Linux への AWS SAM CLI のインストール - AWS Serverless Application Model

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Linux への AWS SAM CLI のインストール

AWS SAM コマンドラインインターフェイス(CLI)は、CentOS、Fedora、Ubuntu、Amazon Linux 2 の最近のディストリビューションの 64 ビット版でサポートされています。AWS SAM CLI をインストールするには、ダウンロードしたパッケージを抽出または解凍する必要があります。オペレーティングシステムに組み込み unzip コマンドがない場合は、同等のコマンドを使用します。

Linux ホストで AWS SAM CLI を使用するための前提条件をインストールして設定するには、以下の手順に従います。

  1. AWS アカウント作成方法

  2. AWS Identity and Access Management (IAM) アクセス許可と AWS 認証情報を設定します。

  3. Docker をインストールします。注意: Docker は、アプリケーションをローカルでテストするための前提条件です。--use-containerオプション。

  4. AWS SAM CLI のインストール.

ステップ 1: AWS アカウントの作成

AWS アカウントをまだ持っていない場合は、「」を参照してください。aws.amazon.comを選択し、AWS 無料アカウント作成方法。詳細な手順については、「」を参照してください。新しい AWS アカウントを作成してアクティベートする方法を教えてください。

ステップ 2: IAM のアクセス許可と AWS の認証情報の設定

AWS SAM で使用する IAM ユーザーには、必要な AWS サービス呼び出しを行い、AWS リソースを管理するための十分なアクセス許可が必要です。ユーザーに十分な権限を付与する最も簡単な方法は、ユーザーに管理者権限を付与することです。詳細については、「」を参照してください。最初の IAM 管理者のユーザーおよびグループの作成()IAM ユーザーガイド

注記

AWS Command Line Interface (AWS CLI) を使用するユーザーに管理者権限を付与しない場合は、制限されたアクセス権限セットをユーザーに付与できます。詳細については、「Permissions」を参照してください。

さらに、AWS SAM CLI で AWS のサービスコールを実行できるようにするには、AWS 認証情報を設定する必要があります。詳細については、「AWS 認証情報のセットアップ」を参照してください。

ステップ 3: Docker のインストール(オプション)

注記

Docker は、アプリケーションをローカルでテストし、デプロイパッケージを構築するための前提条件です。--use-containerオプション。これらの機能を最初に使用する予定がない場合は、このセクションをスキップするか、後で Docker をインストールできます。

Dockerは、Linuxマシン上でコンテナを実行するアプリケーションです。AWS SAM は、Docker コンテナとして使用する AWS Lambda と同様のローカル環境を提供します。このコンテナを使用して、サーバーレスアプリケーションを構築、テスト、およびデバッグできます。

AWS SAM CLI を使用してサーバーレスプロジェクトと機能をローカルで実行するには、Docker をインストールして作業する必要があります。AWS SAM CLI では、DOCKER_HOST環境変数を使用して Docker デーモンにアクセスします。次の手順では、AWS SAM CLI で動作するように Docker のインストールをインストール、設定、および検証する方法について説明します。

Docker は、CentOS、Debian、Ubuntu のような最新の Linux ディストリビューションを含む、さまざまなオペレーティングシステムで使用できます。特定のオペレーティングシステムに Docker をインストールする方法については、Docker を取得するDocker Docs ウェブサイトを参照してください。

Amazon Linux 2 を使用している場合は、次の手順に従って Docker をインストールします。

  1. インスタンスでインストールされているパッケージとパッケージキャッシュを更新します。

    sudo yum update -y
  2. 最新の Docker Community Edition パッケージをインストールします。

    sudo amazon-linux-extras install docker
  3. Docker サービスを開始します。

    sudo service docker start
  4. 追加ec2-userdockerグループを使用して Docker コマンドを実行できるように、sudo

    sudo usermod -a -G docker ec2-user
  5. 新しいものをピックアップdockerグループ権限は、ログアウトして再度ログインします。これを行うには、現在の SSH ターミナルウィンドウを閉じて、新しいウィンドウでインスタンスに再接続します。新しい SSH セッションには、適切なdockerグループのアクセス許可を指定します。

  6. ことを確認します。ec2-userを使用せずに Docker コマンドを実行できます。sudo

    docker ps

    Docker がインストールされ、実行されていることを確認する次の出力が表示されます。

     CONTAINER ID        IMAGE               COMMAND             CREATED             STATUS              PORTS               NAMES

Docker のインストールで問題が発生した場合は、Troubleshootingこのガイドの後半のセクション「」を参照してください。または、「」トラブルシューティングセクションに追加します。Linux 用のインストール後のステップDocker Docs ウェブサイトを参照してください。

ステップ 4: AWS SAM CLI のインストール

AWS SAM CLI をインストールするには、次の手順に従います。

  1. のダウンロードAWS SAM CLI任意のディレクトリに移動します。

  2. 次のコマンドを使用してハッシュ値を生成して、ダウンロードしたインストーラファイルの整合性と信頼性を検証する

    sha256sum aws-sam-cli-linux-x86_64.zip

    出力は次の例のようになります。

     <64-character SHA256 hash value> aws-sam-cli-linux-x86_64.zip

    64 文字の SHA256 ハッシュ値を、目的の AWS SAM CLI バージョンのハッシュ値と比較します。AWS SAM CLI のリリースノートGitHub で。

  3. インストールファイルをsam-installation/サブディレクトリ

    unzip aws-sam-cli-linux-x86_64.zip -d sam-installation
  4. AWS SAM CLI のインストール.

    sudo ./sam-installation/install
  5. インストールを検証します。

    sam --version

    インストールが成功すると、次のような出力が表示されます。

     SAM CLI, version 1.18.0

これで開発を開始する準備が整いました。

Upgrading

AWS SAM CLI をアップグレードするには、「」と同じ手順を実行します。AWS SAM CLI のインストールセクションに追加しますが、--updateオプションを install コマンドに追加します。

sudo ./sam-installation/install --update

Uninstalling

AWS SAM CLI をアンインストールするには、次のコマンドを実行してシンボリックリンクとインストールディレクトリを削除する必要があります。

  1. シンボリックリンクとインストールパスを見つけます。

    • シンボリックリンクはwhichコマンド:

      which sam

      出力には、AWS SAM バイナリが配置されているパスが表示されます。たとえば、次のようになります。

       /usr/local/bin/sam
    • シンボリックリンクが指すディレクトリを見つける。lsコマンド:

      ls -l /usr/local/bin/sam

      次の例では、インストールディレクトリは/usr/local/aws-sam-cli

       lrwxrwxrwx 1 ec2-user ec2-user 49 Oct 22 09:49 /usr/local/bin/sam -> /usr/local/aws-sam-cli/current/bin/sam
  2. シンボリックリンクを削除します。

    sudo rm /usr/local/bin/sam
  3. インストールディレクトリを削除します。

    sudo rm -rf /usr/local/aws-sam-cli

夜間build

AWS SAM CLI の夜間ビルドをインストールできます。インストールされると、Nightly ビルドを使用してsam-nightlyコマンド。AWS SAM CLI の本番ビルドバージョンと夜間ビルドバージョンの両方を同時にインストールして使用できます。

夜間ビルドには、AWS SAM CLI コードのプレリリースバージョンが含まれており、本稼働バージョンよりも安定性が低い場合があります。nightly ビルドにはビルドイメージのプレリリースバージョンが含まれていないため、--use-containerオプションは、ビルドイメージの最新の実動バージョンを使用します。

夜間のビルドは、このダウンロードリンクで利用できます:AWS SAM CLI の夜間ビルド。AWS SAM CLI の夜間ビルドバージョンをインストールするには、ステップ 4: AWS SAM CLI のインストールセクションで説明しますが、代わりに夜間ビルドのダウンロードリンクを使用してください。夜間のビルドインストーラーファイルのハッシュ値は、夜間ビルド用の AWS SAM CLI リリースノートGitHub で。

夜間ビルドバージョンがインストールされていることを確認するには、sam-nightly --versionコマンド。このコマンドの出力は、形式は次のとおりです。1.X.Y.dev<YYYYMMDDHHmm>例:

SAM CLI, version 1.20.0.dev202103151200

Troubleshooting

Docker エラー: Docker デーモンに接続できません。このホスト上で Docker デーモンは実行されていますか。」

場合によっては、ec2-userを使用してDockerデーモンにアクセスするには、インスタンスを再起動する必要があります。このエラーが表示された場合は、インスタンスを再起動してみてください。

シェルエラー:「コマンドが見つかりません」

このエラーが発生した場合、シェルは AWS SAM CLI 実行可能ファイルをパスで見つけることができません。AWS SAM CLI 実行可能ファイルをインストールしたディレクトリの場所を確認し、そのディレクトリがパス上にあることを確認します。

AWS SAM CLIエラー:「/lib64/libc.so.6: バージョン `GLIBC_2.14' が見つかりません (/usr/local/aws-sam-cli/dist/libz.so.1 で必須)」

このエラーが表示された場合は、サポートされていないバージョンの Linux を使用しているため、組み込みの glibc バージョンは古くなっています。次のいずれかを行ってください。

次のステップ

これで、AWS SAM を使用して、独自のサーバーレスアプリケーションの構築を開始する準備が整いました。サンプルサーバーレスアプリケーションから開始するには、次のいずれかのリンクを選択します。