AWS SDK for JavaScript
SDK v2 開発者ガイド

Amazon SNS でのメッセージの発行


                    JavaScript code example that applies to Node.js execution

この Node.js コード例は以下を示しています。

  • Amazon SNS トピックにメッセージを発行する方法。

シナリオ

この例では、一連の Node.js モジュールを使用して Amazon SNS からトピックのエンドポイント、E メール、または電話番号にメッセージを発行します。Node.js モジュールは、SDK for JavaScript を使用して、AWS.SNS クライアントクラスのこのメソッドを使用してメッセージを送信します。

前提条件タスク

この例をセットアップして実行するには、まず次のタスクを完了する必要があります。

SNS トピックへのメッセージの発行

この例では、Node.js モジュールを使用して Amazon SNS トピックにメッセージを発行します。sns_publishtotopic.js というファイル名で Node.js モジュールを作成します。前に示したように SDK を設定します。

メッセージテキストと SNS トピックの ARN を含む、メッセージを発行するためのパラメータを含むオブジェクトを作成します。利用可能な SMS 属性の詳細については、「SetSMSAttributes」を参照してください。

AWS.SNS クライアントクラスの publish メソッドにパラメータを渡します。Amazon SNS のサービスオブジェクトを呼び出すための promise を作成し、パラメータオブジェクトを渡します。次に、promise コールバックのレスポンスを処理します。

// Load the AWS SDK for Node.js var AWS = require('aws-sdk'); // Set region AWS.config.update({region: 'REGION'}); // Create publish parameters var params = { Message: 'MESSAGE_TEXT', /* required */ TopicArn: 'TOPIC_ARN' }; // Create promise and SNS service object var publishTextPromise = new AWS.SNS({apiVersion: '2010-03-31'}).publish(params).promise(); // Handle promise's fulfilled/rejected states publishTextPromise.then( function(data) { console.log("Message ${params.Message} send sent to the topic ${params.TopicArn}"); console.log("MessageID is " + data.MessageId); }).catch( function(err) { console.error(err, err.stack); });

この例を実行するには、コマンドラインに次のように入力します。

node sns_publishtotopic.js

このサンプルコードは、GitHub で入手できます。