でのアカウント固有の AWS Elemental MediaConvert のアカウント固有のエンドポイントの取得AWSSDK for PHP バージョン 3 - AWSSDK for PHP

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

でのアカウント固有の AWS Elemental MediaConvert のアカウント固有のエンドポイントの取得AWSSDK for PHP バージョン 3

この例では、使用してAWSSDK for PHP バージョン 3 を使用して AWS Elemental MediaConvert を呼び出し、アカウント固有のエンドポイントを取得します。エンドポイント URL はサービスのデフォルトエンドポイントから取得できるため、アカウント固有のエンドポイントはまだ必要ありません。

以下の例では、次の方法を示しています。

  • DescribeEndpoints を使用してアカウント固有のエンドポイントを取得する。

用のすべてのサンプルコードはAWSSDK for PHP バージョン 3 が利用可能GitHub で

Credentials

サンプルコードを実行する前に、AWSの認証情報をに付与します。の認証情報AWSSDK for PHP バージョン 3。次にをインポートします。AWSSDK for PHP (の基本的な使用パターンAWSSDK for PHP バージョン 3

MediaConvert クライアントにアクセスするには IAM ロールを作成します。このロールにより、入力ファイルへのアクセス権と出力ファイルの保存先の Amazon S3 バケットへのアクセス権を AWS Elemental MediaConvert に付与します。詳細については、「IAM アクセス許可の設定」 (AWS Elemental MediaConvert ユーザーガイド) を参照してください。

エンドポイントの取得

AWS.MediaConvert クライアントクラスの describeEndpoints メソッドで空のリクエストパラメータを渡すためのオブジェクトを作成します。describeEndpoints メソッドを呼び出すには、AWS Elemental MediaConvert サービスオブジェクトを呼び出すための promise を作成し、パラメータを渡します。promise コールバックのレスポンスを処理します。

インポート

require 'vendor/autoload.php'; use Aws\MediaConvert\MediaConvertClient; use Aws\Exception\AwsException;

サンプルコード

エンドポイントを取得するリージョンを定義し、MediaConvert クライアントオブジェクトを作成します。

$client = new Aws\MediaConvert\MediaConvertClient([ 'profile' => 'default', 'version' => '2017-08-29', 'region' => 'us-east-2' ]); //retrieve endpoint try { $result = $client->describeEndpoints([]); } catch (AwsException $e) { // output error message if fails echo $e->getMessage(); echo "\n"; }

describeEndpoints メソッドを呼び出してエンドポイントを取得し、エンドポイントの URL を保存します。

$single_endpoint_url = $result['Endpoints'][0]['Url']; print("Your endpoint is " . $single_endpoint_url); //Create an AWSMediaConvert client object with the endpoint URL that you retrieved: $mediaConvertClient = new MediaConvertClient([ 'version' => '2017-08-29', 'region' => 'us-east-2', 'profile' => 'default', 'endpoint' => $single_endpoint_url ]);