を使用するAWS Cloud9とAWS SDK for PHPバージョン 3 - AWS SDK for PHP

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

を使用するAWS Cloud9とAWS SDK for PHPバージョン 3

AWS SDK for PHP バージョン 3 で AWS Cloud9 を使用すると、ブラウザだけで PHP コードを記述、実行、デバッグすることができます。 AWS Cloud9 には、コードエディタ、デバッガー、ターミナルなどのツールが含まれています。AWS Cloud9 IDE はクラウドベースであるため、インターネットに接続されたマシンを使用して、オフィス、自宅、その他どこからでもプロジェクトに取り組むことができます。AWS Cloud9 に関する一般的な情報については、AWS Cloud9ユーザーガイドを参照してください。

以下の手順に従って AWS SDK for PHP で AWS Cloud9 を設定してください。

ステップ 1: セットアップするAWS使用するアカウントAWS Cloud9

AWS Cloud9 の使用を開始するには、AWS Cloud9 のアクセス権限を持つ AWS アカウントの AWS Identity and Access Management (IAM) エンティティ (例: IAM ユーザー) として AWS Cloud9 コンソールにサインインします。

AWS Cloud9 にアクセスして AWS Cloud9 コンソールにサインインするように AWS アカウントで IAM エンティティをセットアップするには、AWS Cloud9ユーザーガイドAWS Cloud9 のチームのセットアップを参照してください。

ステップ 2: セットアップするAWS Cloud9開発環境

AWS Cloud9 コンソールにサインインしたら、コンソールを使用して AWS Cloud9 開発環境を作成します。環境を作成すると、その環境の AWS Cloud9 IDE が表示されます。

詳細については、AWS Cloud9ユーザーガイドAWS Cloud9 での環境の作成を参照してください。

注記

コンソールで始めて環境を作成する際に、[Create a new instance for environment (EC2)] (環境の新しいインスタンスを作成する) (EC2) オプションを選択することをお勧めします。このオプションは、環境を作成し、Amazon EC2 インスタンスを起動した後、新しいインスタンスを新しい環境に接続するように AWS Cloud9 に指示します。これは、AWS Cloud9 を使用するための最も手軽な方法です。

ステップ 3: AWS SDK for PHP をセットアップする

AWS Cloud9 が開発環境の IDE を開いたら、IDE を使用して、以下のように環境内で AWS SDK for PHP を設定します。

  1. IDE でターミナルが開いていない場合は開きます。IDE のメニューバーで、[Window]、[New Terminal] の順に選択します。

  2. 次のコマンドを実行して AWS SDK for PHP をインストールします。

    curl -sS https://getcomposer.org/installer | php php composer.phar require aws/aws-sdk-php

IDE で PHP が見つからない場合は、次のコマンドを実行してインストールします。(このコマンドでは、前述の [Create a new instance for environment (EC2)] オプションを選択していることを前提としています)。

sudo yum -y install php56

ステップ 4: コード例のダウンロード

前のステップで開いたターミナルを使用して、AWS SDK for PHP のコード例を AWS Cloud9 開発環境にダウンロードします。

これを行うには、次のコマンドを実行します。このコマンドで、AWS SDK の公式ドキュメントで使用されているすべてのサンプルコードのコピーが、環境のルートディレクトリにダウンロードされます。

git clone https://github.com/awsdocs/aws-doc-sdk-examples.git

AWS SDK for PHP のコード例を見つけるには、[環境] ウィンドウを使用して ENVIRONMENT_NAMEaws-doc-sdk-examplesphpexample_code ディレクトリ (ENVIRONMENT_NAME は開発環境の名前) を開きます。

これらのコード例や他のコード例の使用方法については、「コードの例」を参照してください。

ステップ 5: サンプルコードを実行してデバッグする

AWS Cloud9 開発環境でコードを実行するには、AWS Cloud9ユーザーガイドコードの実行を参照してください。

コードをデバッグするには、を参照してください。コードをデバッグするAWS Cloud9ユーザーガイド