AWS Secrets Manager のクォータ - AWS Secrets Manager

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

AWS Secrets Manager のクォータ

このセクションでは、AWS Secrets Manager のクォータを指定します。

サービスエンドポイントの詳細については、「 エンドポイントとクォータ」を参照してください。これには、リージョンのサービスエンドポイントが含まれます。AWS Secrets Managerアカウント内の複数のリージョン (米国東部 (バージニア北部) リージョン、米国西部 (北カリフォルニア) リージョン など) を操作することができ、各クォータは各リージョンに固有です。

名前の制限

AWS Secrets Manager には、シークレットの名前を含め、作成する名前に関する次の制限があります。

  • シークレット名は、Unicode 文字を使用する必要があります。

  • シークレット名は 512 文字を超えることはできません。

最大クォータ

AWS Secrets Manager のエンティティのデフォルトの最大クォータを次に示します。

注記

アカウント内の複数のリージョンを操作することができ、各クォータは各リージョンに固有です。

エンティティ
AWS アカウントのシークレット 40,000
シークレットのバージョン ~100
シークレットのすべてのバージョンにアタッチされたラベル 20
ラベルに同時にアタッチされたバージョン 1
シークレットの長さ 65,536 バイト
リソースベースポリシーの長さ - JSON テキスト 20,480 文字

レートクォータ

これらのパラメータには、AWS Secrets Manager の次のレートクォータがあります。

リクエストタイプ 許可されているオペレーションの 1 秒あたりの数

DescribeSecret

GetSecretValue

5,000

PutResourcePolicy

GetResourcePolicy

DeleteResourcePolicy

ValidateResourcePolicy

CreateSecret

UpdateSecret

UpdateSecretVersionStage

PutSecretValue

DeleteSecret

RestoreSecret

RotateSecret

CancelRotateSecret

AssociateSecretLabels

DisassociateSecretLabels

GetRandomPassword

TagResource

UntagResource

ListSecrets

ListSecretVersionIds

50