AWS IoT のFleetWiseのアクション、リソース、および条件キー - サービス認証リファレンス

AWS IoT のFleetWiseのアクション、リソース、および条件キー

AWS IoT FleetWise (サービスプレフィックス: iotfleetwise) では、IAM アクセス許可ポリシーで使用できるように、以下のサービス固有のリソース,アクションおよび条件コンテキストキーが用意されています。

リファレンス:

AWSIoT FleetWiseで定義されるアクション

IAM ポリシーステートメントの Action エレメントでは、以下のアクションを指定できます。ポリシーを使用して、AWS でオペレーションを実行するアクセス許可を付与します。ポリシーでアクションを使用する場合は、通常、同じ名前の API オペレーションまたは CLI コマンドへのアクセスを許可または拒否します。ただし、場合によっては、1 つのアクションによって複数のオペレーションへのアクセスが制御されます。あるいは、いくつかのオペレーションはいくつかの異なるアクションを必要とします。

[リソースタイプ] 列は、各アクションがリソースレベルのアクセス許可をサポートしているかどうかを示します。この列に値がない場合は、ポリシーステートメントの Resource エレメントですべてのリソース (「*」) を指定する必要があります。列にリソースタイプが含まれる場合、そのアクションを含むステートメントでそのタイプの ARN を指定できます。必須リソースは、アスタリスク (*) でテーブルに示されています。このアクションを使用してステートメントでリソースレベルのアクセス許可 ARN を指定する場合、このタイプである必要があります。一部のアクションでは、複数のリソースタイプがサポートされています。リソースタイプがオプション (必須として示されていない) の場合、一方を使用することはできますが、他方を使用することはできません。

以下の表の列の詳細については、「アクションテーブル」を参照してください。

アクション 説明 アクセスレベル リソースタイプ (* 必須) 条件キー 依存アクション
AssociateVehicle 指定された車両をフリートに関連付けるアクセス許可を付与します。 Write

fleet*

vehicle*

CreateCampaign キャンペーンを作成する許可を付与 Write

fleet*

signalcatalog*

vehicle*

CreateDecoderManifest 既存のモデルのデコーダーマニフェストを作成するアクセス許可を付与します。 Write

modelmanifest*

CreateFleet フリートを作成する許可を付与します。 Write

signalcatalog*

CreateModelManifest モデルマニフェストの定義を作成する許可を付与します。 Write

signalcatalog*

CreateSignalCatalog シグナルカタログを作成する許可を付与します。 Write
CreateVehicle 車両を作成する権限を付与します。 Write

decodermanifest*

iot:CreateThing

iot:DescribeThing

modelmanifest*

DeleteCampaign キャンペーンを削除する許可を付与 Write

campaign*

DeleteDecoderManifest 指定されたデコーダマニフェストを削除するアクセス許可を付与します。 Write

decodermanifest*

DeleteFleet フリートを削除する権限を付与します。 Write

fleet*

DeleteModelManifest 指定されたモデルマニフェストを削除するアクセス許可を付与します。 Write

modelmanifest*

DeleteSignalCatalog 特定の信号カタログを削除するアクセス許可を付与します。 Write

signalcatalog*

DeleteVehicle 車両を削除するアクセス許可を付与します。 Write

vehicle*

DisassociateVehicle 既存のフリートから車両の関連付けを解除するアクセス許可を付与します。 Write

fleet*

vehicle*

GetCampaign 特定のキャンペーンの概要情報を取得するアクセス許可を付与します。 Read

campaign*

GetDecoderManifest 特定のデコーダマニフェスト定義の概要情報を取得するアクセス許可を付与します。 Read

decodermanifest*

GetFleet フリートの概要情報を取得する許可を付与します。 Read

fleet*

GetModelManifest 特定のモデルマニフェスト定義の概要情報を取得するアクセス許可を付与します。 Read

modelmanifest*

GetRegisterAccountStatus IoT FleetWise でアカウント登録ステータスを取得するためのアクセス許可を付与します。 Read
GetSignalCatalog 特定のシグナルカタログの概要情報を取得するアクセス許可を付与します。 Read

signalcatalog*

GetVehicle 車両の概要情報を取得する許可を付与します。 Read

vehicle*

GetVehicleStatus 特定の車両で実行されているキャンペーンのステータスを取得する許可を付与します。 Read

vehicle*

ImportDecoderManifest 既存のデコーダーマニフェストをインポートするためのアクセス許可を付与します。 Write
ImportSignalCatalog 既存の定義をインポートして、シグナルカタログを作成するアクセス許可を付与します。 Write
ListCampaigns キャンペーンを一覧表示する許可を付与 Read
ListDecoderManifestNetworkInterfaces 既存のデコーダーマニフェストに関連付けられたネットワークインターフェイスを一覧表示する権限を付与します。 リスト

decodermanifest*

ListDecoderManifestSignals デコーダマニフェストシグナルを一覧表示するアクセス許可を付与します。 リスト

decodermanifest*

ListDecoderManifests モデルマニフェストのオプションのフィルタを使用して、すべてのデコーダーマニフェストを一覧表示する権限を付与します。 Read
ListFleets すべてのフリートを一覧表示する権限を付与します。 Read
ListFleetsForVehicle 指定された車両が関連付けられているすべてのフリートを一覧表示する許可を付与します。 Read

vehicle*

ListModelManifestNodes 指定されたモデルマニフェストのすべてのノードを一覧表示するアクセス許可を付与します。 リスト

modelmanifest*

ListModelManifests シグナルカタログにオプションのフィルタを使用して、すべてのモデルマニフェストを一覧表示する権限を付与します。 Read
ListSignalCatalogNodes 指定されたシグナルカタログのすべてのノードを一覧表示するアクセス許可を付与します。 Read

signalcatalog*

ListSignalCatalogs すべてのシグナルカタログを一覧表示するアクセス許可を付与します。 Read
ListVehicles モデルマニフェストのオプションのフィルタを使用して、すべての車両をリストする権限を付与します。 Read
ListVehiclesInFleet 指定されたフリート内の車両を一覧表示する許可を付与します。 Read

fleet*

RegisterAccount AWS アカウントIoT FleetWiseに登録するアクセス許可を付与します。 Write

iam:PassRole

UpdateCampaign 指定されたキャンペーンを更新する許可を付与します。 Write

campaign*

UpdateDecoderManifest デコーダマニフェスト定義を更新するアクセス許可を付与します。 Write

decodermanifest*

UpdateFleet フリートを更新する許可を付与します。 Write

fleet*

UpdateModelManifest 指定されたモデルマニフェスト定義を更新するアクセス許可を付与します。 Write

modelmanifest*

UpdateSignalCatalog 特定のシグナルカタログ定義を更新するアクセス許可を付与します。 Write

signalcatalog*

UpdateVehicle 車両を更新する許可を付与します。 Write

vehicle*

decodermanifest

modelmanifest

iotfleetwise:UpdateToModelManifestArn

iotfleetwise:UpdateToDecoderManifestArn

AWS IoT FleetWiseで定義されるリソースタイプ

以下のリソースタイプは、このサービスによって定義され、IAM アクセス許可ポリシーステートメントの Resource エレメントで使用できます。アクションテーブルの各アクションは、そのアクションで指定できるリソースタイプを示しています。リソースタイプは、ポリシーに含めることができる条件キーを定義することもできます。これらのキーは、テーブルの最後の列に表示されます。以下の表の列の詳細については、「リソースタイプテーブル」を参照してください。

リソースタイプ ARN 条件キー
campaign arn:${Partition}:iotfleetwise:${Region}:${Account}:campaign/${CampaignName}
decodermanifest arn:${Partition}:iotfleetwise:${Region}:${Account}:decoder-manifest/${Name}
fleet arn:${Partition}:iotfleetwise:${Region}:${Account}:fleet/${FleetId}
modelmanifest arn:${Partition}:iotfleetwise:${Region}:${Account}:model-manifest/${Name}
signalcatalog arn:${Partition}:iotfleetwise:${Region}:${Account}:signal-catalog/${Name}
vehicle arn:${Partition}:iotfleetwise:${Region}:${Account}:vehicle/${VehicleId}

AWSIoT FleetWiseの条件キー

AWS IoT FleetWise では、ConditionIAM ポリシーの 要素で使用できる以下の条件キーを定義します。これらのキーを使用して、ポリシーステートメントが適用される条件をさらに絞り込むことができます。以下の表の列の詳細については、「条件キーテーブル」を参照してください。

すべてのサービスで使用できるグローバル条件キーを確認するには、使用できるグローバル条件キーを参照してください。

条件キー 説明 タイプ
iotfleetwise:UpdateToDecoderManifestArn IoT FleetWise デコーダマニフェスト ARN のリストによってアクセスをフィルタリングします。 文字列
iotfleetwise:UpdateToModelManifestArn IoT FleetWise モデルマニフェスト ARN のリストによってアクセスをフィルタリングします。 文字列