AWS SDK for PHP
開発者ガイド

AWS SDK for PHP バージョン 3 の要件と推奨事項

AWS SDK for PHP で最良の結果を得るには、使用する環境で以下の要件と推奨事項がサポートされていることを確認します。

要件

AWS SDK for PHP を使用するには、PHP バージョン 5.5.0 以降を使用する必要があります。Amazon CloudWatch のプライベート URL に署名する必要がある場合は、OpenSSL PHP 拡張機能も必要です。

ベストプラクティス

最小要件に加えて、以下をインストール、アンインストール、および使用することもお勧めします。

cURL 7.16.2 以降をインストールする

OpenSSL/NSS および zlib でコンパイルされている最新バージョンの cURL を使用します。cURL がシステムにインストールされていなくて、クライアント用のカスタム http_handler を設定していない場合、SDK では PHP ストリームラッパーが使用されます。

OPCache を使用する

OPcache 拡張機能を使用して、事前コンパイルされたスクリプトバイトコードを共有メモリに格納することによって、PHP のパフォーマンスが向上します。そうすることにより、各リクエストに対して PHP がスクリプトをロードして解析する必要がなくなります。この拡張機能は、通常はデフォルトで有効になっています。

Amazon Linux を実行している場合に OPCache 拡張機能を使用するには、php56-opcache または php55-opcache の yum パッケージをインストールする必要があります。

Xdebug をアンインストールする

Xdebug はパフォーマンスのボトルネックの特定に役立ちます。ただし、パフォーマンスを重視するアプリケーションの場合は、本稼働環境に Xdebug 拡張機能をインストールしないでください。この拡張機能をロードすると、SDK のパフォーマンスが大幅に低下します。

Composer の classmap 自動ローダーを使用する

自動ローダーは、PHP スクリプトで必要になったときにクラスをロードします。Composer は、アプリケーションの PHP スクリプトおよびアプリケーションで必要な他のすべての PHP スクリプト (AWS SDK for PHP を含む) を自動ロードできる自動ローダーを生成します。

本稼働環境では、自動ローダーのパフォーマンスを向上させるために classmap 自動ローダーを使用することをお勧めします。classmap 自動ローダーは、Composer のインストールコマンドに -o または ==optimize-autoloader オプションを渡すことによって生成できます。

互換性テスト

SDK に付属している compatibility-test.php ファイルを実行して、使用するシステムで SDK を実行できることを確認します。互換性テストでは、SDK の最小システム要件を満たしていることだけでなく、オプションの設定もチェックされ、パフォーマンスを向上させるのに役立つ推奨事項が提示されます。互換性テストでは、コマンドラインまたはウェブブラウザのいずれかに結果が出力されます。テスト結果をブラウザで確認する場合、成功したチェックは緑色で、警告は紫色で、失敗は赤色で表示されます。コマンドラインで実行した場合は、項目ごとのチェック結果が個別の行に出力されます。

SDK に関する問題がレポートされている場合は、互換性テストの結果を共有すると、根本的な原因の特定に役立ちます。