AWS SAM CLI でのテレメトリ - AWS Serverless Application Model

AWS SAM CLI でのテレメトリ

AWS では、お客様とのやりとりから学んだ情報に基づいてサービスを開発し、提供を開始します。お客様からのフィードバックを使用して、製品のイテレーションを行います。テレメトリは、AWS がお客様のニーズをより深く理解し、問題を診断して、カスタマーエクスペリエンスを向上させる機能を提供する上で役立つ追加情報です。

AWS SAM CLI は、一般的な使用状況メトリクス、システムおよび環境の情報、エラーなどのテレメトリを収集します。収集されるテレメトリのタイプの詳細については、「収集される情報のタイプ」を参照してください。

AWS SAM CLI は、ユーザー名や E メールアドレスなどの個人情報は収集しません。また、プロジェクトレベルの機密情報も抽出しません。

お客様は、テレメトリを有効にするかどうかを制御し、いつでも設定を変更できます。テレメトリが有効化されたままの場合、AWS SAM CLI はテレメトリデータをバックグラウンドで送信します。この際、お客様とのやり取りは不要です。

セッションのテレメトリの無効化

macOS および Linux オペレーティングシステムでは、単一セッションのテレメトリを無効にできます。現在のセッションのテレメトリを無効にするには、以下のコマンドを実行して環境変数 SAM_CLI_TELEMETRYfalse に設定します。このコマンドは、新しいターミナルまたはセッションごとに繰り返す必要があります。

export SAM_CLI_TELEMETRY=0

すべてのセッションでのプロファイルのテレメトリの無効化

オペレーティングシステムで AWS SAM CLI を実行している場合は、以下のコマンドを実行して全セッションのテレメトリを無効にします。

Linux でテレメトリを無効にする

  1. 以下を実行します:

    echo "export SAM_CLI_TELEMETRY=0" >>~/.profile
  2. 以下を実行します:

    source ~/.profile

macOS でテレメトリを無効にする

  1. 以下を実行します:

    echo "export SAM_CLI_TELEMETRY=0" >>~/.profile
  2. 以下を実行します:

    source ~/.profile

Windows でテレメトリを無効にする

  1. 以下を実行します:

    setx SAM_CLI_TELEMETRY 0
  2. 以下を実行します:

    refreshenv

収集される情報のタイプ

  • 使用状況の情報 - 実行される汎用コマンドとサブコマンド。

  • エラーと診断情報 - 終了コード、内部例外名、Docker への接続時の失敗など、実行されるコマンドのステータスと継続時間。

  • システムと環境情報 - Python のバージョン、オペレーティングシステム (Windows、Linux、または macOS)、および AWS SAM CLI が実行される環境 (AWS CodeBuild、AWS IDE ツールキット、またはターミナルなど)。

詳細情報

収集されるテレメトリデータは、AWS データプライバシーポリシーに準拠します。詳細については、以下を参照してください。