Amazon Storage Gateway のアクション、リソースおよび条件キー - サービス認証リファレンス

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

Amazon Storage Gateway のアクション、リソースおよび条件キー

Amazon Storage Gateway (サービスプレフィックス: storagegateway) には、IAM アクセス許可ポリシーで使用できるように、以下のサービス固有のリソースやアクション、条件コンテキストキーが用意されています。

参照:

Amazon Storage Gateway で定義されるアクション

IAM ポリシーステートメントの Action 要素では、以下のアクションを指定できます。ポリシーを使用して、AWS でオペレーションを実行するアクセス許可を付与します。ポリシーでアクションを使用する場合は、通常、同じ名前の API オペレーションまたは CLI コマンドへのアクセスを許可または拒否します。ただし、場合によっては、1 つのアクションによって複数のオペレーションへのアクセスが制御されます。あるいは、いくつかのオペレーションはいくつかの異なるアクションを必要とします。

[リソースタイプ] 列は、各アクションがリソースレベルのアクセス許可をサポートしているかどうかを示します。この列に値がない場合は、ポリシーステートメントの Resource 要素ですべてのリソース (「*」) を指定する必要があります。列にリソースタイプが含まれる場合、そのアクションを含むステートメントでそのタイプの ARN を指定できます。必須リソースは、アスタリスク (*) でテーブルに示されています。このアクションを使用してステートメントでリソースレベルのアクセス許可 ARN を指定する場合、このタイプである必要があります。一部のアクションでは、複数のリソースタイプがサポートされています。リソースタイプがオプション (必須として示されていない) の場合、一方を使用することはできますが、他方を使用することはできません。

以下の表の列の詳細については、「アクションテーブル」を参照してください。

アクション 説明 アクセスレベル リソースタイプ (* 必須) 条件キー 依存アクション
ActivateGateway 以前ホストにデプロイしたゲートウェイをアクティブ化するアクセス許可を付与する 書き込み

aws:RequestTag/${TagKey}

aws:TagKeys

AddCache キャッシュされたボリュームゲートウェイのキャッシュとして 1 つまたは複数のゲートウェイローカルディスクを設定するアクセス許可を付与する 書き込み

gateway*

AddTagsToResource 指定されたリソースに 1 つ以上のタグを追加する権限を付与します タグ付け

gateway

share

tape

volume

aws:RequestTag/${TagKey}

aws:TagKeys

AddUploadBuffer 指定したゲートウェイのアップロードバッファとして 1 つまたは複数のゲートウェイローカルディスクを設定するアクセス許可を付与する 書き込み

gateway*

AddWorkingStorage ゲートウェイの作業ストレージとして 1 つまたは複数のゲートウェイローカルディスクを設定するアクセス許可を付与する 書き込み

gateway*

AssignTapePool 指定されたターゲットプールにテープを移動するアクセス許可を付与する 書き込み

tape*

tapepool*

AssociateFileSystem Amazon FSX ファイルシステムを Amazon FSX ファイルゲートウェイに関連付けるアクセス許可を付与します。 書き込み

gateway*

aws:RequestTag/${TagKey}

aws:TagKeys

AttachVolume ボリュームを iSCSI 接続に接続するアクセス許可を付与してから、ボリュームを指定されたゲートウェイにアタッチする 書き込み

gateway*

volume*

BypassGovernanceRetention プールのガバナンス保持ロックをバイパスできるようにするアクセス許可を付与する 書き込み

tapepool*

CancelArchival アーカイブプロセスが開始された後で、仮想テープシェルフ (VTS) への仮想テープのアーカイブをキャンセルするアクセス許可を付与する 書き込み

gateway*

tape*

CancelRetrieval 取得プロセスが開始された後で、仮想テープシェルフ (VTS) からゲートウェイへの仮想テープの取得をキャンセルするアクセス許可を付与する 書き込み

gateway*

tape*

CreateCachediSCSIVolume 指定されたキャッシュゲートウェイでキャッシュボリュームを作成するアクセス許可を付与します。このオペレーションは、ゲートウェイキャッシュ型ボリュームアーキテクチャでのみサポートされています 書き込み

gateway*

volume*

aws:RequestTag/${TagKey}

aws:TagKeys

CreateNFSFileShare 既存のファイルゲートウェイで NFS ファイル共有を作成するアクセス許可を付与する 書き込み

gateway*

aws:RequestTag/${TagKey}

aws:TagKeys

CreateSMBFileShare 既存のファイルゲートウェイで SMB ファイル共有を作成するアクセス許可を付与する 書き込み

gateway*

aws:RequestTag/${TagKey}

aws:TagKeys

CreateSnapshot ボリュームのスナップショットを開始するアクセス許可を付与する 書き込み

volume*

CreateSnapshotFromVolumeRecoveryPoint ボリュームリカバリポイントからゲートウェイのスナップショットを開始するアクセス許可を付与する 書き込み

volume*

CreateStorediSCSIVolume 指定されたゲートウェイでボリュームを作成するアクセス許可を付与する 書き込み

gateway*

aws:RequestTag/${TagKey}

aws:TagKeys

CreateTapePool テーププールを作成するアクセス許可を付与する 書き込み

aws:RequestTag/${TagKey}

aws:TagKeys

CreateTapeWithBarcode 独自のバーコードを使用して仮想テープを作成するアクセス許可を付与する 書き込み

gateway*

tapepool*

aws:RequestTag/${TagKey}

aws:TagKeys

CreateTapes 1 つまたは複数の仮想テープを作成するアクセス許可を付与します。仮想テープにデータを書き込み、テープをアーカイブします 書き込み

gateway*

tapepool*

aws:RequestTag/${TagKey}

aws:TagKeys

DeleteAutomaticTapeCreationPolicy ゲートウェイ VTL に設定されている自動テープ作成ポリシーを削除するアクセス許可を付与する 書き込み

gateway*

DeleteBandwidthRateLimit ゲートウェイの帯域幅レート制限を削除するアクセス許可を付与する 書き込み

gateway*

DeleteChapCredentials 指定された iSCSI ターゲットとイニシエータペアのチャレンジハンドシェイク認証プロトコル (CHAP) 認証情報を削除するアクセス許可を付与する 書き込み

target*

DeleteFileShare ファイルゲートウェイからファイル共有を削除するアクセス許可を付与する 書き込み

share*

DeleteGateway ゲートウェイを削除するアクセス許可を付与します 書き込み

gateway*

DeleteSnapshotSchedule ボリュームのスナップショットを削除するアクセス許可を付与する 書き込み

volume*

DeleteTape 指定された仮想テープを削除するアクセス許可を付与する 書き込み

gateway*

tape*

DeleteTapeArchive 指定した仮想テープを仮想テープシェルフ (VTS) から削除するアクセス許可を付与する 書き込み
DeleteTapePool 指定されたテーププールを削除するアクセス許可を付与する 書き込み

tapepool*

DeleteVolume CreateCachediSCSIVolume または CreateStorediSCSIVolume API を使用して以前に作成した指定済みゲートウェイボリュームを削除するアクセス許可を付与する 書き込み

volume*

DescribeAvailabilityMonitorTest ゲートウェイで実行された最新の高可用性モニタリングテストに関する情報を取得するアクセス許可を付与する Read

gateway*

DescribeBandwidthRateLimit ゲートウェイの帯域幅レート制限を取得するアクセス許可を付与する Read

gateway*

DescribeBandwidthRateLimitSchedule ゲートウェイの帯域幅レート制限スケジュールを取得するアクセス許可を付与する Read

gateway*

DescribeCache ゲートウェイのキャッシュに関する情報を取得するアクセス許可を付与します。このオペレーションは、ゲートウェイキャッシュ型ボリュームアーキテクチャでのみサポートされています Read

gateway*

DescribeCachediSCSIVolumes リクエストで指定されたゲートウェイボリュームの説明を取得するアクセス許可を付与します。このオペレーションは、ゲートウェイキャッシュ型ボリュームアーキテクチャでのみサポートされています Read

volume*

DescribeChapCredentials ターゲットとイニシエータのペアごとに 1 つずつ、指定した iSCSI ターゲットのチャレンジハンドシェイク認証プロトコル (CHAP) 認証情報の配列を取得するアクセス許可を付与する Read

target*

DescribeFileSystemAssociations 1 つまたは複数のファイルシステムの関連付けの説明を取得するためのアクセス許可を付与します。 Read

fs-association*

DescribeGatewayInformation 名前、ネットワークインターフェイス、設定したタイムゾーン、および状態 (ゲートウェイが実行中かどうか) など、ゲートウェイに関するメタデータを取得するアクセス許可を付与する Read

gateway*

DescribeMaintenanceStartTime 曜日と時刻を含むゲートウェイの週次メンテナンス開始時刻を確定するアクセス許可を付与する Read

gateway*

DescribeNFSFileShares ファイルゲートウェイから 1 つまたは複数のファイル共有の説明を取得するためのアクセス許可を付与する Read

share*

DescribeSMBFileShares ファイルゲートウェイから 1 つまたは複数のファイル共有の説明を取得するためのアクセス許可を付与する Read

share*

DescribeSMBSettings ファイルゲートウェイからサーバーメッセージブロック (SMB) のファイル共有設定の説明を取得するアクセス許可を付与する Read

gateway*

DescribeSnapshotSchedule 指定されたゲートウェイボリュームのスナップショットスケジュールを説明するアクセス許可を付与する Read

volume*

DescribeStorediSCSIVolumes リクエストで指定されたゲートウェイボリュームの説明を取得するアクセス許可を付与する Read

volume*

DescribeTapeArchives 仮想テープシェルフ (VTS) 内の指定された仮想テープの説明を取得するアクセス許可を付与する Read
DescribeTapeRecoveryPoints 指定したゲートウェイ VTL で使用可能な仮想テープリカバリポイントのリストを取得するアクセス許可を付与する Read

gateway*

DescribeTapes 仮想テープの指定された Amazon リソースネーム (ARN) の説明を取得するアクセス許可を付与する Read

gateway*

DescribeUploadBuffer ゲートウェイのアップロードバッファに関する情報を取得するアクセス許可を付与する Read

gateway*

DescribeVTLDevices 指定したゲートウェイの仮想テープライブラリ (VTL) デバイスの説明を取得するアクセス許可を付与する Read

gateway*

DescribeWorkingStorage ゲートウェイの作業ストレージに関する情報を取得するアクセス許可を付与する Read

gateway*

DetachVolume iSCSI 接続からボリュームを切断するアクセス許可を付与してから、指定されたゲートウェイからそのボリュームを切断する 書き込み

volume*

DisableGateway ゲートウェイが機能しなくなったときにゲートウェイを無効にするアクセス許可を付与する 書き込み

gateway*

DisassociateFileSystem Amazon FSX ファイルゲートウェイから Amazon FSX ファイルシステムの関連付けを解除するアクセス許可を付与します。 書き込み

fs-association*

JoinDomain Active Directory ドメインに参加できるようにするアクセス許可を付与する 書き込み

gateway*

ListAutomaticTapeCreationPolicies アカウントが所有する指定済みのゲートウェイ VTL またはすべてのゲートウェイ VTL に設定されている自動テープ作成ポリシーを一覧表示するアクセス許可を付与する リスト

gateway*

ListFileShares 特定のファイルゲートウェイのファイル共有の一覧、または呼び出し元のユーザーアカウントに属するファイル共有の一覧を取得するアクセス許可を付与する リスト

gateway*

ListFileSystemAssociations 指定されたゲートウェイのファイルシステムの関連付け一覧を取得するためのアクセス許可を付与します。 リスト

gateway*

ListGateways リクエストで指定されたリージョンの AWS アカウントが所有するゲートウェイを一覧表示するアクセス許可を付与します。返されるリストは、ゲートウェイ Amazon リソースネーム (ARN) によって順序付けられます リスト
ListLocalDisks ゲートウェイのローカルディスクのリストを取得するアクセス許可を付与する リスト

gateway*

ListTagsForResource 指定されたリソースに追加されたタグを取得するアクセス許可を付与する リスト

gateway

share

tape

volume

ListTapePools AWS アカウントが所有するテーププールを一覧表示するアクセス許可を付与する リスト

tapepool*

ListTapes 仮想テープライブラリ (VTL) と仮想テープシェルフ (VTS) の仮想テープを一覧表示するアクセス許可を付与する リスト

tape*

ListVolumeInitiators ボリュームに接続されている iSCSI イニシエータを一覧表示するアクセス許可を付与する リスト

volume*

ListVolumeRecoveryPoints 指定したゲートウェイのリカバリポイントを一覧表示するアクセス許可を付与する リスト

gateway*

ListVolumes ゲートウェイの iSCSI 保存ボリュームを一覧表示するアクセス許可を付与する リスト

gateway*

NotifyWhenUploaded NFS ファイル共有に書き込まれたすべてのファイルが Amazon S3 にアップロードされたときに CloudWatch イベントを通じて通知を送信するアクセス許可を付与する 書き込み

share*

RefreshCache 指定したファイル共有のキャッシュを更新するアクセス許可を付与する 書き込み

share*

RemoveTagsFromResource 指定されたリソースから 1 つ以上のタグを削除する権限を付与します タグ付け

gateway

share

tape

volume

aws:TagKeys

ResetCache エラーが発生したすべてのキャッシュディスクをリセットするアクセス許可を付与し、ディスクをキャッシュストレージとして再設定できるようにする 書き込み

gateway*

RetrieveTapeArchive アーカイブされた仮想テープを仮想テープシェルフ (VTS) からゲートウェイ VTL に取得するアクセス許可を付与する 書き込み

gateway*

tape*

RetrieveTapeRecoveryPoint 指定した仮想テープのリカバリポイントを取得するアクセス許可を付与する 書き込み

gateway*

tape*

SetLocalConsolePassword VM ローカルコンソールのパスワードを設定するアクセス許可を付与する 書き込み

gateway*

SetSMBGuestPassword SMB ゲストユーザーのパスワードを設定するアクセス許可を付与する 書き込み

gateway*

ShutdownGateway ゲートウェイをシャットダウンするアクセス許可を付与する 書き込み

gateway*

StartAvailabilityMonitorTest 指定されたゲートウェイがホスト環境で高可用性モニタリング用に構成されていることを確認するテストを開始するアクセス許可を付与する 書き込み

gateway*

StartGateway 以前にシャットダウンしたゲートウェイを起動するアクセス許可を付与する 書き込み

gateway*

UpdateAutomaticTapeCreationPolicy ゲートウェイ VTL に設定されている自動テープ作成ポリシーを更新するアクセス許可を付与する 書き込み

gateway*

tapepool*

UpdateBandwidthRateLimit ゲートウェイの帯域幅レート制限を更新するアクセス許可を付与する 書き込み

gateway*

UpdateBandwidthRateLimitSchedule ゲートウェイの帯域幅レート制限スケジュールを更新するアクセス許可を付与する 書き込み

gateway*

UpdateChapCredentials 指定された iSCSI ターゲットのチャレンジハンドシェイク認証プロトコル (CHAP) 認証情報を更新するアクセス許可を付与する 書き込み

target*

UpdateFileSystemAssociation ファイルシステムの関連付けを更新するアクセス許可を付与します。 書き込み

fs-association*

UpdateGatewayInformation ゲートウェイの名前とタイムゾーンを含む、ゲートウェイのメタデータを更新するアクセス許可を付与する 書き込み

gateway*

UpdateGatewaySoftwareNow ゲートウェイ仮想マシン (VM) ソフトウェアを更新するアクセス許可を付与する 書き込み

gateway*

UpdateMaintenanceStartTime 曜日と時刻を含むゲートウェイの週次メンテナンス開始時刻情報を更新するアクセス許可を付与します。メンテナンス時間は、ゲートウェイのタイムゾーンの時間です 書き込み

gateway*

UpdateNFSFileShare NFS ファイル共有を更新するアクセス許可を付与する 書き込み

share*

UpdateSMBFileShare SMB ファイル共有を更新するアクセス許可を付与する 書き込み

share*

UpdateSMBFileShareVisibility ゲートウェイ上の共有がネットビューまたは参照リストに表示されるかどうかを更新するアクセス許可を付与する 書き込み

gateway*

UpdateSMBSecurityStrategy ファイルゲートウェイで SMB セキュリティ戦略を更新するアクセス許可を付与する 書き込み

gateway*

UpdateSnapshotSchedule ゲートウェイボリューム用に構成されたスナップショットスケジュールを更新するアクセス許可を付与する 書き込み

volume*

UpdateVTLDeviceType ゲートウェイ VTL でメディアチェンジャーのタイプを更新するアクセス許可を付与する 書き込み

device*

Amazon Storage Gateway で定義されるリソースタイプ

以下のリソースタイプは、このサービスによって定義され、IAM アクセス許可ポリシーステートメントの Resource 要素で使用できます。アクションテーブルの各アクションは、そのアクションで指定できるリソースタイプを示しています。リソースタイプは、ポリシーに含めることができる条件キーを定義することもできます。これらのキーは、テーブルの最後の列に表示されます。以下の表の列の詳細については、「リソースタイプテーブル」を参照してください。

リソースタイプ ARN 条件キー
device arn:${Partition}:storagegateway:${Region}:${Account}:gateway/${GatewayId}/device/${Vtldevice}
fs-association arn:${Partition}:storagegateway:${Region}:${Account}:fs-association/${FsaId}

aws:ResourceTag/${TagKey}

gateway arn:${Partition}:storagegateway:${Region}:${Account}:gateway/${GatewayId}

aws:ResourceTag/${TagKey}

share arn:${Partition}:storagegateway:${Region}:${Account}:share/${ShareId}

aws:ResourceTag/${TagKey}

tape arn:${Partition}:storagegateway:${Region}:${Account}:tape/${TapeBarcode}

aws:ResourceTag/${TagKey}

tapepool arn:${Partition}:storagegateway:${Region}:${Account}:tapepool/${PoolId}

aws:ResourceTag/${TagKey}

target arn:${Partition}:storagegateway:${Region}:${Account}:gateway/${GatewayId}/target/${IscsiTarget}
volume arn:${Partition}:storagegateway:${Region}:${Account}:gateway/${GatewayId}/volume/${VolumeId}

aws:ResourceTag/${TagKey}

Amazon Storage Gateway の条件キー

Amazon Storage Gateway では、IAM ポリシーの Condition 要素で使用できる以下の条件キーを定義します。これらのキーを使用して、ポリシーステートメントが適用される条件をさらに絞り込むことができます。以下の表の列の詳細については、「条件キーテーブル」を参照してください。

すべてのサービスで使用できるグローバル条件キーを確認するには、使用できるグローバル条件キーを参照してください。

条件キー 説明 タイプ
aws:RequestTag/${TagKey} 各タグで許可されている値のセットに基づいてアクセスをフィルタリングする 文字列
aws:ResourceTag/${TagKey} リソースに関連付けられたタグ値に基づいて、アクセスをフィルタリングする 文字列
aws:TagKeys リクエスト内の必須タグのプレゼンスに基づいてアクセスをフィルタリングする 文字列