S3 アクセスポイントの ARN の使用AWSSDK for PHP バージョン 3 - AWSSDK for PHP

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

S3 アクセスポイントの ARN の使用AWSSDK for PHP バージョン 3

S3 では、S3 バケットと対話する新しい方法であるアクセスポイントが導入されました。アクセスポイントには、バケットに直接ではなく、一意のポリシーと設定を適用できます。-AWSSDK for PHP では、バケット名を明示的に指定するのではなく、バケットフィールドでアクセスポイントの ARN を API オペレーションに使用できます。S3 アクセスポイントと ARN の仕組みの詳細については、以下を参照してくださいここ:。以下の例では、次の方法を示しています。

  • GetObject をアクセスポイントの ARN とともに使用して、バケットからオブジェクトを取得します。

  • バケットにオブジェクトを追加するには、アクセスポイントの ARN とともに PutObject を使用します。

  • クライアントリージョンの代わりに ARN リージョンを使用するように S3 クライアントを設定します。

用のすべてのサンプルコードはAWSSDK for PHP バージョン 3 で入手できますGitHub で

Credentials

サンプルコードを実行する前に、AWS「」の説明に従って、の認証情報を指定します。の認証情報AWSSDK for PHP バージョン 3。次にをインポートします。AWSSDK for PHP (を参照)。の基本的な使用パターンAWSSDK for PHP バージョン 3

インポート

require 'vendor/autoload.php'; use Aws\S3\S3Client; use Aws\Exception\AwsException;

Get Object

まず AWS S3 クライアントサービスを作成します。AWSリージョンとバージョン。次に、キーと Bucket フィールドの S3 アクセスポイントの ARN を指定して getObject メソッドを呼び出します。これにより、そのアクセスポイントに関連付けられたバケットからオブジェクトが取得されます。

サンプルコード

$s3 = new S3Client([ 'version' => 'latest', 'region' => 'us-west-2', ]); $result = $s3->getObject([ 'Bucket' => 'arn:aws:s3:us-west-2:123456789012:accesspoint:endpoint-name', 'Key' => 'MyKey' ]);

バケットにオブジェクトを配置する

まず AWS S3 クライアントサービスを作成します。AWSリージョンとバージョン。次に、必要なキー、本文やソースファイル、および Bucket フィールドに S3 アクセスポイントの ARN を指定して putObject メソッドを呼び出します。これにより、そのアクセスポイントに関連付けられたバケットにオブジェクトが格納されます。

サンプルコード

$s3 = new S3Client([ 'version' => 'latest', 'region' => 'us-west-2', ]); $result = $s3->putObject([ 'Bucket' => 'arn:aws:s3:us-west-2:123456789012:accesspoint:endpoint-name', 'Key' => 'MyKey', 'Body' => 'MyBody' ]);

クライアントリージョンの代わりに ARN リージョンを使用するように S3 クライアントを設定する

S3 クライアントオペレーションで S3 アクセスポイント の ARN を使用する場合、デフォルトでは、クライアントは ARN リージョンがクライアントリージョンと一致していることを確認し、一致していない場合は例外をスローします。この動作は、use_arn_region 設定オプションを true に設定することで、クライアントリージョン上で ARN リージョンを受け入れるように変更できます。デフォルトでは、オプションは false に設定されています。

サンプルコード

$s3 = new S3Client([ 'version' => 'latest', 'region' => 'us-west-2', 'use_arn_region' => true ]);

クライアントは、環境変数と Config ファイルオプションも次の優先順位でチェックします。

  1. 上記の例のような、use_arn_region クライアントオプション。

  2. 環境変数 AWS_S3_USE_ARN_REGION

export AWS_S3_USE_ARN_REGION=true
  1. config 変数s3_use_arn_regionのAWS共有設定ファイル (デフォルトでは~/.aws/config).

[default] s3_use_arn_region = true