sam local generate-event - AWS Serverless Application Model

sam local generate-event

Amazon S3、Amazon API Gateway、および Amazon SNS などのさまざまなイベントソースからサンプルペイロードを生成します。これらのペイロードには、イベントソースが Lambda 関数に送信する情報が含まれています。

使用方法:

sam local generate-event [OPTIONS] COMMAND [ARGS]...

の例

Generate the event that S3 sends to your Lambda function when a new object is uploaded sam local generate-event s3 [put/delete] # You can even customize the event by adding parameter flags. To find which flags apply to your command, run: sam local generate-event s3 [put/delete] --help # Then you can add in those flags that you wish to customize using sam local generate-event s3 [put/delete] --bucket <bucket> --key <key> # After you generate a sample event, you can use it to test your Lambda function locally sam local generate-event s3 [put/delete] --bucket <bucket> --key <key> | sam local invoke -e - <function logical id>

オプション:

オプション 説明
--config-file PATH 使用するデフォルトのパラメータ値が含まれる設定ファイルのパスとファイル名です。デフォルト値は、プロジェクトディレクトリのルートにある「samconfig.toml」です。設定ファイルの詳細については、「AWS SAM CLI の設定ファイル」を参照してください。
--config-env TEXT 使用する設定ファイル内のデフォルトパラメータ値を指定する環境名です。デフォルト値は「default」です。設定ファイルの詳細については、「AWS SAM CLI の設定ファイル」を参照してください。
--help このメッセージを表示して終了します。

コマンド:

  • alexa-skills-kit

  • alexa-smart-home

  • apigateway

  • batch

  • cloudformation

  • cloudfront

  • cloudwatch

  • codecommit

  • codepipeline

  • cognito

  • config

  • dynamodb

  • kinesis

  • lex

  • rekognition

  • s3

  • ses

  • sns

  • sqs

  • stepfunctions