LambdaAuthorizationIdentity - AWS Serverless Application Model

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

LambdaAuthorizationIdentity

Use プロパティは、Lambda オーソライザーの受信リクエストで IdentitySource を指定するために使用できます。ID ソースの詳細については、「」を参照してください。ID ソース()API Gateway 開発者ガイド

Syntax

このエンティティを宣言するには、AWS Serverless Application Model AWS SAM テンプレートでは、次の構文を使用します。

YAML

Context: List Headers: List QueryStrings: List ReauthorizeEvery: Integer StageVariables: List

Properties

Context

指定されたコンテキスト文字列を、形式のマッピング表現のリストに変換します。$context.contextString

タイプ: リスト

必須: いいえ

AWS CloudFormation の互換性: このプロパティは AWS SAM に固有であり、に同等のものはありません。

Headers

ヘッダーをマッピング式のリストに変換します。$request.header.name

タイプ: リスト

必須: いいえ

AWS CloudFormation の互換性: このプロパティは AWS SAM に固有であり、に同等のものはありません。

QueryStrings

指定されたクエリ文字列を、形式のマッピング表現のリストに変換します$request.querystring.queryString

タイプ: リスト

必須: いいえ

AWS CloudFormation の互換性: このプロパティは AWS SAM に固有であり、に同等のものはありません。

ReauthorizeEvery

API Gateway が認証結果をキャッシュする時間を指定する有効期限 (TTL) (秒) です。0 より大きい値を指定した場合、API Gateway は認証レスポンスをキャッシュします。最大値は 3600、つまり 1 時間です。

タイプ: 整数

必須: いいえ

AWS CloudFormation の互換性: このプロパティは AWS SAM に固有であり、に同等のものはありません。

StageVariables

指定されたステージ変数を、形式のマッピング表現のリストに変換します。$stageVariables.stageVariable

タイプ: リスト

必須: いいえ

AWS CloudFormation の互換性: このプロパティは AWS SAM に固有であり、に同等のものはありません。

Examples

LambdaRequestIdentity

Lambda リクエストのアイデンティティの例

YAML

Identity: QueryStrings: - auth Headers: - Authorization StageVariables: - VARIABLE Context: - authcontext ReauthorizeEvery: 100