AWS Security Hub の設定 - AWS Service Catalog

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS Security Hub の設定

AWS Security Hubユーザーがセキュリティ結果を表示できるようにするAWSAmazon Guard Duty、Amazon Inspector、などのサービスAWSパートナーソリューション。

を設定するにはAWS Security Hub統合機能

  1. AWS Security Hub を有効にします。詳細については、次を参照してください。セットアップAWS Security Hubコンソールを使用する場合

  2. SQS キューを設定して、更新された結果を受信します。キューの名前を指定します。awssmcjsmSecurityHubQueueの JSM コネクタ設定でデフォルトの名前に合わせるにはAWS Security Hub統合. 詳細については、「Amazon SQS の開始方法」を参照してください。

  3. Amazonをセットアップする EventBridge 検出結果に対する変更を検出し、キューにプッシュするルール。詳細については、次を参照してください。Amazon EventBridge の開始方法

    - CloudWatch ルールには、次のイベントパターンがあり、ステップ 2 で作成された SQS キューを参照する必要があります。

"EventPattern":{ "source":[ "aws.securityhub" }
注記

-Connector for Jira サービスマネジメント v1.9.0-AWS商用そしてConnector for Jira サービスマネジメント v1.9.0-AWS GovCloud 西地域テンプレートを使用して、AWS Configカスタムリソースと AWS Security Hub 統合機能。