AWS Cloud9 を AWS SDK for JavaScript に使用する - AWS SDK for JavaScript

改善にご協力くださいAWS SDK for JavaScriptを使用してフィードバックを提供することにより、バージョン 3 (V3) のドキュメントフィードバックリンクするか、Issue またはプルリクエストをGitHub

-AWS SDK for JavaScriptV3 API リファレンスガイドでは、のすべての API 操作について詳しく説明しています。AWS SDK for JavaScriptバージョン3 (V3)。

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS Cloud9 を AWS SDK for JavaScript に使用する

AWS SDK for JavaScript とともに AWS Cloud9 を使用して、ブラウザコードで JavaScript を記述および実行するだけでなく、ブラウザのみを使用して Node.js コードを記述、実行、デバッグすることもできます。AWS Cloud9 には、コードエディタ、ターミナル、Node.js コード用のデバッガーなどのツールが含まれています。

AWS Cloud9 IDE はクラウドベースであるため、インターネットに接続されたマシンを使用して、オフィス、自宅、その他どこからでもプロジェクトに取り組むことができます。AWS Cloud9 に関する一般的な情報については、AWS Cloud9ユーザーガイドを参照してください。

次のステップでは、セットアップ方法について説明します。AWS Cloud9SDK for JavaScript との接続

ステップ 1: のセットアップAWS使用するアカウントAWS Cloud9

AWS Cloud9 の使用を開始するには、AWS Cloud9 のアクセス権限を持つ AWS アカウントの AWS Identity and Access Management (IAM) エンティティ (例: IAM ユーザー) として AWS Cloud9 コンソールにサインインします。

の IAM エンティティを設定するにはAWSアクセスするアカウントAWS Cloud9となり、にサインインするにはAWS Cloud9コンソール、「」を参照してください。のチーム設定AWS Cloud9AWS Cloud9ユーザーガイド

ステップ 2: のセットアップAWS Cloud9開発環境

AWS Cloud9 コンソールにサインインしたら、コンソールを使用して AWS Cloud9 開発環境を作成します。環境を作成すると、その環境の AWS Cloud9 IDE が表示されます。

「」を参照してください。での環境の作成AWS Cloud9AWS Cloud9ユーザーガイド詳細については、「」を参照してください。

注記

コンソールで始めて環境を作成する際に、[Create a new instance for environment (EC2)] (環境の新しいインスタンスを作成する) (EC2) オプションを選択することをお勧めします。このオプションは、環境を作成し、Amazon EC2 インスタンスを起動した後、新しいインスタンスを新しい環境に接続するように AWS Cloud9 に指示します。これは、AWS Cloud9 を使用するための最も手軽な方法です。

ステップ 3: SDK for JavaScript をセットアップする

AWS Cloud9 で開発環境用の IDE を開いた後、次のいずれかまたは両方の手順に従って、IDE を使用して環境で SDK for JavaScript を設定します。

Node.js 用の SDK for JavaScript をセットアップするには

  1. IDE でターミナルが開いていない場合は開きます。これを行うには、IDE のメニューバーで、[Window] (ウィンドウ)、[New Terminal] (新しいターミナル) の順に選択します。

  2. 以下のコマンドを実行して、npmをインストールするにはCloud9SDK for JavaScript のクライアント

    npm install @aws-sdk/client-cloud9

    IDE が見つからない場合npmの場合は、次のコマンドを一度に 1 つずつ次の順序で実行し、インストールします。npm。(これらのコマンドでは、このトピックで前述した [Create a new instance for environment (環境の新しいインスタンスを作成する) (EC2)] オプションを選択していることを前提としています)。

    警告

    AWS は、次のコードを制御しません。実行する前に、その信頼性と整合性を検証する必要があります。このコードの詳細については、「」を参照してください。nvm(ノードバージョンマネージャ) GitHub リポジトリ。

    curl -o- https://raw.githubusercontent.com/nvm-sh/nvm/v0.34.0/install.sh | bash # Download and install Node Version Manager (nvm). . ~/.bashrc # Activate nvm. nvm install node # Use nvm to install npm (and Node.js at the same time).

ブラウザで SDK for JavaScript をセットアップするには

HTML ページで JavaScript 用 SDK を使用するには、WebPack を使用して、必要なクライアントモジュールと必要なすべてのJavaScript関数を単一の JavaScript ファイルにバンドルし、スクリプトタグに追加します。<head>HTML ページのうち。以下はその例です。

<script src=./main.js></script>
注記

Webpack の詳細については、「」を参照してください。Webpack によるアプリケーションのバンドル

ステップ 4: サンプルコードのダウンロード

前のステップで開いたターミナルを使用して、SDK for JavaScript のサンプルコードを AWS Cloud9 開発環境にダウンロードします。(IDE でターミナルが開いていない場合は、IDE のメニューバーで [WindowWindow] (ウィンドウ)、[New Terminal] (新しいターミナル) の順に選択してターミナルを開きます。)

コード例のダウンロードには、次のコマンドを実行します。このコマンドで、AWS SDK の公式ドキュメントで使用されているすべてのサンプルコードのコピーが、環境のルートディレクトリにダウンロードされます。

git clone https://github.com/awsdocs/aws-doc-sdk-examples.git

SDK for JavaScript のサンプルコードを検索するには、[環境] ウィンドウを使用して ENVIRONMENT_NAME\aws-doc-sdk-examples\javascriptv3\example_code/src (ENVIRONMENT_NAME は AWS Cloud9 開発環境の名前) を開きます。

これらのコード例や他のコード例の使用方法については、「」を参照してください。SDK for JavaScript のコード例

ステップ 5: サンプルコード例の実行およびデバッグ

でコードを実行するにはAWS Cloud9開発環境、「」を参照してください。コードを実行するAWS Cloud9ユーザーガイド

Node.js コードをデバッグするには、を参照してください。コードをデバッグするAWS Cloud9ユーザーガイド