Linux への AWS SAM CLI のインストール - AWS Serverless Application Model

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

Linux への AWS SAM CLI のインストール

Linux ホストで AWS SAM コマンドラインインターフェイス (CLI) を使用するための前提条件をインストールして設定するには、以下のステップに従います。

  1. AWS アカウントを作成します。

  2. (AWS Identity and Access Management) アクセス許可と IAM 認証情報を設定します。AWS

  3. Docker をインストールします。 注: Docker は、アプリケーションをローカルでテストするための前提条件です。

  4. インストール Homebrew.

  5. AWS SAM CLI のインストール

注記

これらの手順に従って、 環境のデフォルトの Python バージョンが Homebrew がインストールされます。この変更は、ステップ 4: をインストールする Homebrew で発生します。

ステップ 1: AWS アカウントを作成する

アカウントをまだお持ちでない場合は、「AWSaws.amazon.com」を参照し、[ アカウントの作成] を選択します。AWS詳細な手順については、「新しい AWS アカウントを作成してアクティブ化するにはどうすればよいですか?」を参照してください。

ステップ 2: IAM アクセス許可と AWS 認証情報を設定する

で使用する IAM ユーザーには、必要な AWS SAM サービス呼び出しを行い、AWS リソースを管理するのに十分なアクセス許可が必要です。AWSユーザーが十分なアクセス許可を持つようにする最も簡単な方法は、管理者権限を付与することです。詳細については、IAM の「最初の 管理者ユーザーおよびグループの作成IAM ユーザーガイド」を参照してください。

注記

(AWS Command Line Interface) を使用するユーザーに管理者権限を付与しない場合は、制限付きのアクセス権限のセットを付与できます。AWS CLI詳細については、「」を参照してください。Permissions.

また、AWS SAM CLI を有効にして AWS のサービスを呼び出すには、AWS 認証情報を設定する必要があります。詳細については、「」を参照してください。AWS認証情報の設定.

ステップ 3: Docker のインストール

注記

Docker は、アプリケーションをローカルでテストし、--use-container フラグを使用してデプロイパッケージを構築するための前提条件です。これらの機能を最初に使用する予定がない場合は、このセクションをスキップするか、後で Docker をインストールできます。

Docker は、Linux マシン上でコンテナを実行するアプリケーションです。AWS SAM は、Docker コンテナとして使用する AWS Lambda と同様のローカル環境を提供します。このコンテナを使用して、サーバーレスアプリケーションを構築、テスト、およびデバッグできます。

CLI を使用してサーバーレスプロジェクトと機能をローカルで実行するには、Docker をインストールして動作させる必要があります。AWS SAMAWS SAM CLI は、DOCKER_HOST 環境変数を使用して Docker デーモンにアクセスします。次の手順では、AWS SAM CLI で動作するように Docker のインストールをインストール、設定、および検証する方法について説明します。

Docker は、CentOS、Debian、Ubuntu など、ほとんどの最新の Linux ディストリビューションを含むさまざまなオペレーティングシステムで使用できます。特定のオペレーティングシステムへの Docker のインストールについては、Docker Docs ウェブサイトの Get Docker を参照してください。

を使用している場合は、次の手順に従って Docker をインストールします。Amazon Linux 2

  1. インスタンスでインストールされているパッケージとパッケージキャッシュを更新します。

    sudo yum update -y
  2. 最新の Docker Community Edition パッケージをインストールします。

    sudo amazon-linux-extras install docker
  3. Docker サービスを開始します。

    sudo service docker start
  4. ec2-user グループに追加し、docker を使用せずに Docker コマンドを実行できるようにします。sudo

    sudo usermod -a -G docker ec2-user
  5. ログアウトし、再びログインして、新しい docker グループアクセス権限を取得します。これを行うには、現在の SSH ターミナルウィンドウを閉じて、新しいウィンドウでインスタンスに再接続します。新しい SSH セッションには適切な docker グループ権限があります。

  6. ec2-user を使用せずに Docker コマンドを実行できることを確認します。sudo

    docker ps

    Docker がインストールされ、実行されたことを確認する次の出力が表示されます。

     
     CONTAINER ID        IMAGE               COMMAND             CREATED             STATUS              PORTS               NAMES
                    

Docker のインストールで問題が発生した場合は、このガイドの後半にある「Troubleshooting」セクションを参照してください。または、Docker Docs ウェブサイトの Linux のインストール後手順の「トラブルシューティング」セクションを参照してください。

ステップ 4: をインストールする Homebrew

注記

このステップにより、環境のデフォルトの Python バージョンが Homebrew がインストールされます。

Linux に AWS SAM CLI をインストールするには、 を使用することをお勧めします。Homebrew パッケージマネージャー。の詳細 Homebrew」を参照してください。Homebrew の「Linux の 」 Homebrew ドキュメントのウェブサイトです。

をインストールするには Homebrewを使用するには、まず Git をインストールする必要があります。Git は、ほとんどの最新の Linux ディストリビューションを含む、さまざまなオペレーティングシステムで使用できます。特定のオペレーティングシステムに Git をインストールする手順については、Git ウェブサイトの「Git のインストール」を参照してください。

Git を正常にインストールしたら、インストールします。Homebrew] で、次のコマンドを実行します。

/bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install.sh)"

次に、 を追加します。Homebrew 次のコマンドを実行して PATH に変換します。これらのコマンドは、Debian および Ubuntu に ~/.profile を追加するか、~/.bash_profile、Fedora、および CentOS に RedHat を追加することで、Linux の主要な種類すべてで動作します。

test -d ~/.linuxbrew && eval $(~/.linuxbrew/bin/brew shellenv) test -d /home/linuxbrew/.linuxbrew && eval $(/home/linuxbrew/.linuxbrew/bin/brew shellenv) test -r ~/.bash_profile && echo "eval \$($(brew --prefix)/bin/brew shellenv)" >>~/.bash_profile echo "eval \$($(brew --prefix)/bin/brew shellenv)" >>~/.profile

になっていることを確認します。Homebrew がインストールされている。

brew --version

のインストールが成功した場合 Homebrew] で、次のような出力が表示されます。

 
 Homebrew 2.1.6 
 Homebrew/homebrew-core (git revision ef21; last commit 2019-06-19)
        

ステップ 5: AWS SAM CLI のインストール

を使用して AWS SAM CLI をインストールするには Homebrew] で、以下のコマンドを実行します。

brew tap aws/tap brew install aws-sam-cli

インストールを検証します。

sam --version

CLI が正常にインストールされると、次のような出力が表示されます。AWS SAM

 
 SAM CLI, version 1.15.0

これで開発を開始する準備が整いました。

Upgrading

CLI をアップグレードしても、引き続き AWS SAM を使用できます。Homebrew。ただし、次のように installupgrade に置き換えます。

brew upgrade aws-sam-cli

Troubleshooting

Docker エラー: 「Docker デーモンに接続できません。このホスト上で Docker デーモンは実行されていますか。」

場合によっては、ec2-user が Docker デーモンにアクセスするためのアクセス権限を提供するために、インスタンスを再起動する必要があります。このエラーが表示された場合は、インスタンスを再起動してみてください。

シェルエラー:「コマンドが見つかりません」

このエラーが表示された場合、シェルはパスで AWS SAM CLI 実行可能ファイルを見つけることができません。CLI 実行可能ファイルをインストールしたディレクトリの場所を確認し、ディレクトリがパス上にあることを確認します。AWS SAM

たとえば、このトピックの手順を使用して、両方を Homebrew と の使用 Homebrew CLI をインストールするには、AWS SAM CLI 実行可能ファイルは次の場所にインストールされます。AWS SAM

  
 /home/linuxbrew/.linuxbrew/bin/sam
        

Homebrew メッセージのインストール: 「/home/linuxbrew/.linuxbrew にインストールするパスワードを入力してください」

[Step 4: Install Homebrew (ステップ 4: Homebrew のインストール)] では、デフォルトでパスワードの入力を求められます。ただし、たとえば CI/CD システムのような非インタラクティブ環境を設定する場合など、現在のユーザーのパスワードをセットアップしたくない場合があります。

現在のユーザーのパスワードを設定しない場合は、環境変数 CI=1 を設定して非インタラクティブモードで Homebrew をインストールできます。 例:

CI=1 /bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install.sh)"

CLI エラーのインストール: 「以下の数式は、ボットからインストールできず、source. pkg-config、gdbm、AWS SAMopenssl@1.1python@3.8

ステップ 5: AWS SAM CLI をインストールする間にこのエラーが表示される場合は、 モジュールがインストールされていないためです。gccgcc モジュールのインストールは、次に示すように Linux ディストリビューションによって異なります。

# for Amazon Linux, Amazon Linux 2, CentOS and RedHat: sudo yum install gcc # for Debian and Ubuntu: sudo apt-get update sudo apt-get install gcc

モジュールをインストールしたら、「gccステップ 5: AWS SAM CLI をインストールする」のコマンドを再度実行します。

次のステップ

これで、 を使用して独自のサーバーレスアプリケーションの構築を開始する準備が整いました。AWS SAM. サンプルサーバーレスアプリケーションから開始するには、次のいずれかのリンクを選択します。