スターター CI/CD パイプラインの生成 - AWS Serverless Application Model

スターター CI/CD パイプラインの生成

自動化された方法でサーバーレスアプリケーションをデプロイする準備が整ったら、選択した CI/CD システム向けのデプロイパイプラインを生成することができます。AWS SAM は、sam pipine init コマンドを使用して数分でパイプラインを生成できる、一連のスターターパイプラインテンプレートを提供します。

スターターパイプラインテンプレートは CI/CD システムの使い慣れた JSON/YAML 構文を使用し、複数のアカウントとリージョンにまたがるアーティファクトの管理、およびアプリケーションのデプロイに必要な最小限の許可の使用などのベストプラクティスを組み込みます。AWS SAM CLI は現在、AWS CodePipelineJenkinsGitLab CI/CDGitHub Actions、および Bitbucket Pipelines 向けのスターター CI/CD パイプライン設定の生成をサポートしています。

以下は、スターターパイプライン設定を生成するために実行する必要があるおおまかなタスクです。

  1. インフラストラクチャリソースを作成する - パイプラインには、必要な許可を持つ IAM ユーザーとロール、Amazon S3 バケット、およびオプションの Amazon ECR リポジトリなどの特定の AWS リソースが必要です。

  2. Git リポジトリを CI/CD システムに接続する - CI/CD システムは、どの Git リポジトリがパイプラインの実行をトリガーするのかを知る必要があります。使用している Git リポジトリと CI/CD システムの組み合わせによっては、このステップが必要ない場合があります。

  3. パイプライン設定を生成する - このステップは、2 つのデプロイステージが含まれるスターターパイプライン設定を生成します。

  4. パイプライン設定を Git リポジトリにコミットする - このステップは、CI/CD システムがパイプライン設定を認識しており、変更のコミット時に実行されることを確実にするために必要です。

スターターパイプライン設定を生成して Git リポジトリにコミットしたら、そのリポジトリにコード変更がコミットされるたびにパイプラインがトリガーされ、自動的に実行されます。

これらのステップの順序と各ステップの詳細は、CI/CD システムに応じて異なります。