環境変数からの認証情報の使用 - AWS SDK for PHP

環境変数からの認証情報の使用

環境変数に認証情報を含めることで、AWS シークレットアクセスキーを誤って共有することを回避できます。本番稼働用ファイルで AWS アクセスキーを直接クライアントに追加することは絶対に避けてください。多くの開発者のアカウントがキーの漏洩によって侵害されています。

Amazon Web Services に対して認証する場合、SDK が最初に認証情報をチェックする場所はユーザーの環境変数です。SDK は getenv() 関数を使用して、環境変数の AWS_ACCESS_KEY_IDAWS_SECRET_ACCESS_KEY、および AWS_SESSION_TOKEN を探します。これらの認証情報は、環境の認証情報と呼ばれます。

AWS Elastic Beanstalk でアプリケーションをホストしている場合は、AWS Elastic Beanstalk コンソールを通じて AWS_ACCESS_KEY_IDAWS_SECRET_KEY の環境変数を設定することで、これらの認証情報を SDK で自動的に使用できます。

これらの環境変数は、次に示すように、コマンドラインで設定することもできます。

Linux

$ export AWS_ACCESS_KEY_ID=AKIAIOSFODNN7EXAMPLE # The access key for your AWS account. $ export AWS_SECRET_ACCESS_KEY=wJalrXUtnFEMI/K7MDENG/bPxRfiCYEXAMPLEKEY # The secret access key for your AWS account. $ export AWS_SESSION_TOKEN=AQoDYXdzEJr...<remainder of security token> # The session key for your AWS account. This is needed only when you are using temporary credentials. # The AWS_SECURITY_TOKEN environment variable can also be used, but is only supported for backward compatibility purposes. # AWS_SESSION_TOKEN is supported by multiple AWS SDKs other than PHP.

Windows

C:\> SET AWS_ACCESS_KEY_ID=AKIAIOSFODNN7EXAMPLE # The access key for your AWS account. C:\> SET AWS_SECRET_ACCESS_KEY=wJalrXUtnFEMI/K7MDENG/bPxRfiCYEXAMPLEKEY # The secret access key for your AWS account. C:\> SET AWS_SESSION_TOKEN=AQoDYXdzEJr...<remainder of security token> # The session key for your AWS account. This is needed only when you are using temporary credentials. # The AWS_SECURITY_TOKEN environment variable can also be used, but is only supported for backward compatibility purposes. # AWS_SESSION_TOKEN is supported by multiple AWS SDKs besides PHP.