Database Query Metadata Service のアクション、リソース、および条件キー - サービス認証リファレンス

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

Database Query Metadata Service のアクション、リソース、および条件キー

Database Query Metadata Service(サービスプレフィックス: dbqms)では、IAM アクセス許可ポリシーで使用できるように、以下のサービス固有のリソースやアクション、条件コンテキストキーが用意されています。

参照:

Database Query Metadata Service で定義されるアクション

IAM ポリシーステートメントの Action 要素では、以下のアクションを指定できます。ポリシーを使用して、AWS でオペレーションを実行するアクセス許可を付与します。ポリシーでアクションを使用する場合は、通常、同じ名前の API オペレーションまたは CLI コマンドへのアクセスを許可または拒否します。ただし、場合によっては、1 つのアクションによって複数のオペレーションへのアクセスが制御されます。あるいは、いくつかのオペレーションはいくつかの異なるアクションを必要とします。

[リソースタイプ] 列は、各アクションがリソースレベルのアクセス許可をサポートしているかどうかを示します。この列に値がない場合は、ポリシーステートメントの Resource 要素ですべてのリソース (「*」) を指定する必要があります。列にリソースタイプが含まれる場合、そのアクションを含むステートメントでそのタイプの ARN を指定できます。必須リソースは、アスタリスク (*) でテーブルに示されています。このアクションを使用してステートメントでリソースレベルのアクセス許可 ARN を指定する場合、このタイプである必要があります。一部のアクションでは、複数のリソースタイプがサポートされています。リソースタイプがオプション (必須として示されていない) の場合、一方を使用することはできますが、他方を使用することはできません。

以下の表の列の詳細については、「アクションテーブル」を参照してください。

アクション 説明 アクセスレベル リソースタイプ (* 必須) 条件キー 依存アクション
CreateFavoriteQuery 新しいお気に入りクエリを作成するアクセス許可を付与します。 書き込み
CreateQueryHistory クエリを履歴に追加するアクセス許可を付与します。 書き込み
CreateTab 新しいクエリタブを作成するアクセス許可を付与します。 書き込み
DeleteFavoriteQueries 保存されたクエリを削除するアクセス許可を付与します。 書き込み
DeleteQueryHistory 履歴クエリを削除するアクセス許可を付与します。 書き込み
DeleteTab クエリタブを削除するアクセス許可を付与します。 書き込み
DescribeFavoriteQueries 保存されたクエリおよび関連するメタデータを一覧表示するアクセス許可を付与します。 リスト
DescribeQueryHistory 実行されたクエリの履歴を一覧表示するアクセス許可を付与します。 リスト
DescribeTabs クエリタブおよび関連するメタデータを一覧表示するアクセス許可を付与します。 リスト
GetQueryString お気に入りまたは履歴クエリ文字列を ID で検索するアクセス許可を付与します。 Read
UpdateFavoriteQuery 保存されたクエリと説明を更新するアクセス許可を付与します。 書き込み
UpdateQueryHistory クエリ履歴を更新するアクセス許可を付与します。 書き込み
UpdateTab クエリタブを更新するアクセス許可を付与します。 書き込み

Database Query Metadata Service で定義されるリソースタイプ

Database Query Metadata Service では、IAM ポリシーステートメントの Resource 要素でのリソース ARN の指定はサポートされていません。Database Query Metadata Service へのアクセスを許可するには、ポリシーで “Resource”: “*” を指定します。

Database Query Metadata Service の条件キー

DBQMS には、ポリシーステートメントの Condition 要素で使用できるサービス固有のコンテキストキーはありません。すべてのサービスで使用できるグローバルなコンテキストキーのリストについては、条件に利用可能なキーを参照してください。

注記

${ConceptsDocRoot}