWS Cloud9 を使用して、ブラウザコードで JavaScript を記述および実行するだけでなく、ブラウザのみを使用して Node.js コードを記述、実行、デバッグすることもできます。AWS Cloud9 には、コードエディタ、ターミナル、Node.js コード用のデバッガーなどのツールが含まれています。AWS Cloud9 IDE はクラウドベースであるため、インターネットに接続されたマシンを使用して、オフィス、自宅、その他どこからでもプロジェクトに取り組むことができます。AWS Cloud9 に関する一般的な情報については、「AWS Cloud9ユーザーガイド」を参照してください。

以下の手順にしたがって SDK for JavaScript で AWS Cloud9 をセットアップします。

ステップ 1: AWS を使用するために AWS Cloud9 アカウントをセットアップする

AWS Cloud9 の使用を開始するには、AWS Cloud9 のアクセス権限を持つ AWS アカウントの AWS Identity and Access Management (IAM) エンティティ (例: IAM ユーザー) として AWS Cloud9 コンソールにサインインします。

AWS Cloud9 にアクセスして AWS Cloud9 コンソールにサインインするように AWS アカウントで IAM エンティティをセットアップするには、AWS Cloud9ユーザーガイドの「AWS Cloud9 のチームのセットアップ」を参照してください。

ステップ 2: AWS Cloud9 開発環境をセットアップする

AWS Cloud9 コンソールにサインインしたら、コンソールを使用して AWS Cloud9 開発環境を作成します。環境を作成すると、その環境の AWS Cloud9 IDE が表示されます。

詳細については、AWS Cloud9ユーザーガイドの「AWS Cloud9 での環境の作成」を参照してください。

注記

コンソールで始めて環境を作成する際に、[Create a new instance for environment (EC2)] オプションを選択することをお勧めします。このオプションは、環境を作成し、Amazon EC2 インスタンスを起動した後、新しいインスタンスを新しい環境に接続するように AWS Cloud9 に指示します。これは、AWS Cloud9 を使用するための最も手軽な方法です。

ステップ 3: SDK for JavaScript をセットアップ

AWS Cloud9 で開発環境用の IDE を開いた後、次のいずれかまたは両方の手順に従って、IDE を使用して環境で SDK for JavaScript を設定します。

Node.js 用の SDK for JavaScript をセットアップするには

  1. IDE でターミナルが開いていない場合は開きます。これを行うには、IDE のメニューバーで、[Window (ウィンドウ)]、[New Terminal (新しいターミナル)] の順に選択します。

  2. 以下のコマンドを実行し、npm を使用して SDK for JavaScript をインストールします。

    npm install aws-sdk

    IDE が npm を見つけられない場合は、次のコマンドを一度に 1 つずつ順番に実行して、npm をインストールします。(これらのコマンドでは、このトピックで前述した [Create a new instance for environment (環境の新しいインスタンスを作成する) (EC2)] オプションを選択していることを前提としています)。

    警告

    AWS は、次のコードを制御しません。実行する前に、その信頼性と整合性を検証する必要があります。このコードの詳細については、nvm GitHub リポジトリで参照できます。

    curl -o- https://raw.githubusercontent.com/nvm-sh/nvm/v0.34.0/install.sh | bash # Download and install Node Version Manager (nvm). . ~/.bashrc # Activate nvm. nvm install node # Use nvm to install npm (and Node.js at the same time).

ブラウザで SDK for JavaScript をセットアップするには

ブラウザスクリプトで使用するために、SDK for JavaScript をインストールする必要はありません。HTML ページのスクリプトを使用して、AWS からホスティングされた SDK for JavaScript パッケージを直接ロードできます。

最新の SDK for JavaScript の圧縮または非圧縮の配布可能バージョンを、https://github.com/aws/aws-sdk-js/tree/master/dist の GitHub からダウンロードできます。

ステップ 4: サンプルコードをダウンロードする

前のステップで開いたターミナルを使用して、SDK for JavaScript のサンプルコードを AWS Cloud9 開発環境にダウンロードします。(IDE でターミナルが開いていない場合は、IDE のメニューバーで [Window (ウィンドウ)]、[New Terminal (新しいターミナル)] の順に選択してターミナルを開きます。)

コード例のダウンロードには、次のコマンドを実行します。このコマンドで、AWS SDK の公式ドキュメントで使用されているすべてのサンプルコードのコピーが、環境のルートディレクトリにダウンロードされます。

git clone https://github.com/awsdocs/aws-doc-sdk-examples.git

SDK for JavaScript のサンプルコードを見つけるには、[環境] ウィンドウを使用して ENVIRONMENT_NAME\aws-doc-sdk-examples\javascript\example_code (ENVIRONMENT_NAME は AWS Cloud9 開発環境の名前) を開きます。

これらサンプルコードや他のサンプルコードの使用方法については、「SDK for JavaScript のサンプルコード」を参照してください。

ステップ 5: サンプルコードを実行してデバッグする

AWS Cloud9 開発環境でコードを実行するには、AWS Cloud9ユーザーガイド の「コードの実行」を参照してください。

Node.js コードをデバッグするには、AWS Cloud9ユーザーガイドの「コードのデバッグ」を参照してください。