ステップ 5: テンプレート制約を追加してインスタンスサイズを制限する - AWS Service Catalog

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ステップ 5: テンプレート制約を追加してインスタンスサイズを制限する

制約により、ポートフォリオレベルでの製品の制御が強化されます。制約では、製品の起動コンテキストを制御 (起動制約) したり、AWS CloudFormation テンプレートにルールを追加 (テンプレート制約) したりできます。詳細については、「AWS Service Catalog 制約の使用」を参照してください。

これで、起動時にラージインスタンスタイプをユーザーが選択できないようにするテンプレート制約を Linux Desktop 製品に追加できます。development-environment テンプレートにより、ユーザーは 6 つのインスタンスタイプから選択できます。この制約では、有効なインスタンスタイプを 2 つの最小タイプ (t2.micro および t2.small) に制限します。詳細については、「Linux インスタンス用の Amazon EC2 ユーザーガイド」の「T2 インスタンス」を参照してください。

テンプレート制約を Linux Desktop 製品を追加するには
  1. ポートフォリオの詳細ページで、[制約] を選択し、[制約の作成] を選択します。

  2. 制約の作成」ページの「製品」で、「Linux Desktop」を選択します。次に、[制約タイプ]で、[テンプレート] を選択します。

  3. テンプレート制約」セクションで、「テキストエディタ」を選択します。

  4. テキストエディタに、以下の内容を貼り付けます。

    { "Rules": { "Rule1": { "Assertions": [ { "Assert" : {"Fn::Contains": [["t2.micro", "t2.small"], {"Ref": "InstanceType"}]}, "AssertDescription": "Instance type should be t2.micro or t2.small" } ] } } }
  5. [制約の説明] に、Small instance sizes と入力します。

  6. [作成] を選択します。