sam local start-lambda - AWS Serverless Application Model

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

sam local start-lambda

このページでは、 AWS Serverless Application Model コマンドラインインターフェイス (AWS SAMCLI) sam local start-lambdaサブコマンドのリファレンス情報を提供します。

sam local start-lambda サブコマンドは、 AWS Lambdaをエミュレートするローカルエンドポイントを起動します。

使用方法

$ sam local start-lambda <options>

オプション

--add-host LIST

Docker コンテナのホストファイルにホスト名を IP アドレスマッピングに渡します。このパラメータは複数回渡すことができます。

例: --add-host example.com:127.0.0.1

--beta-features | --no-beta-features

ベータ機能を許可または拒否します。

--config-env TEXT

使用する設定ファイル内のデフォルトパラメータ値を指定する環境名です。デフォルト値は「default」です。設定ファイルの詳細については、「AWS SAM CLI 設定ファイル」を参照してください。

--config-file PATH

使用するデフォルトのパラメータ値が含まれる設定ファイルのパスとファイル名です。デフォルト値は、プロジェクトディレクトリのルートにある「samconfig.toml」です。設定ファイルの詳細については、「AWS SAM CLI 設定ファイル」を参照してください。

--container-env-vars

オプション。ローカルでデバッグする時に、環境変数をイメージコンテナに渡します。

--container-host TEXT

ローカルでエミュレートされた Lambda コンテナのホストです。デフォルト値は、localhostです。macOS 上の Docker コンテナで AWS SAM CLI を実行する場合は、host.docker.internal を指定できます。コンテナを とは異なるホストで実行する場合は AWS SAMCLI、リモートホストの IP アドレスを指定できます。

--container-host-interface TEXT

コンテナポートがバインドする必要があるホストネットワークインターフェイスの IP アドレスです。デフォルト値は、127.0.0.1です。0.0.0.0 を使用して、すべてのインターフェイスにバインドします。

--debug

デバッグロギングをオンにして、 AWS SAM CLI が生成するデバッグメッセージを出力表示し、タイムスタンプを表示します。

--debug-args TEXT

デバッガーに渡される追加の引数です。

--debug-function

オプション。--warm-containers が指定されているときにデバッグオプションを適用する Lambda 関数を指定します。このパラメータは、--debug-port--debugger-path、および --debug-args に適用されます。

--debug-port, -d TEXT

指定すると、Lambda 関数コンテナをデバッグモードで起動し、このポートをローカルホストに公開します。

--debugger-path TEXT

Lambda コンテナにマウントされるデバッガーへのホストパス。

--docker-network TEXT

デフォルトのブリッジネットワークと共に、Lambda Docker コンテナが接続される必要がある既存の Docker ネットワークの名前または ID です。これを指定すると、Lambda コンテナはデフォルトのブリッジ Docker ネットワークにのみ接続します。

--docker-volume-basedir, -v TEXT

AWS SAM ファイルが存在するベースディレクトリの場所。Docker がリモートマシンで実行されている場合は、Docker マシンに AWS SAM ファイルが存在するパスをマウントし、この値をリモートマシンに合わせて変更する必要があります。

--env-vars, -n PATH

Lambda 関数の環境変数の値が含まれる JSON ファイルです。

--force-image-build

レイヤーを使用して関数を呼び出すために使用されるイメージを CLI が再構築すべきかどうかを指定します。

--help

このメッセージを表示して終了します。

--hook-name TEXT

AWS SAM CLI 機能の拡張に使用されるフックの名前。

許容値: terraform

--host TEXT

バインド先のローカルホスト名または IP アドレス (デフォルト:「127.0.0.1」)。

--invoke-image TEXT

ローカル関数の呼び出しに使用するコンテナーイメージの URI。デフォルトでは、 は Amazon ECR Public からコンテナイメージ AWS SAM をプルします。このオプションは、別の場所からイメージをプルするために使用します。

例えば sam local start-lambda MyFunction --invoke-image amazon/aws-sam-cli-emulation-image-python3.8 です。

--layer-cache-basedir DIRECTORY

テンプレートで使用されるレイヤーがダウンロードされる場所である basedir を指定します。

--log-file, -l TEXT

ランタイムログを送信するログファイルです。

--parameter-overrides

オプション。キーと値のペアとしてエンコードされた AWS CloudFormation パラメータオーバーライドを含む文字列。と同じ形式を使用します AWS CLI。例えば、'ParameterKey=, ==KeyPairName,ParameterValueMyKey ParameterKey=InstanceTypeParameterValuet1.micro' です。このオプションは --hook-name と互換性がありません。

--port, -p INTEGER

リッスンするローカルポート番号 (デフォルト: 「3001」)。

--profile TEXT

認証情報を取得する AWS 認証情報ファイルの特定のプロファイル。

--region TEXT

デプロイ先の AWS リージョン。例えば、us-east-1 などです。

--save-params

コマンドラインで指定したパラメータを設定 AWS SAM ファイルに保存します。

--shutdown

シャットダウン動作の拡張機能処理をテストするために、呼び出し完了後にシャットダウンイベントをエミュレートします。

--skip-prepare-infra

インフラストラクチャに変更が加えられていない場合は、準備段階をスキップします。--hook-name オプションと合わせて使用します。

--skip-pull-image

Lambda ランタイムの最新 Docker イメージのプルダウンを CLI がスキップすべきかどうかを指定します。

--template, -t PATH

AWS SAM テンプレートファイル。

注記

このオプションを指定すると、 はテンプレートとそれが指すローカルリソースのみを AWS SAM ロードします。このオプションは --hook-name と互換性がありません。

--terraform-plan-file

Terraform Cloud で AWS SAMCLI を使用する場合のローカル Terraform プランファイルへの相対パスまたは絶対パス。このオプションは --hook-nameterraform に設定する必要があります。

--warm-containers [EAGER | LAZY]

オプション。 AWS SAM CLI が各関数のコンテナを管理する方法を指定します。

以下の 2 つのオプションを使用できます。

  • EAGER: 起動時にすべての関数のコンテナがロードされ、呼び出し間で保持されます。

  • LAZY: 各関数が初めて呼び出される場合に限り、コンテナがロードされます。これらのコンテナは、追加の呼び出し用に保持されます。