結果のクロスリージョン概要を重要度別に表示する - AWS Security Hub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

結果のクロスリージョン概要を重要度別に表示する

[Summary] (サマリー) ページにある [Findings by Region] (リージョンごとの結果) を使用すると、複数のリージョンからのアクティブな結果の数が重要度別に集計されています。この集計数には、ワークフローステータスが NEW または NOTIFIED の結果のみが含まれます。

クロスリージョン集約を有効にする前は、[Findings by Region] (リージョンごとの結果) は、現在のリージョンの結果のみを集計します。クロスリージョン集約を設定するためのリンクが表示されます。

クロスリージョン集約を有効にすると、[Findings by Region] (リージョン別の結果) は、集約リージョンでのみ表示されます。リンクされたリージョンには表示されません。パネルには、リンクされているすべてのリージョンの結果が集計されます。

デフォルトでは、一致する結果を持つリンクされたリージョンのみがリストに表示されます。一致する結果がないリンクされたリージョンを含めた、すべてのリンクされたリージョンを表示するには、[All linked Regions] (すべてのリンクされているリージョン) を選択します。一致する結果があるリンクされたリージョンのみを表示するには、[Linked Regions with findings] (結果のあるリンクされたリージョン) を選択します。

リージョンの重要度値を選択すると、[Findings] (結果) リストが表示されます。リストは、選択したリージョンと重要度でフィルタリングされます。また、このリストは、ワークフローステータスが NEW または NOTIFIED のアクティブな結果を表示するようにフィルタリングされます。